クルマをぶつけて修理に持ち込むならどこが正解? 4つの修理場所のメリット・デメリットを紹介

コラム WEB CARTOP

それぞれにメリット・デメリットがある!

 あんまり考えたくはないのだが、クルマをぶつけたり傷つけたりした場合、どこに修理を依頼すればいいのか。選択肢は、およそ4パターンある。 1.ディーラー 2.大手カー用品店 3.鈑金修理専門工場 4.クイック鈑金 それぞれ一長一短あるので、その特徴をみてみよう。

1)ディーラー

 まずはディーラー。もっとも身近で頼みやすいところ。仕上がりも満足できるだろうし、代車も用意してもらえる。保険の交渉なども手慣れている。その代わり、費用は基本的に高め。ディーラーの場合、店舗内に鈑金塗装設備があるわけではないので、下請けの専門業者に依頼するのが普通。当然、仲介手数料が加算されるので費用は割高に。 またきちんと整備保証がつく分、独自の修理基準があり、それをクリアするため、工程やパーツ数が増える場合もある。見積もりも有料である場合が多い(修理を依頼した場合は、見積もりはサービス)。自動車保険(車両保険)を使って修理するような場合はおすすめできる。

2)大手カー用品店

 大手カー用品店も最近は修理に力を入れているところが多い。ディーラーよりは費用は安価で、見積もりも無料というケースが大半。予算に合わせて、2~3段階ぐらいの修理メニューを提案してもらえることもある。もっとも全国チェーンではあっても、費用や技術力にはばらつきがある。代車も期待できないが、修理に要する時間は比較的短い。ベテランスタッフが少ないというのも不安要素。

3)鈑金塗装専門工場

 事故でも起こさない限り縁のないところなので、入りにくいかもしれないが、最近はホームページなどで店舗の紹介をしている鈑金屋さんも多いので、思っているほど敷居は高くはない。ディーラーなども、こうした鈑金塗装専門工場に修理を依頼しているので、技術力は高く、ベテラン職人が多いのも特徴。リサイクル部品や社外部品を使った修理の相談もしやすい。 専門業者だけにハードなクラッシュや、古いクルマの修理も任せられる。地域密着型で、費用も比較的安いが、店舗ごとに個性があり、仕上がりにも差がある。いい業者を見つけられれば、ベストな選択といえるが、そのリサーチに手間がかかるのが難点。伝手があったり、信頼できる情報があれば助かる。

4)クイック鈑金

 どこの街でも見かけるようになったクイック鈑金。バンパーの擦りキズやドアのへこみ、わりと軽度な線キズ、擦り傷を安価に、短時間に修理するのが特徴。ディーラーや大手カー用品店、ガソリンスタンドなどが窓口になっている場合も多い。 クイック鈑金は、簡易鈑金ともいわれる通り、本格的な鈑金修理より工程数を省いているので、安くて早いのが売り。その代わり仕上がりのレベルはそこそこ……。損傷箇所が大きい場合は、クイック鈑金では済まなくなるが、費用優先ならば選択肢に入ってくる。 その他、中古車販売店や街の整備工場でも『鈑金塗装』の看板を掲げているところを見かけるが、その多くはディーラーと同じく、専門業者に斡旋するだけ。 また、自動車保険を使う場合、保険会社が修理工場を紹介してくれる場合もあるが、保険会社が紹介する工場は、保険会社の味方(?)なので、仕上げよりもコストを優先する可能性があるのであまりおすすめできない。 クルマをぶつけたときは、精神的にもショックも受けるし、予定も狂って大変だろうが、修理に関してはできれば数社から相見積りをとって、修理内容を説明してもらって、納得できたところに依頼するようにしよう。

  • クルマをぶつけたり傷つけたりした場合、どこに持っていけば良いのか
  • クルマをぶつけたり傷つけたりした場合、どこに持っていけば良いのか
  • クルマをぶつけたり傷つけたりした場合、どこに持っていけば良いのか
  • クルマをぶつけたり傷つけたりした場合、どこに持っていけば良いのか
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ