買い替えはいましかない! 2020年度末新車セールが「圧倒的な好条件」になる理由

コラム WEB CARTOP

マイカーの需要が高まり在庫不足になるほどクルマが売れた

 2020年春の緊急事態宣言発出による大きな販売台数の落ち込みから、想定外に短期間で回復を見せた日本の新車販売市場。2020年秋以降はさらに拍車がかかり、多くのディーラーでは目標販売台数が上方修正されたが、年末にかけてはそれを軽くクリアするほどに非常によく新車が売れた。 このような早期に販売状況が回復傾向に入ったことにはさまざまな要因が取り上げられているが、新車以上に中古車がよく売れていることが、新車販売を押し上げているのは間違いない。 新型コロナ感染拡大が起こると、感染予防という点で鉄道やバスなどの公共交通機関の利用を避けるために、“マイカー”というものが見直されることになった。新型コロナ感染拡大前には、都市部を中心にクルマについても“シェアリングするのがスマートでお洒落”というような考えが広まり、カーシェアリングの普及とともにマイカーを持たないという、“マイカー離れ”が加速していた。しかし、新型コロナウイルス感染拡大以降は、誰とシェアリングしているのかもわからないなかでは不安が大きいと考える人などが、自家用車の保有復活へと流れていった。 しかし、緊急事態宣言が発出されたころは、新車の生産工場の操業停止なども相次いだことから、新車の納期遅延が深刻となった。そして、そのようななか、新車より早く手に入る中古車の需要が一気に増えることとなった。中古車市場では在庫が不足し、下取りや買い取りでの査定価格のアップ傾向が続いている。「緊急事態宣言発出中の5月はとくに顕著にリセールバリューがアップしました。冗談抜きで“売り時”でした」とは現場のセールスマン。

年度末セールでは好条件の値引きが期待できる

 5月ほどではないものの、中古車市場の慢性的な“タマ不足”傾向が続いているので、ある新車ディーラーセールスマンは、「お客様に『いまなら下取り査定の条件がかなり良いですよ』として、新車への代替えを勧めやすいので助かっております」とのことであった。店頭で下取り査定だけでなく、「中古車市場でのタマ不足が続いている」として、買い取り募集の告知をしている新車ディーラーもあった。 リセールバリューの高値傾向が続いているのならば、中古車市場でも程度の良い物件ほど、割高イメージが目立ってしまうことにもなりかねない。そこで今後は、「新車を買ってもそれほど割高ではないのでは?」と、本格的に新車を前提としたマイカー購入が増えてくるのではないか、新車販売市場がさらに盛り上がるのではないかとの話も出ている。 年が明け、いよいよ2020事業年度締めでの年度末セールが始まる。最近は“セール”と名のつく“増販期”では、下取り査定額の一律アップなどが各ディーラーで行われ、下取り査定額にいくら値引き支援として上乗せできるかが、好条件獲得の“肝”となっている。今回の年度末セールでも、下取り査定の高取り傾向が続くなか、さらに値引き支援の意味合いで、査定額の一律引き上げが行われることが十分考えられるので、例年になく好条件が期待できそうである。 ただ、前述したように、納期の早いモデルを購入希望車とするお客が多いので、そのような車種では“タマの獲りあい”も激しくなるので、即断即決が要求されるだろう。納期がかかるモデルもあるので、年明け早々、初売りセールから年度末セールは始まっていると言っても過言ではない。3月を待たずに2月が年度末セールのメインとなるので、とにかく早めに動き始めることをおすすめする。

  • 今年度末は好条件で新車が買える理由
  • 今年度末は好条件で新車が買える理由
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ