鉄板のSUVなのに苦戦! スタイリッシュは3ドアSUVはなぜ売れないのか?

コラム WEB CARTOP

かつて存在した3ドアをラインアップから外した車種も

 ミニバンやワゴンブームに代わって、今やSUVが大人気。大げさに言えば、出せば売れる的な勢いもあったりする。しかし、どうも人気がないものがあって、それが3ドアだ。クロカンではジムニーなどが残ってはいるが、いわゆる流行りのSUVともなると、絶滅状態だ。 わざわざ用意したけど、同時にラインアップされていた5ドアのほうが人気という例も多く、古くはトヨタの初代RAV4やホンダのHR-Vなど。最近では輸入車となるが、ランドローバーのイヴォークもそうで、こちらは2代目ではそもそも3ドアが最初から用意されないということになってしまった。 どのクルマも、3ドアのメリットを最大限に活かしたスタイリッシュなデザインで、見る者をオッと言わせるほどの存在感があったりする。一方、5ドアとなると3ドアと比較してしまうのでなおさら、なんとも間延びした感じがしてしまうのが正直なところだ。実際にドアが増えているので、当然と言えば当然ではある。

見た目と使い勝手のバランスがとれているのは5ドア

 初代RAV4やHR-Vが現役だった頃に、開発陣に聞くと、「結局、ラクに乗り降りしやすいほうがいいという声のほうが大きい」という答えが必ず返ってきた。それを言ってしまうと、そもそもの3ドアだけでなく、そのモデル自体の存在意義がないような気もしてしまうが、「ユーザーとしては5ドアでも十分デザインコンシャスと感じている」となるようだ。 そもそも、SUVが人気なのは、まずはクロカンのような泥臭さのないアカ抜けたデザインなわけで、3ドアでさらに高みを目指さなくてもいいということだろう。また使い勝手としてもワゴンのように多人数が乗れて、荷物もたくさん積めるというのがあるだけに、わざわざ乗り降りのしにくい3ドアを選ぶ理由は薄いとも言える。 セダンに対する2ドアクーペでも同じことが言えるが、最近では実際に乗り降りしたことがある人はあまりいないかもしれない。後席ドアがなく、前席は倒れるだけ。その前席越しに出入りするのは実際、非常に大変だ。 BMWのX4やX6はSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)と呼ばれるが、こちらも5ドア。またC-HRやランボルギーニのウルスなど、デザイン手法の進化で5ドアでも3ドアっぽく見せることができるようにもなっているだけに、わざわざ使い勝手に欠ける3ドアを作らなくてもいいという判断もあるだろう。

  • 3ドアのSUVが売れない理由
  • 3ドアのSUVが売れない理由
  • 3ドアのSUVが売れない理由
  • 3ドアのSUVが売れない理由
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ