外国人もビックリ! 日本車ならではのオプション装備3つ

コラム WEB CARTOP

新車のカタログには多彩なオプション装備が掲載されている

 日本で販売されている日本車はオプションがじつに豊富だ。そのなかには、海外ではお目にかかれないものがある。特徴的な3つの領域をご紹介する。

1)ディズニーデザインのカーアイテム

 オプションでは定番となった、ディズニーデザイン。ミッキーマウスやMinnie Mouseをイメージした、シートカバーや各種オーナメントなどがある。 車内装でのキャラクターグッズについて、正規のロイヤリティ(販売契約金)を支払ってさまざまな業者が制作・販売することは海外でも珍しいことではないのだが、それが新車のカタログに載っていることが、外国人にとっては大きな衝撃だ。

「クルマは生活空間の一部」という捉え方は日本独特のものだ

2)カーナビ

 ディーラーで装着する、いわゆるディーラーオプションとして、ディーラーにとっては大きな収益源であるカーナビ。 近年は、マツダのマツダコネクトや、トヨタのディスプレイオーディオなど、ディーラーに納入された時点で組み込まれているタイプが増えてきたとはいえ、依然としてさまざまなタイプのカーナビがオプション設定している車種が多い。こうした状況に驚く外国人が多いのだ。 そもそも、カーナビは1990年代から日本で急速に普及した、日本車オプションパーツの王道である。オーディオメーカーを主体として、新しいカーナビモデルが続々と登場し、正規オプションとして、またはオートバックスやイエローハットなどアフター系部品量販店でも拡販された。 そうした日本でのカーナビの普及に比べて、海外では高級車などを除いて、さまざまな理由によってカーナビ普及が進まなかった。その代わり、オランダのトムトムや、アメリカのガーミンなどのPND(パーソナル/ポータブル・ナビゲーション・デバイス)が主流となり、それが2000年代後半のスマホ登場で、スマホでカーナビが若い世代を中心に広がった。この点は、最近の日本でも同じ傾向がみられる。 こうした環境のなか、いまでも新車オプションに多彩なカーナビがあるのは、日本の特徴だと思う。

3)エアロとインテリア

 エクステリアの架装、いわゆるエアロについても、ミニバンや軽でもオプション設定があることに、外国人は驚く。メーカー直系のパーツから、エアロ専業メーカー物までメーカーのカタログ上で扱うことが、海外では珍しいからだ。 また、細いところに手が届く日本人気質として、インテリアパーツは新車標準装着でも充実しているのに、さらに助手席や後席につける小さなテーブルなど各種オプションがそろっていることにも、外国人は驚きを隠せない。 クルマが、単なる移動手段ではなく、またはキャンプやサーフィンなどレジャー向けトランスポーターだけでもなく、「生活空間の一部」という捉え方から生まれる多彩なオプションが、日本の特徴だと思う。

  • 日本車ならではのオプション装備
  • 日本車ならではのオプション装備
  • 日本車ならではのオプション装備
  • 日本車ならではのオプション装備
  • 日本車ならではのオプション装備
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ