同じメーカーの同サイズSUVなのに「積載力」に大きな差! 同門の「ラゲッジ」対決の行方

コラム WEB CARTOP

新型のウワサもある話題のモデルを徹底比較!

 SUV、クロスオーバーSUVは、アウトドアライフやキャンプなどでも大活躍してくれる万能選手というイメージがある。最低地上高の余裕を生かし、悪路、雪道も安心・安全に走ってくれる。 そんなSUV、クロスオーバーSUVに、走破性などとともにオールラウンダーだからこそ求められる重要な要件が、荷物の積載性。アウトドアやキャンプともなれば、かさばる荷物を積むことが多く、ラゲッジルームに乗り切らないから、後席の乗員の足もと、膝の上に乗せるしかない!? ではシャレにならない。もちろん、ルーフボックスで補う方法もあるが、できればゆとりのある積載性を持つSUV、クロスオーバーSUVを選びたいものだ。 そこで、同サイズのSUV、クロスオーバーSUVでも、積載性がこんなに違う! 見た目だけで選ぶと後悔するかも、というわけで。今、注目の同サイズのSUV、クロスオーバーSUVのラゲッジスペースの使い勝手を比較してみた。 まずはPHEVも加わった話題騒然の三菱エクリプスクロスと、新型のウワサで盛り上がっているアウトランダーである。両車で意外なのは、重い荷物の出し入れのしやすさにかかわる、ラゲッジスペースの開口部地上高だ。なんとなくアウトランダーのほうが高そうだが、実際にはアウトランダーの約720mm(開口部に段差なし)に対して、エクリプスクロスは約770mm(開口部に段差あり)と、アウトランダーのほうがラゲッジフロアは低めで、また開口部に段差がないため、バックドアを開けて、雨の日にもうれしいひさし付きのベンチ代わりになったりする。 ラゲッジフロアの容量は、ボディサイズに余裕あるアウトランダーのほうが勝って当然。後席使用時のフロアの寸法は、アウトランダーが奥行980mm(固定)、幅1000mm、最小天井高780mm。エクリプスクロスは同、奥行760-960mm(後席スライド位置による)、幅1000mm、最小天井高765mmと、幅はいっしょでも、奥行、天井高でやや狭まる感じだ。 とはいえ、後席200mmのスライド機構はアウトランダーになく、後席足もと空間とラゲッジスペースの奥行をフレキシブルに変えられるメリット、使い勝手は大きい。ちなみに、後席を格納した時のラゲッジ拡大フロア長は、アウトランダーが1600mm、エクリプスクロス1380mmと差が付く。大きく重い荷物の出し入れ、積載性では、先輩格のアウトランダーが一歩リードしていると言ってもよさそうだ。

トヨタ・ライズとヤリスクロスは比較検討されやすい!

 次に、実際の購入シーンで比較検討されやすいコンパクトクロスオーバーSUVのトヨタ・ライズとヤリスクロスのラゲッジスペースを比較してみよう。まずは例によって重い荷物の出し入れ性にかかわるラゲッジスペースの開口部地上高は、ライズが700mm、ヤリスクロスが745mmと、ライズが有利。どちらも開口部に段差がなく、重いスーツケースなども、スルスル積め、引っ張り出すことができる。 後席使用時のフロアの寸法は、けっこう肉薄。ライズは奥行755mm、幅1000mm。天井高740-865mm、ヤリスクロスは奥行820mm(デッキボード下段)、幅995mm、天井高730-850mm(デッキボードの上下段位置による)。 使い勝手面では、ヤリスクロスの場合、6:4分割アジャスタブルデッキボードが決め手。乗せる荷物に応じて、ラゲッジスペースの高さを変えられ、6:4分割で使うこともでき、6:4分割式の後席の格納とも連動するから超便利。デッキボード上段使用時には、ボード下がちょっとした床下収納にもなるのだ。 しかし、ライズも負けてはいない。ラゲッジスペースはコンパクトSUV最大級の大容量(最大369リットル)を誇り、さらに床下には80リットルもの大容量サブトランクまで用意しているのだ。これならアウトドアやキャンプの荷物も余裕で積み込めるはずである。 ただし、走行性能同様にオールラウンダーなラゲッジスペースの使い勝手を持つのは、ヤリスクロスのほうだ。その理由は、後席が国産SUVでは類まれな4:2:4分割だからである。つまり、4人乗車(後席2名乗車)でも、背もたれ中央の2部分をアームレスト代わりに倒すことでキャビンとラゲッジスペースにスルー空間ができ、長尺物を室内に積み込むことができるようになる。ちなみに後席を格納したときの拡大ラゲッジフロアの奥行は、ライズ1330mm、ヤリスクロス1370mmと、ヤリスクロスがやや優位となる。 さらに言えば、ラゲッジスペースに大型犬などの愛犬を乗せた場合も、そのスルー空間によってラゲッジスペースにエアコンの風が届きやすく、また飼い主と愛犬のアイコンタクトが容易になり、お互い安心してドライブを楽しめるメリットさえあるというわけだ。 これまで多くのSUV、ステーションワゴンに乗ってきた、ラゲッジスペ―スの使いこなしの達人の人なら、後席4:2:4分割のありがたみを痛感しているはずだろう。ライズとヤリスクロスでは、絶対容量か、抜群の使い勝手か……で悩めることになりそうだ。ただ、ヤリスクロスは大きな立方体の荷物を積む際、ラゲッジフロア奥にある2段デッキボードの上段を支えるパーツの出っ張り分、奥行方向が制限されてしまうのが惜しかったりする(あまり気にする必要はないが)。

  • 見た目だけで選ぶと積載性で後悔するクルマ
  • 見た目だけで選ぶと積載性で後悔するクルマ
  • 見た目だけで選ぶと積載性で後悔するクルマ
  • 見た目だけで選ぶと積載性で後悔するクルマ
  • 見た目だけで選ぶと積載性で後悔するクルマ
  • 見た目だけで選ぶと積載性で後悔するクルマ
  • 見た目だけで選ぶと積載性で後悔するクルマ
  • 見た目だけで選ぶと積載性で後悔するクルマ
  • 見た目だけで選ぶと積載性で後悔するクルマ
  • 見た目だけで選ぶと積載性で後悔するクルマ
  • 見た目だけで選ぶと積載性で後悔するクルマ
  • 見た目だけで選ぶと積載性で後悔するクルマ
  • 見た目だけで選ぶと積載性で後悔するクルマ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ