モモステ! イタボラ! カンパ! かつてクルマ好きが熱狂した「イタリアンブランド」6つの現在とは

コラム WEB CARTOP

いまだに自動車メーカーに採用されているものもある

 安全基準や保安基準が厳しくなった現在では、機能パーツを簡単に交換することはできなかったりする。また、クルマそのものの性能が上がったことで、機能やデザインのアップデートとして交換することも減ってきた。世界的に見ると、社外用品の老舗ブランドは多くあって、たとえばレカロシートは今でもスズキ・アルトワークスなどに純正装着されていて、疲労軽減の観点からトラック向けにも力を入れるなどしている。しかし、それ以外のブランドとなると、見かけなくなったものもある。今回はとくに憧れが強かった、イタリアンブランドが現在どうなっているのかを調べてみた。

1)ナルディ

 ステアリングにはいくつかのブランドがあって、その代表格のひとつがナルディだ。1932年にナルディとダネーゼのふたりによって創業されたもので、一時はレース車両を作ってル・マンにも参戦したことがある。現在ももちろん存在していて、クラシックなどの定番モデルは旧車にも人気だ。

2)モモ

 ナルディとステアリング二大巨頭と言っていいのがこちら。1964年にモレッティによって創業された。モモとはモレッティとモンツァサーキットの頭文字を組み合わせたものとなる。エアバッグ付きのモデルも用意していて、最近は減ってきたが自動車メーカーにも採用されている。

3)イタルボランテ

 ボランテとはステアリングのことで、イタリア製ステアリングという意味となる。一時、ギャルソンとコラボしていたり、モモの傘下になったようだが、最近は新製品のリリースはなく、活動はしていないようである。そのほか、イタリア製ではパーソナルが人気だったが、こちらはナルディに吸収されている。

純正供給などをメインに今でもパーツを作っているところが多い

4)カンパニョーロ

 1970年前後には日産の純正もあったのが、カンパニョーロのホイール。カンパニョーロといえば、マグネシウムを使ったものを得意として、非常に軽いのが特徴だった。自転車好きの方には今でも馴染みがあるブランドだが、1933年にカンパニョーロという人物が創業した自転車パーツのメーカーで、自動車用ホイールはあとから手がけたもの。 スーパーカーやフェラーリのF1も採用して一時代を築いた。自動車用は、1981年にテクノマグネシオ社(その後MIM)に分離して、自転車部品専業に戻っている。また同時期にはクロモドラもあって、人気を二分したが、こちらはまだホイールを作っている。

5)フィアム

 イタリア製の電子機器メーカーで、フェラーリに純正採用された2連ホーンなどで、日本でも人気を博した。しかも形は大胆なラッパ状で、音色はもちろん、ドレスアップ効果も大きく、憧れの存在だった。現在は日立系となり、バッテリーをメインに扱っているが、ホーンも作っている。

6)ビタローニ

 その昔はフェンダー&ドアミラーも憧れの社外ブランドがあったが、イタリア製のビタローニが筆頭格で、流線型のF1カリフォルニアやセブリングなどが人気だった。現在も純正供給を中心としてミラーを作っている。 以上、6つのブランドを振り返ってみたが、OMPやスパルコ、サベルトなどイタリアンブランドはたくさんあるし、もちろん今でも営業を続けているところは多い。その昔は、モモステ、イタボラ、カンパのマグなど、愛称的に縮めたりしてもクルマ好きに好まれたブランドも多く、クルマを買ったら交換するのが定番という時代も長く続いていた。安全面などでそんな時代には戻れないが、懐かしいのは確かだ。

  • 懐かしのイタリアンパーツブランド
  • 懐かしのイタリアンパーツブランド
  • 懐かしのイタリアンパーツブランド
  • 懐かしのイタリアンパーツブランド
  • 懐かしのイタリアンパーツブランド
  • 懐かしのイタリアンパーツブランド
  • 懐かしのイタリアンパーツブランド
  • 懐かしのイタリアンパーツブランド
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ