「気に入った!」「でも可愛すぎる!」 悩める男子が「女子感」強めのクルマ5台に「男らしく」のる方法

コラム WEB CARTOP

シンプルなデザインで男性でも選びやすいモデルも存在

 今や若い世代では、男性でも普通に「あれカワイイよね」なんて話すし、カワイイものが大好きな男性の方が、けっこう女性と会話が盛り上がったりするご時世ですよね。でもクルマはどうでしょうか? デザインがカワイイと思うクルマは、どうも女性向け全開のTVCMや広告を打っていることが多く、ちょっと男性には乗りにくい状況かもしれません。本当は気になっているんだけど、さすがに自分が乗ったらヒンシュクかな、なんて躊躇している男性の皆さん。 じつはそうした、一見すると女性っぽいクルマにも、ちゃんと男性が胸張って乗れるグレードやアクセサリーが用意されていることが多いのです。今回はそんな、女性っぽいクルマをちょっと男らしく、男性にも似合うクルマとして乗る方法をご紹介したいと思います。

1)トヨタ・パッソ

 まずは初代からずっとトヨタのエントリーモデルという役目を担い、軽自動車などからステップアップしてくる女性や、免許取り立ての女性が乗るクルマ、というイメージが定着しているパッソ。ピンクのボディカラーが似合うコロンとしたフォルムなど、ちょっと多くの男性からすると腰が引けてしまうクルマかもしれません。 でも、そもそもパッソには2つのデザインが存在するって、ご存じでしたか? 女の子っぽさを強調しているのは「MODA」というデザインで、ガバッと開いたフロントグリルがメッキであしらわれていたり、ちょっとレトロ感のある印象。 でも、もう1つの「X」というデザインは、ぜんぜん別のシンプルなフロントグリルとなっていて、男性が乗ってもまったく違和感ナシなんです。しかも、パッソにはたくさんのカスタマイズモデルが用意されていて、「X」なら「ACTIVE STYLE」がオススメ。フロントマスクをより押し出しの強い、精悍なイメージに変えてくれるエアロパーツセット(9万9000円)や、リヤスタイルをレーシングカーのようにカッコよくしてくれるリヤクォーターデカール(1万7600円)などを装着したら、もう立派なボーイズ仕様です。 また、女の子全開と思われた「MODA」をガラリとレーシング仕様に変身させる「SPORTY STYLE」など、ほかのカスタマイズモデルも男性向けとなっていますよ。「えっ、これパッソなの?」と驚かれること間違いナシです。

2)スズキ・ラパン

 2台目は、軽自動車の中で女性に愛されてロングセラーモデルとなっている、スズキ・ラパン。なんとユーザーの8割以上が女性というデータもすごいですよね。ウサギのマークがデザインのあちこちに隠れていたり、エンジンをかけると目の前のメーターでウサギのアニメーションが流れたり、こりゃ女心はキュンキュンしっぱなしだわ、というのもわかります。 これこそ、カワイイもの好き男子にとっては、「乗りたい、けど乗れない」と地団駄を踏んでいるクルマではないでしょうか。でも大丈夫です。そんなラパンにも、じつは「Lapin MODE」という大人シックな仕様が存在します。まず、フロントグリルが専用のメッキになり、中央に輝くラパンエンブレムもブルーに。そして足元はホワイトのホイールではなく、シルバー&ホワイトのツートーンフルホイールキャップになり、グッと引き締まります。 ドアハンドルがメッキになり、男性がスーツの袖口からチラリとカフスをのぞかせるような、素敵な男性らしさが醸し出せるのです。そしてインテリアは、通常のラパンはカワイイ雑貨的な感じですが、こちらはシックでモダン。専用のヘリンボーンが木目でデザインされたインパネや、ネイビーとブラックのパネルが基調となって、とても落ち着いた印象。 シートもネイビーとアイボリーのツートーンとなる、専用ファブリックでトータルコーディネート。これは本当にオシャレです。ラパンはもともと、「どうせ女性向けだろ」とたかをくくって乗った男性がみんな「なんだこれ、すごいよく走るじゃん」と見直すほど、走りの良さに定評のあるモデルです。前後スタビライザーだってしっかり入っていて、高速コーナーを気持ちよく駆け抜けていってくれるほど。ぜひ多くの男性に乗ってみてほしいと思います。

カラーやアクセサリーなどでイメージをガラッと変えられることも!

3)ダイハツ・ミラトコット

 3台目は、大人になったちびまる子ちゃんのCMで、やっぱり若い女性向けのイメージが強くなった、ダイハツ・ミラトコット。もちろん、運転に不慣れな女性でも安心して運転できるように、との願いから開発されたモデルなので、メーカーとしては女性にたくさん乗ってほしいということだとは思うのですが、じつはミラトコットは女性だけのものにしておくのはもったいないくらい、真面目にしっかりと作られているクルマなのです。 無駄な装飾を極力排して、シンプルな中にも温もりのある要素をちりばめたデザイン。リラックスして運転できるようにと考え抜かれた、操作系のフィーリング。エンジンこそノンターボのみですが、高速道路もけっこう元気に走ります。 で、じつはミラトコットの印象は、ボディカラーによってガラリと変わるところもポイント。広告などではピンクやミント系の色を見かけることが多いと思いますが、たとえばブラックマイカメタリックにすると、今どきのちょっとカッコいいコンパクトカーみたいだし、サンドベージュメタリックを選ぶと、日産のパオのように古き良き時代のパイクカーっぽい感じが出て、すごくオシャレ。 また、「デザインフィルムトップ」というメーカーオプションがあり、アイボリーのデニムのような布っぽい素材感と触感となるフィルムが、フロントグリルとルーフにあしらわれて、輸入車みたいにとっても個性的になるんです。 さらにアクセサリーでは、3つの「アナザースタイル」が用意されていて、男性にオススメなのはその中の「COOL STYLE」(9万1388円)。フロントグリルやドアミラー、ホイールなどがブラックで統一されて、インテリアも革巻きシフトや革巻きステアリングなど、ブラックでコーディネート。かなり都会的なイメージのミラトコットが出来上がります。これならあえて、グリーンなどの明るいボディカラーを合わせるのもいいですね。

4)ダイハツ・ムーブキャンバス

 4台目は、両側スライドドアという便利さと、レトロかわいいデザイン&カラーで大人気となっている、ダイハツ・ムーヴキャンバス。高畑充希さんのTVCMでも、若い女性が乗るイメージが伝わってきたと思いますが、このパッケージは男性にも絶対に便利で乗りやすいはずなんです。釣りやアウトドアなどの趣味を持つ男性なら、荷物が積みやすくて大容量だし、小さな子供のいるパパなら、子供とのドライブにもぴったりの1台。 でもやっぱり、ピンクや水色などのボディカラーはちょっと恥ずかしくて乗れないかな〜という男性も多いですよね。そんなときには、ムーヴキャンバスに通常から設定されている、「Style with Accent」に注目を。これには、さりげなくクールにキメるモノトーンコーデとして、「Black Accent VS SAIII」という仕様が用意されているのです。 ボディカラーはグレーマイカメタリックとパールホワイトⅢで、フロントグリルやドアミラー、ホイール、ボディに入るピンストライプをブラックで統一。これだけでも、愛嬌たっぷりだったムーヴキャンバスの顔が、キリリと引き締まってメンズライクになるんです。 インテリアもインパネやシートなどがブラックになって、インパネの一部だけアイボリーが入るのですごくオシャレです。また、インテリアはブラックがいいけど、ボディカラーはもうちょっと遊びたい、という人には「G”ブラックインテリアVS SAIII」がオススメ。スムースグレーマイカメタリックとファイアークォーツレッドメタリックのツートーンなど、かなりシックで都会的な色合いのカラーが揃っています。

5)フィアット500

 さて5台目は輸入車から。誰もが一目見て「かわい〜」と言ってしまうイタリア生まれのコンパクトカー、フィアット500。イタリアでは男女問わず、多くのドライバーに愛されているクルマだし、日本でもルパン三世の愛車として映画に登場していますから、女性向けというイメージはないかもしれませんが、でもやっぱり「ちょっと僕にはかわいすぎて」と躊躇する男性も多いかもしれませんね。 でも安心してください。そんなときは純正アクセサリーでガラリとイメージを変えることができるのです。ホワイトボディなら赤や黒、レッドのボディにはホワイトと、モータースポーツシーンを思わせるチェッカーフラッグをあしらった「SPORT PACKS」なら、一気にスポーティな雰囲気に。なんとキーにも同じデザインがコーディネートできる、キーカバーが付いているのがステキです。 もっとイメチェンしたいという人には、チェッカーフラッグやストライプがデザインされた、ルーフステッカーも選べます。また、シンプルなスタイルが好みなら、マットチタンやマットシルバー、マイクロカーボンブラックと、色と質感が異なるシンプルなルーフステッカーも。こうした外観のアクセサリーだけでも、かなり男らしさがアップすると思います。 さらにもう1つ、この小さな500を道具として使いこなしている感を出すのが、男らしく乗るコツ。アクセサリーには、スキーやスノーボードを積むことができる「ハッチゲートキャリアベース」とアタッチメントがちゃんと用意されているのです。リヤにスキーを積んでいる500を見かけたら、こちらまでウキウキしちゃいそうですね。 というわけで、一見すると女性向けと思われるクルマたちを、その愛らしさは残しつつも、男性らしく乗る方法をご紹介しました。どのクルマも、運転しやすさや安心感、元気いっぱいに走れる楽しさはもともと備わっていますから、あとは自分色に染めるだけです。ぜひ、いろんな工夫でカッコよく乗りこなしてくださいね。

  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
  • 女性っぽいクルマを男らしく乗る方法
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ