トヨタ・ヤリスが一部改良! 全車速追従クルコンをHV車と1.5リッターガソリン車に標準化したほか装備を充実

業界 WEB CARTOP

車内を快適にする嬉しい機能や装備も設定

 トヨタ自動車は、人気コンパクトカー「ヤリス」を一部改良し発売した。139万5000円〜252万2000円(税込み)。 今回の改良では、安全・安心なドライブを楽しめるよう、先進技術を充実させている。渋滞時などで大活躍する、車両停止状態まで前車追従可能な全車速追従機能付きレーダークルーズコントロールを、ハイブリッド車と1.5リッターガソリン車(CVT)に標準装備とした。 さらに、プリクラッシュセーフティには緊急操舵支援機能をプラス。インテリジェントクリアランスソナーは、ハイブリッドZ、Z(MT車除く)に、バックガイドモニターをZ、Gに標準化している。 加えてペダル踏み間違いによる急加速を抑制することが可能な、販売店装着オプションのプラスサポートを採用した。 そのほかにも、ウイルスや菌の抑制にも効果があるという、OHラジカルを含む微粒子イオンを従来の10倍量放出する「ナノイーX」を、運転席側エアコン吹き出し口に設置。ハイブリッドZ、Zには標準装備、ハイブリッドG、Gにはオプション設定される。また、乗車前にエアコン操作が可能なるリモートスタート(アプリ)を、Tコネクトサービスに追加している。

  • トヨタ・ヤリスが仕様変更し発売
  • トヨタ・ヤリスが仕様変更し発売
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ