GR! ニスモ! モデューロX! 「儲からない」のに突如国産メーカーが「走り」にこだわるワケ

コラム WEB CARTOP

トヨタは最後に手元に残るのはスポーツカーと名言!

 トヨタの「GR」(GR SPORT)に日産の「ニスモ」、そしてホンダの「モデューロX」。昨今、通常のモデルに手を加えつつ、ディーラーで普通に購入可能な、走りのポテンシャルを高めたメーカー謹製のカスタマイズカーが増えている。果たして、そこにはどんな背景があるのだろうか。 そういった商品が生み出される背景は、一般論としてシンプルに考えれば「それを求めている層がいるから」ということになる。しかし、それらのモデルは一定のニーズを得ているものの、かつてのホンダの「Type R」や三菱の「ランエボ」シリーズのように爆発的に売れているかといえば、決してそうとは言いがたいだろう。「アクアGRスポーツ」などそれなりに台数の出ているモデルもあるが、あくまでもニッチ的な商品だ。 いま、スポーツカービジネスは冬の時代を迎えている。かつてほど販売台数が見込めず、それを反映してメルセデス・ベンツがかつて大ヒットした「SLK」を廃止し、アウディは「TT」の次期モデルを作る予定がないと報道されているほど。日本車を見回しても、かつてに比べてスポーツモデルのラインアップが減っていることに気が付いている人も多いはずだ。 そんななか、走りを重視した“特別なモデル”をリリースする背景は、何かがあると考えるのが自然である。「(移動手段だった)馬がクルマに代わっても、今なお競走馬は残っている。クルマも同じで、最後にオーナーのもとに残るクルマはスポーツカー」と、かつてトヨタ自動車の豊田章男社長は語った。カーシェアリングなどで環境が変わって個人所有が減ると思われている将来、オーナーが最後まで手元に置くクルマはスポーツカーだと考えているのだ。そのために、スポーツカーをしっかり育てる必要があるという。「台数も大事です。収益も大事です。でも私は、『台数、収益がすごいですね』『大きいですね』『大企業ですね』とほめられるよりは『いいクルマ作ってますね』『いい人材いますね』といってほめられる会社になりたいんですよ」(スープラデビュー時のトヨタイムズの記事より)。「もっといいクルマを作りたい」「もっといいクルマを作るためのノウハウと人材を育てたい」。それが、トヨタがスポーツモデルを用意する理由と言ってよさそうだ。 また、最近のトヨタは「クルマは単なる便利な道具」という白物家電的な考え方から脱却を図ろうと模索している。魅力ある商品には「背景にあるストーリー」や「ワクワクドキドキさせる要素」「夢を追うこと」が大切と考えていることが伺えるのだ。その一環として、走りを磨いたモデルを用意している。 さらにその延長線上には夢を与えるモータースポーツ活動があり、トヨタはいま、もっとも積極的にモータースポーツをおこなっている自動車メーカーのひとついえるだろう。

NISMOは特別感、Modulo Xは完成度の高さを狙う

「NISMO」というモータースポーツブランドでスペシャルモデルを用意する日産の狙いは、ひとことでいえば「特別感」だ。標準仕様の倍以上となる2420万円(2020年モデル)の価格を掲げた「GT-R NISMO」を頂点に、コンパクトカーの「マーチ NISMO」、そして電気自動車の「リーフ NISMO」など幅広く展開する。 究極の性能を持つGT-R NISMOはもちろんのこと、「マーチNISMO S」ではパワートレインを標準仕様の3気筒1.2リッター+CVTに対して4気筒1.5リッター+5速MTへ積み替えるなど思い切った手が入り、その特別感を得られるのが魅力だ。 それらは「NISMOロードカー」と呼ばれるが、狙いはいくつかある。GT-R NISMOは世界の頂点を極めることだし、いっぽう200万円を切る価格で提供されるマーチNISMOなどは気軽にスポーティな走りを味わうためだ。また、現在は廃止されてしまったがかつてはミニバンのセレナを仕立てた「セレナ NISMO」も展開していた。それは、ファミリーカーでもときには走りを楽しみたい人に向けた商品だ。 それぞれの目的は異なるが、共通するのは「日産車のブランドイメージを高める」という土台。“特別なクルマ”を提供することで、ブランドの価値を高める狙いがあるのだ。単にスポーティなだけでなく、インテリアを上質に仕立てているのもNISMOロードカーに共通する特徴だ。 ステップワゴン、フリード、S660などで「モデューロX」を展開するのがホンダ。いずれもエクステリアを変更して室内を上質化するとともに、こだわりのサスペンションチューンが織り込まれている。 モデューロXの走りに対する情熱は熱く、車種によっては納得できるものができるまで1年以上を開発に費やすというのだから驚きだ。それらは、ひとことでいえば“完成度の高いホンダ車”。「ここまでやれる」というホンダ車の理想を求めた“象徴”のような存在といっていいだろう。 よく考えると、考え方はそれぞれ。走る楽しさを求めて走行性能を磨いたモデルというのは共通しているが、求めていることは似ているようで違うのだ。 ただ、すべての車種に共通していることもある。それは「走りの楽しさを忘れない」という決意。そして「ベース車よりも車両価格が高い」ということ。 スポーツモデルというくくりはあるものの、「なんとか、財布のひもを緩めてもらおう」という一つのチャレンジでもあるといえるのではないだろうか。 もちろん「本格的なスポーツカーが減ってしまったけれど運転好きやクルマ好きに満足してもらえるようなクルマを提供する」というのが前提にあるのは言うまでもない。対象がかつてよりもニッチとなったので、そのぶん完成度を高めてこだわったモデルを提供するという意気込みもあるだろう。

  • メーカーがカスタマイズカーを開発する理由
  • メーカーがカスタマイズカーを開発する理由
  • メーカーがカスタマイズカーを開発する理由
  • メーカーがカスタマイズカーを開発する理由
  • メーカーがカスタマイズカーを開発する理由
  • メーカーがカスタマイズカーを開発する理由
  • メーカーがカスタマイズカーを開発する理由
  • メーカーがカスタマイズカーを開発する理由
  • メーカーがカスタマイズカーを開発する理由
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ