海外で発表された日産の新型エクストレイル情報を集約! 日本での発売はいかに?

業界 WEB CARTOP

北米市場ではすでに販売され、中国や欧州でも発表されている

 世界的なブームを巻き起こしているSUV。日本国内でとりわけ好評なのはミドルクラスのSUVだ。そんな人気カテゴリーに属する1台が日産エクストレイルである。日本に先駆けて北米、中国、欧州で発表された新型エクストレイル(ローグ)を取り上げながら、日本での発売について分かっている内容をまとめた。

■新型エクストレイル情報①北米市場では発売済み

 日本での発売が待たれる新型エクストレイルだが、北米では2020年10月に3代目ローグとして発売されている。エクストレイルとローグの関係性は深く、2代目ローグが登場する際に3代目エクストレイルと姉妹車になっている。 3代目ローグのボディサイズは全長約4648mm、全幅約1839mm、全高約1699mm(インチをミリメートルに換算)。 外観は迫力のあるスタイリングが特徴で、日産車を象徴する大型のVモーショングリルをはじめ、薄型のLEDヘッドライトを配置したことで力強さが存分に表現されている。リヤデザインは先代ローグと大きくは変わらないが、テールランプは横長となり、ワイド感が強調された。装着されるアルミホイールはグレードによって異なるが、17〜19インチのアルミホイールが設定されている。インテリアは先進性と高級感を両立。大型ディスプレイを中央に配し、メーターはフル液晶ディスプレイを採用する。 搭載するエンジンは2.5リッター直4エンジンにCVTを組み合わせた。最高出力は181馬力、最大トルクは3600rpm。新開発のプラットフォームにより、優れた運動性能を実現する。 もちろん、安全性能も高まっている。全方位運転支援システムの「セーフティシールド360」は全車に標準装備される。衝突被害軽減ブレーキは2台先を走行する車両を検知できるほか、自転車や後退時にも対応。さらに後方の並走車両の検知機能も付与された。プロパイロットも進化しており、カーナビの地図情報を活用することで高速道路のカーブや分岐などで走行速度を調節する機能も備わっている。 グレードは「S」「SV」「SL」と、2021年にキルトセミアニリンレザーなどを採用した「Platinum」が追加された。また、2WD(FF)と4WDの2タイプの駆動方式を用意し、全14グレードと豊富なバリエーションだ。4WDはオフロード、雪道、舗装路、高速道路、ワインディングなどあらゆる路面状況に対応できるよう、5つのドライブモードを備える。 ボディカラーはPlatinumグレードにのみローグ初となる5種類のツートーンカラーを追加したほか、8色の単色カラーを設定している。

■新型エクストレイル情報②上海モーターショーでの情報

 2021年4月19日に開かれた上海モーターショーでは中国市場向けの新型エクストレイルが披露された。中国においてもSUVは人気が高く、事業構造計画「Nissan NEXT」のカギを握るモデルとも位置付けられる。 注目されるパワートレインは1.5リッターの可変圧縮比エンジンVCターボを搭載すると発表されるに止まった。最大トルク300Nm最大出力204馬力を発揮し、新世代CVTを組み合わせると燃費は17.2km/Lを達成するとみられる。 中国政府が推進する新エネルギー車のロードマップに貢献するべく、中国市場には2025年までに「シルフィ」など6車種のe-POWER車を用意するとも発表されており、中国向けのエクストレイルでも今後e-POWERモデルが登場しそうだ。発売は2021年下期の予定。

■新型エクストレイル情報③欧州日産のリリース

 欧州日産が2021年4月19日に発表したリリースでは、欧州市場向けの新型エクストレイルを2022年夏に投入すると発表した。中国仕様のエクストレイルはガソリン仕様だったのに対し、欧州向けにはe-POWERを搭載すると発表されている。また、現行モデルと同様3列シートモデルも用意される。 欧州向けのエクストレイルに設定される4WDシステムでは、スノー、グラベル、マッドのドライブモードを用意し、オンロード、オフロードを問わず高い走破性能を持つ。

日本での発表は2021年秋ごろの予定!

■日本でのエクストレイルの販売状況

 2013年にデビューした3代目エクストレイルは、初代、2代目で獲得していたサーフィンやスキー、アウトドアを楽しむこれまでのユーザーとは異なり、ハイブリッド性能や走行性能、走破性、時代の要請に応えた先進運転支援機能などが進化し、幅広いユーザーに向けたモデルとなった。 とはいえ、これまでの利点を排除するのではなく、防水仕様のシートやラゲッジは継承され、長時間の着座でも疲れにくいスパイナルサポートシートなども採用。 そして新たに搭載されたのが世界初のアクティブライドコントロール、アクティブエンジンブレーキ、コーナリングスタビリティアシストなどの先進技術は全車に標準装備され、日産初採用のエマージェンシーブレーキやインテリジェントパーキングアシスト付きアラウンドビューモニターなども用意された。 現行エクストレイルは全長4690mm、全幅1820mm、全高1730〜1740mm。前述のローグと比較しても新型モデルはそれほど大きく変わっていないように思える。 2015年にはハイブリッドモデルが追加され、専用チューニングされた2リッターエンジンにモーターを組み合わせ、JC08モードで20.6km/Lの燃費性能を実現した。 グレードはオールモード4×4iの4WDとFF、2列シートと3列シート、ガソリンエンジンとハイブリッドが用意され、ノーマルは7種のグレードにそれぞれ駆動方式が選べるほか、オーテックによるカスタマイズカーのオーテック仕様、よりワイルドな雰囲気を演出するエクストリーマーもラインアップされる。バリエーションが豊富で根強い人気のある1台と言えるだろう。

■日本ではいつ発売?

 日産としても主力のSUVモデルである新型エクストレイルだが、日本での発売時期などは現時点(2021年7月時点)で未発表だ。2020年10月にマイナーチェンジを受けていることもあり、しばらくは現行型を販売するとみられている。 当初の予定では、2021年秋に開催されるはずの東京モーターショーで華々しく発表されるはずだった。しかし、イベント自体が中止となってしまったため、同時期に個別で発表されるだろう。 搭載するパワートレインは、従来同様ガソリンと、ノートやセレナ、キックスなどに搭載されて注目を集めるe-POWERが搭載されるだろう。 ローグ、そしてエクストレイルではルノー日産三菱アライアンスが共同開発したプラットフォームCMF(コモン・モジュール・ファミリー)を採用する。ルノーのスポーツモデルであるメガーヌR.S.などにも採用されているだけに、走りの良さも期待できそうだ。当然、先進安全装備プロパイロットも標準装備されるだろう。 今回、日本仕様の発表が遅れている理由としては、e-POWER仕様ではないかとみられている。SUVのe-POWERモデルといえばキックスが記憶に新しいが、こちらは2WD。もし実現するとなれば、おそらく4WD化するとみられ、この開発に課題があるのではないだろうか。また、昨今の納車遅延の理由ともなっている半導体不足による影響もあるとみられる。

■まとめ

 エクストレイルはアウトドアスポーツを楽しむ人たちに支持される本格SUVとしての側面が強い。しかし、ハイブリッド仕様や安全機能の搭載など、時代に合わせた進化を経て、より多くの人に求められる存在となったことだろう。新型エクストレイルの登場を期待して待ちたい。

  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
  • 新型エクストレイル
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ