クルマの自動ブレーキ! 必要でも作動しない&不要なのに作動する「日常あり得る」シーンとは

テクノロジー WEB CARTOP

速度や天候などにより作動しないシチュエーションも

 2021年から新たに生産される自動車に搭載義務化がはじまったAEB(衝突被害軽減ブレーキ)。 事故類型別の交通事故発生件数は、追突事故が一番多いといわれているが(平成30年 14万9,561件, 構成率34.7%)、その追突事故がAEBの搭載車両が増えるとともに、顕著に減少してきていることからも、AEBの事故低減効果は証明されている(自賠責保険の追突事故の支払額 2016→2017年は-4.2%。2017→2018年は-5.6%)。 このように非常に有効なAEBだが、AEBは決して万能ではなく、AEBに対する過信によると思われる事案が2018年には101件も起きていて、国土交通省も衝突被害軽減ブレーキが、走行中の周囲の環境や路面の状態等によっては、障害物の認知や 衝突の回避ができない場合があることを啓発するためのビデオを作成し、ホームページで公開している。 (https://www.youtube.com/watch?v=mGh_-mTD6G4) ではどういうシチュエーションだと、衝突被害軽減ブレーキが作動しないことがあるのか。 ・ メーカーが定める作動速度を超える場合(規定の速度より低速で走行する場合も) ・ 暗闇、逆光等のためカメラにより対象物を認知できない場合 ・ 人や自転車の急な飛び出し、クルマの急な割り込み ・ 雨・雪・霧などの悪天候 ・ 運転者がアクセルペダルを強く踏み込んだ場合 ・急な下り坂を走行等

AEBの仕組みによっても弱点が異なる!

 反対に、衝突の可能性がない場合であっても、 ・カーブの途中に標識やガードレール等がある場合 ・カーブで対向車とすれ違う場合等 ・道路上に金属物や突起物がある場合等 は、運転車が想定しないタイミングでAEBが働くことがあるので要注意。 またAEBの仕組みによっても苦手なケースがある。 ・カメラ方式 →カメラ方式は、逆光や悪天候に影響されて適切に認識できない可能性がある。・ミリ波レーダー方式 →ミリ波レーダー方式は、形やサイズを正確に把握することが難しく、歩行者や自転車などの認識はやや苦手。・赤外線レーザー方式 →雨・雪・霧などの悪天候の影響を受けやすく、荒天時は適切に認識できない可能性がある。 とはいえ、最近のクルマはこれらの方式を複数組み合わせて、弱点を補っていて、安全性が年々高まっているのは間違いない。 まずは愛車の取扱説明書をよく読んで、AEBの特徴と限界を把握することが肝要だ。 そして、AEBはあくまで補助装置で、いざというとき衝突を回避するのはドライバーの仕事。AEBを過信せず、いつも周囲の安全に気を配りながらハンドルを握ることを忘れずに。

  • クルマの衝突被害軽減ブレーキが作動しない、誤作動してしまうケース
  • クルマの衝突被害軽減ブレーキが作動しない、誤作動してしまうケース
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ