初代ファンには受け入れられない! 姿もコンセプトも変わりすぎたクルマ3選

コラム WEB CARTOP

気がついたら想像していたのと全然違う姿に……

1)ホンダ・インサイト

 現在販売されている車種で、初代モデルと現行型が最も大きく異なるのは、ハイブリッド車のインサイトだろう。初代は1999年に発売され、全長が4m以下の2ドアクーペだった。乗車定員も2名だ。 ハイブリッドシステムは、直列3気筒1リッターエンジンをベースに、最高出力が14馬力(5速MT)、最大トルクは5kg-mのモーターを組み合わせる。ハイブリッドながら車両重量は820kg(5速MT)と軽く、10・15モード燃費は35km/Lであった。価格は210万円(5速MT)だ。 2代目は2009年に発売され、5ドアハッチバックになった。直列4気筒1.3リッターエンジンをベースにしたハイブリッドシステムを搭載して、価格はGが189万円だ。初代に比べると、実用性を高めて価格は大幅に下げられた。 3代目の現行型は2018年に発売され、3ナンバーサイズの4ドアセダンになった。直列4気筒1.5リッターエンジンは主に発電機を作動させ、駆動は一部の巡航時を除くとモーターが行う。装備も充実するが、価格は最も安いLXでも335万5000円だ。 初代はハイブリッドの低燃費を訴求することに特化され、2代目はハイブリッドの普及を目的に価格を大幅に下げた。3代目は質感や走りの向上を目指している。各世代で役割が異なるため、クルマ作りや価格も大きく変わった。

業務提携によって復活した名車は超イメチェン!

2)トヨタRAV4

 初代RAV4は1994年に登場した。最初は3ドアハッチバックで、全長は3695mmと短い5ナンバー車だ。エンジンは直列4気筒2リッターで、運転感覚は軽快で楽しい。価格は標準仕様が189万8000円(4速AT)に抑えられ、当時は若年層のクルマ好きも多かったから売れ行きは好調だった。 2代目は2000年に登場して3ナンバー車になった。車両の作りは初代の発展型だが、軽快感と個性が薄れている。 3代目は2005年に発売され、北米仕様を強めたことで全幅は1800mmを超えた。外観は引き締まり感が乏しい。2007年にはRAV4をベースに全長とホイールベース(前輪と後輪の間隔)を伸ばした上級モデルのヴァンガードも加わり、RAV4は売れ行きを下げて2016年に国内販売を終了した。 この後、SUVの人気が高まったこともあり、RAV4は2019年に改めて国内販売を再開した。人気の高いアドベンチャーは全長が4610mm、全幅は1865mmとワイドだ。ノーマルエンジンの排気量は2リッターだが、ボディは大幅に拡大されている。 このほかCR-Vも、初代はコンパクトだったが、フルモデルチェンジの度に海外指向を強めてボディを大型化した。RAV4と同様、国内販売を一度終了した後で、現行型が復活している。

3)トヨタ・スープラ

 日本における初代スープラは1986年に発売された。エンジンは直列6気筒2リッター(シングルカムとツインカム)、2リッターツインターボ、3リッターターボを用意した。ボディはすべて全長が4620mm、全幅は1690mmとされ、運転のしやすいスポーツカーであった。 2代目は1993年に発売され、全幅が1810mmのワイドな3ナンバー車になった。エンジンは直列6気筒3リッターのノーマルタイプとターボだ。ただし売れ行きは下がり、2002年に終了している。 3代目の現行型は2019年に復活した。ただし基本的な設計と開発は、業務提携を結ぶBMWが担当した。プラットフォーム、エンジン、独特なATレバー、左手で操作する方向指示機までBMW・Z4と共通だ。生産はマグナ・シュタイヤー社に委託され、従来のスープラとはクルマ作りが異なる。トヨタ車とはいい難い面もある。 従来型と違って後席は装着されず、乗車定員も2名だ。全長は4380mm、ホイールベースも2470mmと短いが、全幅は1865mmとワイドだ。そのために外観の見栄えも大きく変わった。従来型と現行型の間に、連続性はほとんどない。後輪駆動のスポーツカーという程度だ。

  • insight_01
  • _V6B6937
  • T7GI7593
  • rav4_bojo01
  • rav4_bojo08
  • _DSC2308
  • _1D_4727
  • F6;4
  • 80スープラ
  • T7GI6355
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ