86&BRZにeK&ルークス! 姉妹車・OEM車の「リセールバリュー」に差は出るのか?

コラム WEB CARTOP

従来型は希少性が生じてBRZが少し高い

 新型車になったトヨタGR86とスバルBRZは、足まわりのメカニズムなどが部分的に異なるものの、基本的に同じクルマだ。日産ルークスと三菱eKクロススペースも、フロントマスクのデザインは異なるが、機能は共通化されている。選択に迷った時など、数年後に売却する時の金額が高い方を選びたいこともあるだろう。 売却時の金額は、中古車として再販売する時の価値によって決まる。中古車として高く販売できる車両なら、中古車業者も欲しいから、ユーザーは高値で売却できる。 そして中古車の価格は、需要に対して流通台数が多ければ安くなり、流通量が不足していれば高値で取り引きされる。 この点を踏まえて、86とBRZについて、どちらが高く買い取れるのかを買取店に尋ねた。「両車とも(従来型は)高値で買い取られている。86、BRZともに新車価格に対する買取額は同程度だが、直近の状況を見ると、86の流通台数が増えている。BRZは86の3分の1程度だから、希少性が生じてBRZが少し高い」。 ただし新型の場合は、先代型に比べて、86とBRZの走りの違いが拡大した。新しいGR86は、新型のBRZ、あるいは先代86に比べると、機敏に曲がる特性が強い。走行安定性に影響を与える後輪の接地性は、GR86では相対的に弱まり、ドライバーの運転技術を高めに想定したセッティングになっている。乗り心地もBRZに比べて硬めだ。そこで車名も従来の86から「GR86」に変更した。新型の売却条件は、GR86の新たな市場評価によって左右される。

インターネットによる検索のしやすさも売却額に影響

 日産ルークスと三菱eKクロススペースはどうか、この点も買取店に尋ねた。「先代型では、日産のブランド力によって、デイズルークスがeKスペースよりも有利だった。しかし今のeKクロススペースは、フロントマスクがSUV風のデザインに変わり、日産デイズ・ルークス(ハイウェイスター)とは異なるカッコ良さを身に付けた。そのためにeKクロススペースが、先代型よりも好条件で売却できるようになっている。eKクロススペースの不利は解消されたといえるだろう」。 このほか今はインターネットによる検索のしやすさも売却額に影響する。たとえばSUVの軽自動車を中古車で買いたい時に「スズキ・ハスラー」と検索するユーザーは多いが、姉妹車の「マツダ・フレアクロスオーバー」を探すことは少ない。マツダの販売店に売却する場合を除くと、ハスラーに比べてフレアクロスオーバーの売却額は下がる。つまり売却額を決める要素として、クルマの知名度も大切だ。 その意味で車種の廃止は、希少性が生じる限られたスポーツカーなどを除くと、売却額ではマイナスに作用する。マークX、ティーダ、キューブなど、時間が経過すると車名が忘れられ、中古車を検索するユーザーも減るからだ。

  • 姉妹車やOEM車にリセールバリューの差はあるか
  • 姉妹車やOEM車にリセールバリューの差はあるか
  • 姉妹車やOEM車にリセールバリューの差はあるか
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ