たった1年半で消滅したモデルまで! 個性に走りすぎたか「超短命」なホンダ車4選

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■NSXの6年よりも短い生産期間だったクルマがホンダにはたくさんある■どれも個性的で、ホンダらしさに溢れていた■時代を先取りしすぎたクルマもあり、今になって評価されているものもある

いつの間にか消滅! あまりにも短命だったがホンダらしさは全開

 先日、2代目NSXの最後を飾るモデルとして「タイプS」が発表され、2022年をもって販売が終了するというニュースが流れた。2代目NSXが登場したのは2016年8月のことだったから、およそ6年で終売と、先代の15年以上というモデルライフから考えると短命とも言えるだろう。 しかし、ホンダ車のなかにはNSXよりも短命で終わってしまったモデルも少なくない。なかには今になって再評価されていたり、人気が出てきたりしているモデルもあり、時代を先取りしすぎてしまった感もあるものもチラホラ。 そこで今回はさまざまな理由によって短命に終わってしまったホンダ車をピックアップしてご紹介したい。

1)MDX

 日本では2003年から販売が開始された大型クロスオーバーSUVのMDX。ベースとなったのは北米版オデッセイ(日本名ラグレイト)で、北米市場ではホンダの高級車ブランドであるアキュラから販売されていた。 全長こそベースのオデッセイよりも短くなっていたが、それでも4790mmもあり、全幅に至っては1955mmとまさにアメ車並み。その堂々としたフォルムや広い室内空間を魅力に感じるユーザーもいなかったわけではないが、やはり日本で乗るには大きすぎる問題があったのか、1500台ほどの販売台数で、わずか3年で終売となってしまった。

2)Z

 1998年に登場した2代目Zは、初代のスペシャリティクーペとは真逆のSUVタイプの4WD車となっていた。 見た目こそ当時のライバル車種のジムニーやテリオスキッドと近いものとなっていたが、まったく異なっていたのがメカニズムで、なんとエンジンをミッドシップに縦置きに搭載し、ビスカスセンターデフを用いた4WDという、ランボルギーニ ディアブロVTと同等のものとなっていたのである。 ただその分価格も高騰し、NAエンジンモデルでも約115万円(ジムニーはターボでも100万円を切るモデルがあった)という価格であったり、MTモデルが存在しなかったことも影響してか販売は伸び悩み、登場から4年足らずで姿を消すこととなった。

短命に終わったけど、人気が再燃してるクルマも

3)クロスロード

 初代モデルはランドローバー ディスカバリーのOEMモデルという特異な成り立ちを持つクロスロード。2代目モデルは初代モデルが終売してからかなり時間が経った2007年に登場した。 2代目クロスロードはOEMモデルではなく、ホンダが手掛けたモデルであり、全長4300mmを切るコンパクトなサイズでありながら、3列シートを備えた7人乗りのクロスオーバーSUVとなっていた。 しかし、当時はまだクロスオーバーSUVブーム以前で、コンパクトな3列シート車としてはストリームが存在し、クロスオーバーSUVはCR-Vが存在していたことでキャラクターが中途半端となり、わずか3年半ほどで販売を終了。時代の波に乗れなかったのが悔やまれる意欲作だった。

4)ライフ(2代目)

 360cc時代の初代は別物としても、Nシリーズが登場するまではホンダの軽自動車のボトムラインを担う存在だったライフ。それだけに短命だった印象はないかもしれない。 しかし、1997年4月に登場した2代目ライフはわずか1年半の98年10月までという短期間の販売となっていたのである。 その理由は1998年10月に軽自動車規格の改訂があり、ボディサイズが拡大されたこと。そのため、3代目モデルではしっかり新規格に対応したボディサイズとなっているのだが、じつのところはビッグマイナーチェンジに近いものだったと言っても差し支えないだろう。 とはいえ、車両型式はJA4からJB系へと変更されており、搭載エンジンもE07A型からE07Z型に置き換えられるなど進化するべき点は進化しているため、見た目だけのお色直しというわけでもなかったのだ。

  • T7GI1690のコピー
  • am_md0302001
  • am199810_z00001_01001H
  • webcartop_02-33
  • web-cartop_01-9
  • web-cartop_04-9
  • webcartop_01-32
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ