再利用品への交換が鍵だった! EVの「ライフサイクルではエコじゃない」論争に決着

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■EVのバッテリーが劣化した時、バッテリーを交換して乗り続けるという選択肢がある■再利用バッテリーは製造時の二酸化炭素(CO2)排出量がゼロになる■電力をある程度残したところで充電し、80%ほどで充電を止めておくのが長持ちの秘訣

最上級品質の再利用バッテリーなら新品の約半額で交換できる

 電気自動車(EV)に使われる駆動用のリチウムイオンバッテリーは必ず劣化する。しかし、EVに限らずバッテリーは劣化するものであり、エンジン車の補器用としての鉛酸バッテリーも数年で劣化してバッテリー上がりを起こす。スマートフォンも使用頻度が多ければ多いほど劣化は進み、高機能化などによる新商品の相次ぐ登場と買い替えを促す宣伝があとを絶たない。それでも、バッテリー交換をして愛用のスマートフォンを使い続ける人もいる。 EVも、バッテリーが劣化したとき、次の新車へ買い替えをするのもいいが、バッテリー交換をして乗り続けるという選択肢もある。 ことに、日産の初代リーフについては、バッテリーの再利用が事業化され、廃車となったEVからリチウムイオンバッテリーを取り出し、バッテリーモジュールごとに品質を点検し再利用しており、その最上級品質の再利用バッテリーは、新品に比べ約半額でEVへの交換が可能だ。

クルマでの利用を終えた後もさまざまな利用方法がある

 モーターは半永久的に使える部品であり、車体もまだ使える状態であれば、バッテリー交換して使い続ければ安上がりで済む。 しかも、再利用バッテリーであれば材料から生産するわけではなく、製造時の二酸化炭素(CO2)排出量はゼロになる。新車開発の際に織り込まれているからだ。近年、ライフサイクルで環境性能を語ることが多くなったが、再利用バッテリーの有効活用は、1台のEVの環境性能をより高めることにもなる。 そもそも、EVに車載されるリチウムイオンバッテリーは、クルマとしての用途を終えた後もまだ6~7割の容量を残しているとされる。したがって、最上品質の再利用バッテリーでなくても、太陽光や風力発電の蓄電用や災害の緊急支援の電力供給源としての用途が残されている。 EV製造時のリチウムイオンバッテリー生産でCO2排出量が多いとの意見があるが、EVとして使えるのはその3~4割でしかなく、その後の活用を視野に入れれば、二次利用を考慮しない現在のライフサイクルの考え方自体が時代にそぐわなくなっているのである。いわば、前世紀の評価法だ。それを頼りに、EVとエンジン車やハイブリッド車(HV)の環境性能を比較する論調は、物事の本質を知らないといわざるを得ない。 ところでリチウムイオンバッテリーを上手に利用し、劣化を抑える方法は充電を適切に行うことだ。充電した電力を使い切ってから、100%の充電を繰り返すと劣化が進みやすい。EVに限らずスマートフォンなども同様だ。バッテリー電力をある程度残したところで充電し、80%ほどで充電を止めておくのが長持ちの秘訣だ。 愛用のEVを永く使いたいなら、日々の充電の仕方からうまい付き合い方をしていくといい。

  • EVのバッテリー交換という選択肢を考える
  • EVのバッテリー交換という選択肢を考える
  • EVのバッテリー交換という選択肢を考える
  • EVのバッテリー交換という選択肢を考える
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ