カローラクロスの顔が海外と違うのは「カワイイ」がイヤだった? カローラマニアが「アメリカ仕様」の日本導入を望むワケ

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■日本にてトヨタ・カローラ クロスがデビュー■そのルックスは先に発表されていた海外仕様とは異なっていた■この記事では差別化された理由や違いについて解説する

海外仕様がデビューすると「可愛い」との声があがった

 ついに日本国内でもトヨタ・カローラ クロスがデビューした。しかし、フロントフェイスはそれまでにデビューしていた、タイをはじめとしたASEAN諸国やアメリカ仕様となどとは異なり、直前にチラホラと話題になっていたように、いまのところは日本専用といっていい別の顔つきを採用している。 なぜ日本だけ顔が違うのか、筆者が海外メディアのカローラ クロスへの評価記事に目を通してみると、なかには「顔つきは某愛玩犬に似ていて可愛い」というリポートがあった。その記述に目を通してから、改めてグローバルモデル(日本以外ということ)の顔つきを見ると、日本で表現するところの「カワイイ!」とまではいかないが、筆者の頭にも、ある愛玩犬の顔がイメージできた。 海外においてクロスオーバーSUVの人気が高いのはみなさんもご承知のとおり。筆者が海外で女性に聞いた限りでは、SUVで気に入っているところは、ドライビングポジションが高いことにより、見下ろすような姿勢で運転できること、またアグレッシブデザインのモデルが多いことにも注目していると語ってくれた。 日本で“女性向け”といえば、とにかくボディサイズが小さくて、内外装を可愛く作り上げたものとなりがちだが、海外では逆にカテゴリーにこだわらずに、アグレッシブなキャラクターを持つモデルが好まれると聞いたことがあるので(ボディサイズもある程度大きいほうがいいという女性もいる)、メディアに“可愛い”と批評されるのは、ある意味“皮肉”のようにも聞こえ、メーカーとしては心中穏やかではなかったのかもしれない。そのため、たまたま日本仕様が登場するタイミングで、新しい顔つきとなったのかもしれない。 そのため、この顔つきも、市場の縮小傾向に歯止めのきかない日本のためだけにわざわざ専用フェイスを与えるべくコストをかけるというのはあまり考えられない。 今後登場予定の中国市場ではカローラの生産は合弁会社のひとつ一汽豊田(FAWトヨタ)で生産されるので、グローバルフェイスのカローラ クロスは一汽豊田で生産され、日本仕様の顔つきのモデルはもうひとつの合弁会社である広汽豊田(GACトヨタ)で、カローラ  クロスの兄弟車として生産されるかもしれない。現にカローラセダンでは、日本仕様のナローボディではなくグローバルボディとなるが、一汽豊田でカローラが生産され、広汽豊田では兄弟車のレビンが生産されている。 筆者は30数年間カローラセダンに乗り継いできている。カローラツーリングやスポーツを認めないことから、“カローラ原理主義者”とも呼ばれているが、あえて筆者が世界各地でデビューしているカローラ クロスのなかで購入してもいいかなと思ったのは北米仕様である。その理由は以下のとおり。 まずは、これはアメリカだけではないが、エクステリアがグローバルデザインであること。いまだに世界各地で販売されている世界戦略車となるカローラではあるが、先代の国内仕様はヴィッツベースということで、車名以外はグローバルモデルとはなんら共通点はなく、カローラフリークの筆者としてはまさに“暗黒の時代”と呼んでいい日々を送っていた。 日本の現行モデルのセダンは、ぱっと見はグローバルセダンと共通にも見えるが、全長及びホイールベースが短く、全幅の狭い“ナローボディ”となっていた。ただ、見た目が基本的に同じであり、インパネまわりも共通デザインとなり、質感が先代モデルより大幅にアップしたことで総体的な満足感は高い。それなのに、日本仕様のカローラ クロスのフロントフェイスは専用デザイン(いまのところ)。「なぜ、グローバルモデルと共通ではないのだ」と思わず叫んでしまった(やっぱり“可愛い”といわれたからなのだろうか)。

インテリアにも違いがある

 アメリカ仕様で魅力的なふたつ目のトピックは搭載エンジン。日本ではガソリンエンジンとハイブリッドが同時発売となったが、アメリカではハイブリッドは2023年モデルから追加ラインアップされる予定となっている。そして、アメリカ仕様で搭載されるガソリンエンジンは、2リッター直4ダイナミックフォースとなるのである。タイなどその他地域の仕様で搭載されるガソリンエンジンは1.8リッターとなり、アメリカの2リッター直4から見れば旧世代のエンジンとなる。 日本仕様も1.8リッター直4となるが、日本仕様はバルブマチック仕様となっている。アメリカ仕様の2リッターエンジンは、日本国内でもツーリングの特別仕様車に搭載実績があるが、1.8リッターより200㏄排気量が多いのに、1.8リッターより燃費性能が良いのである。筆者はマイナーチェンジでこの2リッターエンジンへの換装を強く熱望しているが、よくてもツーリングに追加設定されるぐらいになるだろうと、セダンへの搭載は諦めている。 3つ目は内装色。日本仕様はブラックしかないのだが、アメリカ仕様にはダッシュボードの下半分、ドア内張の一部(かなり面積大きい)、ブラックのほかに、シートの一部がアイボリーホワイトのようなインテリアカラーになる内装色を選ぶことができるのだ(中国でも同様)。日本仕様のカローラセダンで同様の設定があれば、筆者は間違いなく選んでいただろう。日本仕様のカローラでも“W×B”で似たようなカラーリングの内装が選べるが、ダッシュボードが黒一色になるなど、ブラックの内装色部分が多くなっている。カローラシリーズは代々複数のインテリアカラーから選択できるようになっていたが、現行モデルからはW×B以外はブラック以外選択できなくなっており、それが筆者のなかでは数少ない残念ポイントのひとつとなっている。 これは“カローラオタク”であると同時に、アメリカ車及びアメリカ仕様車オタクでもある筆者だけのポイントにもなるのだが、リヤコンビランプのウインカーがLED式で赤く点滅するタイプになっていること。しかも、ブレーキランプと共用となっているようなのである。アメリカでは、アメリカンブランドのみならず、ドイツなど欧州勢、韓国勢などなど、赤く点滅または減光するウインカーを採用するモデルが圧倒的に多い。トヨタ車は日本同様にオレンジタイプが多いのだが、最近は赤く光るウインカーも増えている。そのため、アメリカンブランド車はじめ、アメリカ仕様のモデルが大好きな筆者は赤いウインカーの採用に、よその国のこととはいえ舞い上がってしまった。なお、日本では赤いウインカーは大昔の旧車以外では違法となる。 日本仕様のオーディオでは、ガソリン車でシリーズ最廉価のG“X”が2スピーカーで、残りのグレードは4スピーカーが標準となる。先々代のカローラ アクシオでは6スピーカー仕様があったのに、先代では6スピーカーの設定がなかった。「カローラユーザーには6個もスピーカーはいらない」と言われたようでユーザーとしてはショックを受けたのだが、現行モデルで6スピーカーが復活して大感激した。アメリカ仕様のカローラクロスでは廉価グレードのLが6スピーカーのみとなり、中間グレードのLEと最上級のXLEは標準が6スピーカーでオプションにて9スピーカーのJBLシステムが選択可能となっている。 しかも、すべてのオーディオシステムでは、Appleカープレイ&アンドロイドオーディオに対応しているだけでなく、3カ月間サテライト(衛星)ラジオのお試し無料聞き放題が可能となっている。砂漠を走っていると、本当にひとつもラジオ局を受信できないことがある。そんな時にサテライトラジオは強い味方となる。チャンネル数は無限といっても過言ではないほどあり、サテライトラジオ付きのレンタカーを借りた時は、1970年代、1980年代、1990年代の各専門放送チャンネルをプリセットして聞いている。 日本のカローラシリーズ(セダン、ツーリング、スポーツ)では圧倒的にハイブリッドが選ばれるが、アメリカはまだまだガソリンエンジンが主役。そう考えれば2リッター新世代エンジンの搭載は市場の特性を考えての判断ともいえるが、非常に羨ましいことである。 アメリカでも“C-HRとRAV4の間”という認識となっているようである。ライバルはマツダCX-30やジープコンパスの名前が挙がっていたので、日本でいうところのヤリス クロスあたりの存在感となっているようである。ちなみにカローラセダンはヤリスにセダンがあれば、そのような位置付けになっている。※2021年9月28日追記 本稿執筆後、中国でのトヨタの現地合弁会社のひとつ広汽豊田(GACトヨタ)において、日本仕様のカローラ クロスが、中国でのもうひとつの合弁会社である一汽豊田(FAWトヨタ)で生産予定となっている、グローバルフェイスのカローラクロスの兄弟車“鋒蘭達(フロントランダー)”として生産され、11月に開催される広州モーターショーでデビュー予定との情報をつかんだ。

  • トヨタ・カローラ クロスのデザインが国内仕様と海外仕様で異なる理由
  • トヨタ・カローラ クロスのデザインが国内仕様と海外仕様で異なる理由
  • トヨタ・カローラ クロスのデザインが国内仕様と海外仕様で異なる理由
  • トヨタ・カローラ クロスのデザインが国内仕様と海外仕様で異なる理由
  • トヨタ・カローラ クロスのデザインが国内仕様と海外仕様で異なる理由
  • トヨタ・カローラ クロスのデザインが国内仕様と海外仕様で異なる理由
  • トヨタ・カローラ クロスのデザインが国内仕様と海外仕様で異なる理由
  • トヨタ・カローラ クロスのデザインが国内仕様と海外仕様で異なる理由
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ