オフロードレース「 BAJA 400(バハ400)」において、トーヨータイヤがサポートしたチームが総合優勝!

業界 WEB CARTOP

この記事をまとめると

■トーヨータイヤを使用する選手が「BAJA 400」で優勝■「BAJA 400」は、世界でもっとも過酷なレースと言われている■「OPEN COUNTRY」は米国で圧倒的な人気を誇っている

トーヨータイヤの技術力がレースで抜群の性能と信頼を発揮!

 レース用タイヤから街乗り用のエコタイヤまでさまざまなタイヤを展開するトーヨータイヤ。 2021年の9月14日(火)から9月19日(日)の6日間、メキシコで開催されたオフロードレース「第2回 SCORE BAJA 400(バハ400)」において、トーヨータイヤがサポートする、Bryce Menzies(ブライス・メンジス)選手チームが総合優勝、Jason McNeil(ジェイソン・マクネール)選手がTrophy Truck Spec部門でクラス優勝を果たした。 BAJA 400は、2019年、SCOREインターナショナルが「SCORE World Desert Championship」(全4戦)の第3戦として新設した全行程400マイル(約644km)のレース。 起伏に富んだ砂漠地帯や岩場の多い山岳地帯をノンストップで走る、世界でもっとも過酷なオフロードレースのひとつと言われている超過酷な環境だ。その厳しい環境を走り抜くうえで、トーヨータイヤ「OPEN COUNTRY M/T-R」が優れた耐久性とパフォーマンスを発揮した結果となった。

世界中で愛されている確かな性能が優勝を確かなものにした

 Bryce Menzies選手は、エラーもペナルティもなく8時間26分59秒のタイムで完走し、BAJA 400総合優勝を果たした。2021年SCOREシリーズ初戦「SCORE San Felipe 250」に次いで、本年2度目の総合優勝という点にも注目したい。 なお、今回のレースで使用したタイヤは同社のオフロードタイヤ「OPEN COUNTRY M/T-R」だ。 トーヨータイヤが展開する「OPEN COUNTRY」は、世界でもっとも過酷なオフロードレースといわれる「SCORE World Desert Championship」をはじめ、国際的に認められたレースなどに継続的に参戦、制覇してきた実力と実績を蓄積しつつ、ピックアップトラック/SUV/CUV用タイヤに求められる耐久性能や耐外傷性を高い次元で磨いてきたシリーズ。高い基本性能にアグレッシブなパターンデザインを両立させたもので、とくに大型SUV車両の普及が抜きん出て高い米国で高く評価、支持されているタイヤブランドとなっているのが注目ポイント。 こうした実績を獲得しているトーヨータイヤの「OPEN COUNTRY」シリーズ。オフロード系のタイヤを探しているユーザーへオススメしたい1本だ。

  • 「 BAJA 400(バハ400)」にて優勝
  • 「 BAJA 400(バハ400)」にて優勝
  • 「 BAJA 400(バハ400)」にて優勝
  • 「 BAJA 400(バハ400)」にて優勝
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ