これで純正かよ! スパルタン車の証「バーフェン」に虜にされたクルマ9選

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

◼︎オーバーフェンダー装着車はエンジンも過激な傾向にある◼︎通常モデルとは別の特別なモデルに多く装着される◼︎多くはスパルタンモデルであるが故にファンも多い

戦うために生まれてきたオーバーフェンダー装着車を振り返る

 スポーティなスタイリングコンセプトとして「ワイド&ロー」といった言葉を使うことも多い。クルマにおいてワイドであることは高いパフォーマンスを想像させる普遍的価値だ。 太いタイヤを収めるため、純正ボディにオーバーフェンダーを備えた1960年代からのレーシングスタイルが、そうしたイメージにもつながっているのだろう。 ただし、ワイドボディ=オーバーフェンダーというわけではない。1990年代以降は、後付け感のないブリスターフェンダーが、特別感のあるワイドボディをつくる定番手法となっていった。 というわけで、ここではオーバーフェンダー、ブリスターフェンダーを取り混ぜ、記憶に残るワイドボディのスポーツモデルを総勢10台ピックアップしてみた。あなたは何台、覚えているだろうか。

1)メルセデス・ベンツ500E/E500

 日本で非常に人気を得たワイドボディの特別なモデルといえば、非常に印象深いのが、1991年に誕生したメルセデス・ベンツ500E/E500だろう。 ブリスターフェンダーによって広げられたボディ幅は1795mm、標準ボディが1740mmなので、数値的にはさほどワイドになっているわけではないが、そのオーラは独特。フロントベイを拡大して、そこにオープン2シーターSL500由来の5リッター V8エンジンを載せているが、そうしたチューニングをポルシェが担当したということも伝説となっている。

2)ポルシェ911ターボ(930)

 スーパーカーブームの主役級モデルのひとつが1975年に登場したポルシェ911ターボ。930ターボの名前のほうが印象深いかもしれないが、前期型では3リッター水平対向6気筒エンジンにKKK製ターボチャージャーを装着して、260馬力を発生。 そのパワーアップに合わせてワイド化した駆動輪を収めるべく、リヤにブリスターフェンダーが備わり、ボディ幅を120mmも拡大した。巨大なリヤスポイラーもインパクト大だ。なお、1978年モデル以降は3.3リッターへ排気量が増え、最高出力も300馬力に達している。この後期型ではタルガトップやカブリオレなどバリエーションも増えた。

3)ランチア・デルタHFインテグラーレ

 1980年代後半から市販車をベースとしたグループA規格で競われたWRC(世界ラリー選手権)において、主役となったのがランチア・デルタHFインテグラーレだ。日本でも絶大な人気を誇り、WRC参戦を終えた後も日本市場向けに進化を続けたというエピソードもあるほどだ。 そのためHFインテグラーレがデルタのスタンダードと思っている人も多いかもしれないが、そもそも1979年に誕生したランチア・デルタは全長3890mm、全幅1620mmのボディに1.3~1.6リッターエンジンを積むコンパクトハッチだった。WRCで勝つために2リッターターボを積み、4WDの駆動系を与えたのがHFインテグラーレ。レギュレーションに合わせてワイドなタイヤを履くためにブリスターフェンダーが与えられたが、じつは初期のインテグラーレは全幅が1700mm足らずだったことは意外かもしれない。

国産車にも魅力的なオーバーフェンダー装着の戦闘機が多数存在

4)日産スカイラインGT-R(KPGC10)

 日本車でオーバーフェンダーのイメージが強いクルマといえば、日産スカイラインGT-Rではないだろうか。初代スカイラインGT-RのベースとなったのはC10系スカイラインで、そのリヤフェンダーには「サーフィンライン」と呼ばれる個性的なキャラクターラインがあった。 レーシングシーンを考慮して、アイデンティティともいえるキャラクターラインをカットしたのがGT-Rだった。さらに進化した2ドアバージョン(KPGC10)では、そのリヤフェンダーにオーバーフェンダーが与えられスパルタンなムードを強めた。

5)トヨタ・カローラレビン(TE27)

 トヨタのファミリーカー「カローラ」のホットモデルといえば「レビン」だ。その初代モデルが誕生したのが1972年、この当時からTE27の型式で親しまれたのは現在の86についながるルーツといったところだろうか。 エンジンは1.6リッターDOHCの2T-Gが搭載され、タイヤは当時としては太めの175幅。そして前後に装着されたオーバーフェンダーが、レビンを特別なモデルたらしめ、その後の発展につながったともいえる。なお、兄弟モデルとなるスプリンター・トレノも当時から用意されていた。

6)日産スカイラインGT-R(BNR32)

 第二世代GT-Rのスタートを飾ったのが1989年に生まれたスカイラインGT-R(BNR32)だ。グループAレギュレーションに最適化された排気量を持つRB26DETTとアテーサE-TS(トルクスプリット4WD)を組み合わせたパワートレインは、まさに最強といえるもの。 標準のスカイラインは5ナンバーボディであったが、GT-Rは225幅のタイヤを収めるためにブリスターフェンダーが与えられ、全幅1755mmの3ナンバーボディとなった。

7)スバル・インプレッサ22B STiバージョン

 1990年代後半、WRCにおいて圧倒的なパフォーマンスを示したのがスバル・インプレッサだった。その3連覇を記念して1998年に400台限定で作られたのが、インプレッサ22B STiバージョンである。 WRCマシンのシルエットを再現したブリスターフェンダーにより全幅は1770mmまで広げられ、235/40R17サイズのタイヤが収められた。ゴールド塗装のBBS製鍛造アルミホイールはインプレッサ・オーナーの憧れとなった。サスペンションはWRカー同様に専用チューンのビルシュタイン製ダンパーとアイバッハ製スプリングを採用するなどシャシーも鍛えていたが、なにより2212ccまで排気量アップされた専用エンジンを搭載したことが、このマシンを特別な存在として高めている。

8)三菱パジェロエボリューション

 パリダカ・ラリーで勝つために生み出されたホモロゲーション仕様が、この三菱パジェロエボリューションだ。ショートボディをベースに専用チューニングを施した3.5リッターV6エンジンを搭載。 冷却のためにアルミ製エンジンフードには大きなインテークも設けられた。オーバーフェンダーは空力性能も意識したデザインで、全幅は1875mmに達する。当時としては驚くほどのワイドボディ化だった。

9)スズキ・スイフトスポーツ(HT81)

 スズキが2000年にニューモデルとして生み出した「スイフト」は、それまでのカルタスが担っていたポジションを受け継ぐ1.3リッターのコンパクトカー。そのスポーティバージョンとして2004年に誕生したスイフト スポーツは専用に3ドアボディとなり、オーバーフェンダーにより全幅は1650mmへと広げられた。 その後付け感はチューニングカーの風情を持つ。エンジンは高圧縮比仕様の1.5リッターエンジンで、トランスミッションは5速MTだけというスパルタンな設定だった。

  • 1D8A6751
  • 210213_webcartop_500e_001
  • b-Walter-Payton-930-Turbo-6
  • LD14
  • LD03
  • era
  • DSC0199-680×453-1
  • TE27_1
  • 94R32Rr
  • 998303c210e3bb33ca62f8e79fbd84c9
  • im0000001965
  • 22Bf 1
  • 22br
  • bnr32
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ