わざわざ表記する謎! 「ワンオーナー」が中古市場で有り難がられるワケ

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■中古車にはワンオーナー車という表記がなされているものがあり重宝される■だがワンオーナーだからといって程度のいいクルマとは限らない■指標のひとつとして見て実際の個体を判断する目が重要

ワンオーナーだからいいとは限らない

 中古車のスペックを見ていると出てくるのが、ワンオーナーという表記。意味としては、文字どおり、新車を購入した人がそのまま乗り続けていたということで、歴代のオーナーはひとりしかいないということになる。響きとしても素敵な表示で、そのぶん、価格も高かったりするのだが、実際にこだわるべきものなのだろうか? まず大前提としては、ワンオーナーのメリットはなにかを考えてみると、意外にパッと思いつくものはない。要は歴代オーナーが「ひとり=程度がいい」とは限らないからだ。先代オーナーが雑に扱っている可能性も大いにあったりするし、もちろんその逆もある。結局、中古車は一物一価、実際の程度を見て、確認して判断するのがいい。 ただ、新車で販売して、メンテなども同じところで行っていて、さらに手放すときにそこで買い取ったという場合はワンオーナーというのはかなり有利になる。いわゆる素性の知れた個体だ。同じようでも、最後に買い取り専門店に流れてしまえば、素性はよくわかなくなってしまう。また最近のクルマであれば、不具合も出にくいので、クリーニングしたり、メンテをすればワンオーナーでも複数オーナーでも問題はなくなるのも事実だ。

旧車にはツーオーナー表記のものも!

 そのなかで、ネオヒストリックも含めた、旧車ではワンオーナーは珍重される。旧車の場合、何人もオーナーがいるのは当たり前だが、その間に改造が何度もされたり、よく言うクセが付いてしまったりすることもある。そうなると素性すらよくわからなくなってしまう。ワンオーナーであれば、それほどのダメージは受けていないし、ひとりのオーナーが何十年もの間、新車から現在に至るまで、乗り続けてきたというのは、手入れが行き届き、愛着があったからこそ。この点はワンオーナーの大きなメリットだろう。それゆえ、旧車界ではツーオーナーという表記もある。 ただ、気をつけたいのは、ワンオーナーだからといって、ずっと乗り続けられ、使い続けられてきたとは限らないということ。放置車両でも名義が変わらなければ、ワンオーナーなので、この点は気をつけたい。しっかりとしたものを買えれば、自分でツーオーナー目となるわけで貴重ではある。ワンオーナー車は作ろうと思って作れるものではないだけに、見つけたら一考の価値ありだろう。ただし、参考程度にして、むやみに価値を見出してはダメということは覚えておいてほしい。

  • 中古車のワンオーナーがもつ意味
  • 中古車のワンオーナーがもつ意味
  • 中古車のワンオーナーがもつ意味
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ