大注目SUVが12月中旬についに登場! 三菱新型アウトランダーPHEVの画像を公開

業界 WEB CARTOP

この記事をまとめると

◼︎三菱は新型アウトランダーを2021年12月中に投入予定◼︎新たなコンセプトを「BOLD STRIDE」とし、堂々としたスタイリングを実現◼︎インテリアデザインが米国で高い評価を受けている

新たなコンセプトは「BOLD STRIDE(ボールド・ストライド)」

 プラグインハイブリッドを搭載する三菱のフラッグシップSUVとして愛されてきた「アウトランダー」が2021年12月に新モデルの販売を予定している。 そんな注目の新型アウトランダーPHEVの画像が先日公開された。 今回の新型アウトランダーの掲げる新たなコンセプトは「BOLD STRIDE(ボールド・ストライド)」。堂々とした存在感のある佇まい、大地を踏みしめる力強さ、新しい一歩を踏み出す頼もしさを全身で表現しているとのことだ。 エクステリアでは、三菱の顔ともされる力強さを表現したフロントマスク「DYNAMIC SHIELD(ダイナミック・シールド)」を新世代化させ、存在感のあるフロントデザインとなっている。 また、フロントからリヤエンドまで厚みのある水平基調のプロポーションとし、張りとエッジをバランスよく融合させた重厚感あるボディを表現。足元は20インチの大径ホイールで仕立てており、それを包み込む筋肉質なフェンダーフレアを採用している。 リヤは塊から削り出したような六角形の形状をもつテールゲート、水平基調でボディの左右両端まで広がるテールランプなどにより、ワイドで安定感のあるスタイリングを実現する。 ボディカラーは、硬質で高輝度かつ鮮明なダイヤモンドカラーシリーズとして、ホワイトダイヤモンド、レッドダイヤモンド、そして新型で新たに追加するブラックダイヤモンドの3色を中心に全10色の設定だ。

インテリアはベストインテリアを受賞するほどの仕上がり

 インテリアは上質な空間へと進化。走行時の車体姿勢の変化をつかみやすい水平基調のインストルメントパネルでは、芯が通った力強さと開放感を表現。 フロアコンソールは幅広で存在感があって高級感のあるデザインとし、ドアトリムには触感がよく質感の高いソフトパッドを広範囲に採用。多くのパッドにステッチをあしらい、上質感にもこだわっているのがポイントだ。 モニターやメーターは視認性にこだわり、またセレクター、ダイヤル、スイッチ類は操作時の節度感にこだわっており、視覚だけでなく触覚にも訴える品質の高さを実現している。 なお、米国のメディアであるWardsAutoが選出する「2021ワーズ10ベストインテリア」に、三菱自動車として初めて新型アウトランダーのガソリンエンジンモデルが選ばれているという自慢のインテリアでもある。 販売が今から楽しみな1台だ。

  • 新型アウトランダーPHEV
  • 新型アウトランダーPHEV
  • 新型アウトランダーPHEV
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ