交通事故での死者ゼロを目指してミリ波レーダーを追加! 全方位センシングに進化した「ホンダ センシング 360」を発表

業界 WEB CARTOP

この記事をまとめると

■ホンダが全方位安全運転支援システム「ホンダ センシング 360」を発表■単眼カメラに加え、フロントと各コーナーに計5台のミリ波レーダーを新たに装備■2022年中国での発売を皮切りにグローバルで順次適用を拡大予定

ホンダの安全運転支援システムが全方位センシングに進化

 いまや新車として販売される多くの車両には、何かしらの安全運転支援システムが装備されている。 ホンダも、道を使う誰もが事故に遭わない社会の実現を目指してハード・ソフトの両面で安全技術の研究開発に取り組んでおり、2014年には安全運転支援システムの「ホンダ センシング」を実用化している。そして今回発表されたのが、そんな「ホンダ センシング」をさらに進化させた「ホンダ センシング 360」だ。「ホンダ センシング 360」は、現行の「ホンダ センシング」の単眼カメラに加え、フロントと各コーナーに計5台のミリ波レーダーを新たに装備することで360度センシングを実現。 これにより、従来の運転では目視での確認が難しかった車両周辺の死角をカバーし、他の車両や歩行者との衝突回避や運転に伴うドライバーの負荷の軽減をサポートしてくれる。また、開発においては、自動運転レベル3技術の研究開発で培われた知見やノウハウが生かされたという。

2030年までに先進国で発売する全モデルへ展開予定

 センシング範囲が全方位になっただけでなく、「ホンダ センシング 360」では衝突軽減ブレーキも進化した。一般道の交差点などで、右左折をする際に車両や歩行者を検知し、接触の危険性がある場合は、衝突軽減ブレーキが作動。検知範囲を前方から全方位に広げることで、交差点の出合い頭における衝突回避・被害軽減を支援してくれる。 その他にも、一般道の交差点などで低速走行をしているとき、または停車状態から発進をする際に、左右前方から接近する交差車両の情報をドライバーへ通知する前方交差車両警報や、車線変更をする際、後方から接近する隣車線の車両との衝突回避を支援する車線変更時衝突抑制機能などを装備する。 高速道路や自動車専用道路でも「ホンダ センシング 360」は心強い。渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線維持支援システムが作動中に一定の条件を満たした状態でドライバーがウインカー操作をすると、システムが車線変更に伴うハンドル操作を支援する車線変更支援機能や、ACC作動時に適切に車速調整をしてカーブでの走行を支援するカーブ車速調整機能などが、ドライバーを支援してくれる。「ホンダ センシング 360」の適用は、2022年に中国で発売する四輪車から開始し、2030年までに先進国で発売する全モデルへ展開することを目指している。 事故に遭わない社会の実現は確実に近づいているようだ。

  • 「ホンダ センシング 360」
  • 「ホンダ センシング 360」
  • 「ホンダ センシング 360」
  • 「ホンダ センシング 360」
  • 「ホンダ センシング 360」
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ