中国初のホンダブランドEVはe:Nシリーズ! 「e:NS1」や「e:NP1」などを公開して中国での電動化戦略を発表

業界 WEB CARTOP

この記事をまとめると

■ホンダが「中国電動化戦略発表会」をオンラインで開催■電気自動車(EV)の市販予定モデル2車種とコンセプトモデル3車種を世界初公開■交通事故死者ゼロに向けた中国での取り組みとして「ホンダ センシング 360」を発表

中国で発表された次世代EV「e:Nシリーズ」

「人や社会の役に立ちたい」という想いを原点に、多彩なモビリティを通じて「生活の可能性が拡がる喜び」の提供に取り組んでいるホンダ。持続可能な社会の実現に向け、環境と安全には徹底したこだわりを見せており、今年4月には、中国を含む先進国でのEV・FCV販売比率を「2030年に40%、2035年に80%、2040年に100%」とする電動化目標を発表している。 そんなホンダが、「中国電動化戦略発表会」をオンラインで開催。中国における環境と安全の新たな取り組みを発表するとともに、電気自動車(EV)の市販予定モデル2車種とコンセプトモデル3車種を世界初公開した。 カーボンニュートラル実現に向けた中国での取り組みとしてホンダは、2030年以降、中国で新たに投入する四輪車はすべてハイブリッド車やEVなどの電動車とすることを発表。そして、中国初のホンダブランドEVとして、EVならではの新たなドライビングプレジャーを実現する「e:N」シリーズの投入と、2022年春に発売する「e:NS1」と「e:NP1」、そして3台のコンセプトモデルを公開した。 e:Nシリーズは、これまでホンダが培った独自技術を次世代のドライビングプレジャーへと昇華させ、新価値を具現化する「動」・「智」・「美」というシリーズコンセプトで開発される。「動」は、e:Nシリーズ専用の「e:N アーキテクチャー」を通じてホンダらしい人車一体感やスポーティで爽快な走りの実現を意味し、「智」は、先進のホンダ センシングやホンダ コネクトなどの総合システム「e:N OS」を通じて安全・快適でスマートな移動空間の提供を表現。そして「美」は、EVならではのデザインアイデンティティ「e:N Design」により、見ただけ・触れただけで未来を感じることができる「一触未来」という世界観の提供を目指す。 今回公開された「e:NS1」と「e:NP1」は、シリーズコンセプトに基づき、ホンダならではのスポーティで爽快な走りや、安全・快適でスマートな移動空間、シンプルでシャープなスタイリングを実現した新型EV。それぞれ東風Hondaと広汽Hondaより2022年春に発売される。

5年以内にGT・クーペ・SUVの3モデルの市販化を目指す

 また、e:Nシリーズのラインアップ拡充に向けて、3つのコンセプトモデル「e:N COUPE Concept」「e:N SUV Concept」「e:N GT Concept」が開発されており、今後5年以内の発売を目指していることも明かされた。 ホンダは、中国で今後続々と投入するe:Nシリーズを着実に送り出すために、商品のみならず販売から生産、バッテリー供給体制まで総合的に電動化への取り組みを加速させる。 販売面では、e:NS1とe:NP1の発売にあわせて、中国にある約1200のホンダ販売店にe:Nシリーズコーナーを設け、さらに主要都市では、e:Nシリーズの販売に特化したe:N専売店の展開を予定。また、e:Nシリーズ体験イベントを各地で展開するなど、e:Nシリーズの提供価値をじっくり体験いただける場を創出する。 生産面では、2024年の稼働開始を目指し、広汽ホンダと東風ホンダのそれぞれで、高効率で環境に優しいEV工場を新たに建設して生産体制の強化を進める。 また、電動化をスピーディーに実行していくうえでの鍵となるバッテリーについても、戦略パートナーであるCATLとの協業を加速し、高い競争力をもつバッテリーの供給体制を一層強化していく。 中国で開発・生産するe:Nシリーズは、他地域への輸出も予定しており、ホンダはより多くのカスタマーへその価値を届ける予定だ。 その他にも、交通事故死者ゼロに向けた中国での取り組みとして「ホンダ センシング 360」を発表。2022年に中国で発売される新車から適用を開始し、順次グローバルへ展開していき、2030年までに先進国の四輪車全ラインアップへの適用を目指す。 中国でのホンダの取り組みと動向に今後も目が離せない。

  • c211013b_005H
  • c211013b_003H
  • c211013b_006H
  • c211013b_002H
  • c211013b_004H
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ