多くのクルマの「純正フォグランプ」が暗い問題! 勘違い多数の「そもそもの役目」と明るくする方法

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■純正LEDフォグランプの明るさが十分でないと感じている人が多い■フォグランプはあくまでヘッドライトが照らしづらいところを補助するもの■フォグランプを明るさを増したい場合はいくつか方法がある

フォグランプは車体に近いところを左右に広く照らす

 最近、純正でLEDのフォグランプを採用しているクルマが増えてきている。ところがこの純正LEDフォグランプが思ったより明るくない、あるいは暗いと感じている人が多いようだ。 国産車の場合、純正LEDフォグランプにもけっこう品質のいいLEDを採用しているので、性能的には悪いものではないはずなのだが、明るさに物足りなくなる理由はどこにあるのか? ひとつには、フォグランプの役割への理解不足があるのかもしれない。 ホンダのホームページに「ライト類の使い方を知ろう」として、次のように書かれている。 ● フォグライトって何?『フォグライトとは、前部霧灯と呼ばれるもので、霧が出た時に使用することを前提としたライトのことです。 霧などの微小な浮遊水滴を反射しないようにするため、焦点を定めずに照らすようになっているものです』● フォグライトはいつ点けるの?『フォグライトは、基本的に霧など悪天候で前方や路肩が見えづらい時に点灯します。 フォグライトは遠くを照らすのではなく、クルマに近いところを左右に広く照らす特性をもっています』 ここに書かれているように、フォグランプはあくまでヘッドライトが照らしづらいところを補助するライトで、遠くを照らすものではなく、車体に近いところを左右に広く照らすように作られている。

同一車種のハロゲンに交換するという手も!

 したがって、暗くなったときに、ポジションランプとフォグランプだけで走ろうとしても明るさが足りないと思うのは当たり前のことなのだ(日没後、ヘッドライトを点灯しないのは違法になる)。 付け加えておくと、ヘッドライトは、夜間にハイビームで前方100m先の交通上の障害物を確認できる性能、ロービームでも前方40m先の交通上の障害物を確認できる性能を有することが保安基準で定められているが、フォグランプは「他の交通を妨げないもの」というのが条件で、照射範囲の規則はない。 というわけで、フォグランプに対し、遠方への照射が少なく、暗く感じるというのは仕方がないことなのだが、その役割を知った上で、手前の左右をもっと明るく照らしたいという場合は、フォグランプをユニットごと交換するという方法がある。 純正LEDフォグランプは、レンズ、リフレクター、LEDが一体式になっているのが標準なので、バルブだけ交換することはできない。 そこでフォグランプの光量を増やすには、ユニットごとの交換が必要になる。同一車種で、フォグランプがLEDではなくハロゲンランプのグレードがあれば、その純正のハロゲンフォグランプASSYに交換してしまうのが手っ取り早い。 さらにもうひと手間かけるなら、ハロゲンフォグランプASSYに交換したあと、バルブだけ社外のより光量のあるLEDバルブに交換するというウラ技も! ただ雪国の場合、LEDランプだと発熱量が少なく、レンズに着いた雪が溶けないという欠点もあるので、雪国での使用を考えるのなら、ハロゲンのフォグランプのほうが重宝するだろう。

  • クルマの純正フォグランプはなぜ暗いのか
  • クルマの純正フォグランプはなぜ暗いのか
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ