時代に合わせて「脱皮」したつもりが残念な結果に! イメチェンしすぎて売れなくなった悲運のクルマ4選

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

◼︎メーカーを盛り上げた1台もモデルチェンジで失敗してしまった例を紹介◼︎失敗どころかそれにより生産を終えた車種も◼︎日本ではイマイチとなっても世界ではヒットしてる場合もある

革新が良かれと思いきやそれが大誤算だった!

 多くの自動車メーカーは4~8年程度でフルモデルチェンジを実施する。それは基本的には商品力を上げるためだ。商品力というのは単純に性能面だけでなく、内外装を新たにすることで新鮮味を持たせることも重要だ。それを「新車効果」と呼んだりする。 ただしリフレッシュに力を入れすぎて、イメージを大きく変えてしまうこともしばしばだ。そして、あまりにイメージが違ってしまったゆえに、ファンからそっぽを向かれてしまうと最悪のケースでは、その車名が消えてしまうこともあったりする。 ここでは、スタイリングやコンセプトを変えすぎたために伝統の名前を終わらせてしまった悲運のモデルを国産車から4台ピックアップして紹介しよう。

1)トヨタ・セリカ(2006年 販売終了)

「セリカ」といえば、時おり復活を求める声が大きくなる、トヨタ伝統のスポーティクーペの名前だ。現時点で、その最終モデルとなっているのは1999年にフルモデルチェンジした7代目である。その直前まで三世代続けて2.0リッターターボのGT-FOURをラインアップ、WRCで活躍したセリカだったが、この7代目ではFFのカジュアルなクーペへとコンセプトを変えた。 設計段階から4WDを考慮しないと決めることで60kg以上の軽量化を実現したのは走りにおいてメリットとなったが、ターボエンジンがなくなり、1.8リッターのNAエンジンだけの設定となったことはファンを落胆させるには十分だったのかもしれない。 とはいえ、スポーティグレードに搭載されたのは可変バルブリフト機構を備える「2ZZ-GE」で、NAながら190馬力を発生。後にロータス・エリーゼに載せられるほどポテンシャルの高いエンジンではあったが、GT-FOURのイメージが強すぎたのか、当時はそれほど評価されなかった。そんなこともあってか、2006年にこの7代目をもってセリカという名前に幕を閉じることになった。

伝説的な名車もモデルチェンジでまさかの失敗

2)日産プリメーラ(2005年 販売終了)

 プリメーラといえば、日産が1990年代に世界一のハンドリング性能を実現するという目標を掲げた「901運動」から生まれたFFモデルとして知られている2リッター級のセダンだ。2代目へのフルモデルチェンジにはワゴンの追加はあったものの、完全にキープコンセプトで、プリメーラは硬派なスポーツセダンというイメージを強くした。初代・2代目とモータースポーツで活躍したことも、そのイメージアップに貢献していたことは間違いない。 そんなプリメーラだったが、2001年にフルモデルチェンジした3代目プリメーラ(P12)では大きくイメージを変えてきた。気持ちのいいエンジンやシャープなハンドリングを生み出すメカニズムの基本コンセプトは不変だったが、スタイリッシュ方向に変身したスタイリングは、それまでのファンからは「プリメーラらしくない」と批判されることも少なくなかった。 さらにセダンやステーションワゴンへのニーズがどんどん縮小していくなかで、2005年には販売終了となってしまった。その理由のほとんどはスタイリングにあったというのが定説だ。もっとも、そのスタイリングはグッドデザイン賞金賞やレッド・ドット賞を受賞するなど玄人筋からの評価は高かったのだが……。

3)スズキ・セルボ(2009年 販売終了)

 スズキの軽自動車におけるスペシャリティな名前が「セルボ」だ。初代はフロンテクーペの550ccバージョン、2代目はアルトに対するスタイリッシュなクーペスタイルという位置づけで、1990年に生まれた3代目はスズキ初の軽自動車用4気筒DOHCエンジンを積み「セルボ・モード」と名前をゴージャスに進化させた。 そのセルボ・モードは1998年にいったん生産終了となったが、2006年に三度「セルボ」という名前のモデルが誕生した。 切れ長のヘッドライト、凝ったキャラクターラインを持つスタイリングはセルボの伝統にふさわしいスペシャリティテイストで、最上級グレードには燃費性能にも優れた3気筒の直噴ターボエンジンを積むなど、やはりセルボという名前に負けないメカニズムを持っていたが、それでもセルボ・モードが4気筒だったことを考えると物足りない印象はあった。 太いマフラーカッターなどセルボ・モードを感じさせるディテールを採用するなど古くからのファンにアピールする部分もあったが、やはり4気筒でなくなったこと、またMTの設定がなかったことが足を引っ張ってしまい、わずか3年でそのモデルライフを終えてしまった。 そのトラウマなのだろうか、以来セルボという名前は復活していない。

4)ホンダ・オデッセイ(2021年販売終了の噂)

 日本にミニバン・ムーブメントを起こしたルーツであり、記念碑的モデルといえるのが1994年に誕生した初代オデッセイであることに異論はないだろう。FFベースの広いキャビンを持つボディに上手に3列シートをレイアウトしたことは非常にインパクトがあった。 さらに、2003年にフルモデルチェンジした3代目では全高1550mmと立体駐車場に対応するサイズのミニバンという提案を行なった。全高を低めたことはハンドリングにプラスに働き、走りの楽しいミニバンという新しいキャラクターも手に入れた。4代目もキープコンセプトで進化した。 しかし、2013年にフルモデルチェンジした5代目ではスタイリングもコンセプトも大きく変えた。日本市場ではミニバンといえばスライドドアというくらいのイメージとなり、後席ヒンジドアのオデッセイが生き残るためには変わらざるを得なかったのは事実だ。 とはいえ、全高を1700mm近くまで上げ、スライドドアを得たオデッセイを見て、それまでの伝統を否定しているように感じたファンは少なくなく、一部には反発も呼んだ。マイナーチェンジによりハイブリッドを設定するなど商品力を上げていったが、往年の勢いを取り戻すには至っていない。そんなこともあり現行型で日本向けのオデッセイは生産終了になるという噂がまことしやかに流れている。 ただし、中国ではスライドドアになったオデッセイは、プレミアムなミニバンとして人気を集めているという。日本では終わりになるかもしれないが、グローバルには現行型がオデッセイの価値を高めている。

  • デザインでコケたクルマ
  • デザインでコケたクルマ
  • デザインでコケたクルマ
  • デザインでコケたクルマ
  • デザインでコケたクルマ
  • デザインでコケたクルマ
  • デザインでコケたクルマ
  • デザインでコケたクルマ
  • デザインでコケたクルマ
  • デザインでコケたクルマ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ