夢の「ミライ」が実現できるのは偉大な「カコ」があるから! じつは数十年前から誕生していた「水素」なクルマ4選

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■1990年代から水素を使った燃料電池車は存在しており市販化されていた■航続距離の短さや水素ステーションの少なさで普及はあまりしなかった■当時は技術がまだ未確立でパワーや燃費面がまだまだ課題だった

意外と歴史が長い水素を使った燃料電池車

 FCV、つまり水素を使った燃料電池車はトヨタのMIRAIやホンダのクラリティが話題になっただけに、最近登場した最新車両のように思える。間違ってはいないが、けっこう歴史は長く、さまざまなモデルが登場した。もちろん実用化というか、広く市販化にはつながっていないとはいえ、過去があるから今がある。進化に欠かせない存在として記憶にとどめたい。

1)ホンダ FCX-V1

 1990年代から燃料電池車の研究を行ってきたホンダ。2001年に日米でリースという形ながら、世界初で販売化したのがこちら。 ボディはコンパクトカーのロゴのようなデザインで、システム的には燃料電池とキャパシタを組み合わせたものだった。販売されたのは20台ほどだったが、意義は大きかった。

2)トヨタ FCHV

 ホンダに遅れること約9カ月、同じ2001年に登場したのがSUVのクルーガーに搭載したトヨタの燃料電池車。こちらも正確にはバッテリーも組み合わせたものとなる。一充填あたり330kmだった。 ただ、当時は水素が低温で凍ってしまうという問題は解決できず、経済産業省での運用を見に行ったことがあるが、温度計が駐車場にぶら下がっていたのが印象的だった。また、水素ステーションが完備されておらず、トラックで移動式の充填装置を運んできていた。ちなみにドライバーによれば「怖くて行くのは近所だけ」とのことで、持ち腐れ感はあった。

今改めて売ればヒットする可能性高し!?

3)日産エクストレイルFCV

 初代エクストレイルにあったのが、エクストレイルベースのFCV。2002年に認可を取りつつ、公道実験を行いながらその後も進化させて、モーターショーにもたびたびコンセプトカーが出展されたほどで、実用性はあった。 日産の地元である神奈川県、横浜市などにも納入されて使用されたし、ハイヤーとしても使用された。2代目ではFCVはまったく設定されず、初代で終わってしまったのは残念なところ。

4)マツダ 水素ロータリー

 トヨタがレースで水素自動車を使用とCMでもやっていたのは見たことがあるだろう。MIRAI的なシステムかと思いきや、エンジンに水素を入れるという形式のものだった。 じつは水素を燃料として使用する方法もあって、その先駆けがマツダで、燃料としての水素とロータリーシステムの相性がいいことから、1991年の東京モーターショーに参考出品したのが最初。その後、ロードスター、RX-8などに搭載して進化を続けたが、いかんせんパワーが出ないという欠点を抱えながら、尻すぼみになっているのは残念なところ。 トヨタがガソリンエンジンベースでも進化させるなら、ここに活路はあるかもしれない。また、プレマシーでテストされていたのが、小さなロータリーエンジンに水素を入れて発電にのみ使うというもの。これなら別の活路を見いだせそうだが、こちらも最近は進化の話を聞かないのは残念なところだ。

  • 昔からあるぞFCV
  • 昔からあるぞFCV
  • 昔からあるぞFCV
  • 昔からあるぞFCV
  • 昔からあるぞFCV
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ