発売前からファンもメディアも大熱狂! さらに「評価もいい」のに「売れない」残念なクルマ3選

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■クルマのなかにはメディアやクルマ好きが発売前から注目するモデルもある■そうしたモデルのなかには発売後の評価が高いにも関わらず売れないクルマが存在する■最近登場したなかからそうしたモデル3台を紹介する

各メディアが騒ぎまくったわりには売れてないモデルたち

 登場前の前評判が高く期待されていたモデルや、登場後のメディアの評判も上々だったのにもかかわらず、意外にもそこまでの販売台数になっていない、という不遇のモデルたち。 今回は、そんな登場前は騒がれたものの、いざフタを開けてみたらそこまで売れていないというモデルたちをピックアップしてご紹介しよう。

1)トヨタGRスープラ

 2019年に17年ぶりの復活を果たしたスープラ。販売が開始される1年前からティザーをスタートさせ、多くのユーザーが期待を抱いて登場を待ち望んでいた1台だった。 販売をスタートしたときに設定された「マットストームグレーメタリック」のボディカラーを持つモデルは限定24台ということで予約が殺到し、トップグレードの6気筒モデルも2019年モデルは即完売という好調な出だしとなったのだが、現在は月別販売台数は二桁が続いている。 これはそもそももっとも安いグレードでも500万円近い価格のスポーツカー自体がそこまでの台数が売れる車両ではないという点と、毎年のようにリリースされる台数限定の特別仕様車を狙うユーザーが多いことが、通常月の販売台数が少なくなっている要因かもしれない。

個性を武器にしたが市場のニーズとは温度差がありすぎた模様

2)マツダMX-30

 2020年7月に日本での販売がスタートしたMX-30は、マツダのスペシャリティカーに冠された「MX」の名前を持つクロスオーバーSUVであり、シグネチャーウイングを持たないフロントマスクや、SUVとしては稀有な観音開きドアを採用した先進的なモデルだ。 もともとは電気自動車として開発されたMX-30であるが、日本向けにはマイルドハイブリッドモデルが先行して販売され、2021年1月からはEVモデルも販売されている。 そんなMX-30は、やはりその先進的なスタイリングが話題となったのだが、フタを開けてみれば月販目標販売台数の1000台に届いた月はなく、EVモデルも年間500台が目標とされていたが、月販10台に満たない月も多いというのが現状となっている。

3)日産スカイライン

 現在は13代目となるモデルが販売中のスカイライン。2014年のデビュー当初はインフィニティのエンブレムを備えるものの、インフィニティブランドではないモデルとしてややあやふやな立ち位置となっていたが、2019年7月のビッグマイナーチェンジのタイミングで再び日産のCIが復活し、正式に「日産スカイライン」となった。 このビッグマイナーチェンジのタイミングで追加されたのが、一定条件下でハンズフリー(手放し)運転を可能とした運転支援システム「プロパイロット2.0」(ハイブリッドモデルのみ)と、3リッターツインターボエンジン「VR30DDTT」型エンジンだ。 前者は高速道路での運転支援システムとして疲労軽減に繋がるものとして高い評価を集め、後者のターボエンジンはよりハイパフォーマンスな「400R」も設定されたことで、”走りのスカイライン”が帰ってきたと大きな歓迎を持って迎えられていた。 しかし、2021年に入ってからのスカイラインの月販台数は平均すると月300台を割っており、近い価格帯で月平均2000台前後を売っているクラウンに大きく差を付けられてしまっているのである。

  • 大熱狂しただけで終わったクルマ
  • 大熱狂しただけで終わったクルマ
  • 大熱狂しただけで終わったクルマ
  • 大熱狂しただけで終わったクルマ
  • 大熱狂しただけで終わったクルマ
  • 大熱狂しただけで終わったクルマ
  • 大熱狂しただけで終わったクルマ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ