ハイブリッド車は大きな電池があるのに12Vバッテリーも積んでいる! 「あがる」と走れなくなるから要注意だった

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■ハイブリッドカーには駆動用バッテリーと補機用バッテリーが積まれている■補機用バッテリーがないとハイブリッドシステムの起動ができない■補機用バッテリーは従来型12Vバッテリーとは構造が異なり互換性がない

ハイブリッドシステムの起動と制御にもバッテリーが必要

 ハイブリッドカーのバッテリーシステムをご存じだろうか。じつは2種類のバッテリーが搭載されている。ひとつはハイブリッドカーの要である電気モーターの電源となる駆動用バッテリー。 そしてもうひとつが、一般電装品やハイブリッドシステムを起動、制御するための従来型12Vバッテリーである。 駆動用バッテリーは、フルハイブリッド車の先駆であり、現在もトップランナーであるトヨタ車の例を見ると、200V級のリチウムイオンバッテリー電圧をさらに昇圧して使っている。しかし、ハイブリッドシステムを起動するには、モーター駆動用の高圧バッテリーでなく、システム起動用の12Vバッテリーが必要なのである。当たり前の話になるが、駆動用バッテリーが満充電状態でも、システム起動用バッテリーがあがってしまうと、ハイブリッドカーは身動きがとれなくなってしまうのである。

補機用バッテリーは従来型と同じに見えても構造は異なる

 ハイブリッドカーに搭載されるシステム起動用の12Vバッテリーは補機用バッテリーと呼ばれ、トランクルーム内や後部座席下に搭載される例が多い。もっとも、従来型の鉛/希硫酸方式であるため、充電時に水素ガスを排出する。ハイブリッドカーでは、この水素ガスを車外に排出するため、従来型バッテリーとは異なる構造で、大半が制御弁方式のVRLA型を採用している。電圧、電流容量が同じだからと、従来型バッテリーを搭載するのは危険が伴い大きな間違いである。従来型と互換性はないと考えてよいバッテリーだ。 一般に、この補機用バッテリーの寿命は3〜5年と言われているため、定期点検の際に容量をチェックしておくとよいだろう。低下傾向が見られたら即座に交換しておくことをおすすめしたい。通常のガソリン車でもバッテリーを上げてしまうと手間はかかるが、ハイブリッドカーの場合、システムが起動しないとパーキングポジションを解除することもできなくなるため、非常にやっかいな事態となってしまう。 また、大容量のバッテリーを取り扱うため、ハイブリッドカーの整備には資格が必要となる。もっとも、国家試験といったものではなく、低圧電気取扱特別教育と呼ばれる講習会を受講し、修了試験に合格すれば取得できる資格である。ちなみにハイブリッドカーは、労働安全衛生規則第36条に定められた低圧(直流750V以下、交流600V以下)の充電電路(対地電圧50V以下及び感電による危害を生じるおそれのないものを除く)の敷設、修理の業務等、に該当している。 現在のように、ハイブリッドカーが多く普及した状態になると、低圧電気の取り扱い資格がないと、自動車整備士として業務に携わることが困難になってしまう。構造はわかっているからとハイブリッドカーの整備を自分の手で行おうとするのは危険行為。自分で整備を行いたいのであれば、低圧電気取扱特別教育を受講し、修了試験に合格してからにしよう。

  • 2021112406
  • _KEN6015
  • T7GI3124-1
  • 20210719_04_64
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ