「やりすぎNISSAN」の「e-4ORCE」も真っ青! 90年代には「もっとやりすぎた日本車」が沢山あった

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■日産ブランドアンバサダーのキムタクが「やりすぎNISSAN」と発言した■電気自動車アリアに搭載の4WDシステム「e-4ORCE」の超絶ハンドリングを絶賛■1990年代の日本車には「やりすぎ」なクルマや技術が多数あった

かつては「やりすぎ」といいたくなる国産車がたくさんあった

 CMに出演するなど日産のブランドアンバサダーを務めるのは、キムタクこと木村拓哉さんであることはご存知の通り。そんな木村さんが日産アリアのCM発表会において「やっちぇえNISSAN」というキャッチコピーをもじって「やりすぎNISSAN」と発言したことが話題になっています。 木村さんが「やりすぎ」と評したのは新型の電気自動車アリアに搭載される全輪駆動システム「e-4ORCE」の超絶ハンドリング性能。日産の電気自動車は1/10000秒単位で制御していることは知られていますが、その制御技術とブレーキ制御を組み合わせることで、思い通りのコーナリングが楽しめるというもの。さらにタイヤの性能も引き出してくれるので、パフォーマンスそのものも上げるというのが特徴です。 さて、木村さんの発言はCM出演者としてのリップサービスとしても、過去にも「やりすぎ」と言いたくなるようなクルマや技術はあったのでしょうか? 筆者個人の感想ですが、1989年に登場したマーチスーパーターボは、まさしく「やりすぎぃ」と感じた一台でした。 初代マーチのホットモデルとして登場したスーパーターボには専用の「MA09ERT」というエンジンが搭載されていました。通常のマーチに搭載されるMA10ETをベースとしたSOHCヘッドの4気筒エンジンですが、ボアを68mmから66mm(ストロークは68mmで共通)に小さくすることで、あえて排気量を930ccとした過給エンジン。 排気量ダウンの目的はモータースポーツにおける過給係数を考慮してものだったのですが、驚くのは過給システムの構成で、なんと機械式スーパーチャージャーとターボチャージャーを組み合わせたツインチャージシステムとなっていたのです。結果として、現在に至るまで国産車として唯一のツインチャージャー車になっています。 いくらモータースポーツを前提にした仕様だとしても、ベーシックモデルをベースにツインチャージャーを生み出してしまうというのは、まさに「やりすぎ日産」と多くの人が思ったはず。さらに純正状態でビスカスLSDを組み込むという仕様かつ、スーパーチャージャーの兼ね合いでパワステなしという硬派な仕様で市販したのも「やりすぎ」感を強めた一台に仕上がっていたのでした。 こうした「やりすぎ」なクルマは、この時代に多く登場しています。それは日本がバブル景気に踊らされていたからに他ならないでしょう。贅沢な機構、凝ったメカニズムを受け入れる市場マインドがありました。

時代を先取りしすぎていた「やりすぎ」なクルマたち

 そうした流れでいえば、1992年に三菱が生み出した世界最小V6エンジン「6A10」型もやりすぎなテクノロジーといえるでしょう。ミラージュとランサーに搭載された、総排気量1597ccのV6エンジンは、排気量が小さいだけでなくDOHCヘッドを持つV6 24バルブエンジンでした。最高出力は140馬力、すでにリッター当たり100馬力を達成するエンジンもあった時代でしたから、パワーというよりは滑らかさをセールスポイントとしたパワーユニットとして生まれたのです。 その後、ミラージュのV6エンジンが1.8リッターの6A11型に進化したことを考えると、1.6リッターという排気量は高級感を生み出すには小さすぎたのかもしれません。とはいえ、世界最小V6エンジンという響きが、日本の盆栽・箱庭文化的な世界観を感じさせたのは事実です。小さくすることにトコトンこだわった「やりすぎ」なエンジンだったのです。 この時代の三菱は本当に元気で、未来を見つめすぎた「やりすぎ」なテクノロジーが続々と出てきていました。6A10型エンジンと同じ1992年にフルモデルチェンジしたフラッグシップモデル「デボネア」の最上級グレードに搭載されていた「アクティブプレビューECS II」はそんな先進性を象徴するテクノロジーの代表です。 これは、フロントバンパーに設置されたソナー(超音波センサー)により路面の凹凸を読み取り、それによってエアサスペンションやダンパー減衰力を自動調整するというもので、まさしく90年代のハイテク王国だった三菱らしい「やりすぎ」た機能でした。 ちなみに、この代のデボネアには国産乗用車として初の車間距離維持システムも用意されていました。もし、キムタクが三菱のブランドアンバサダーだったら「やりすぎミツビシ」とコメントしたことでしょう。もっとも1990年代というとキムタクはトヨタRAV4のCMキャラクターを務めていた時代なので、三菱のクルマに言及するなんてことはあり得ないわけですが……。それにしても芸能界の第一戦で長く活躍されているのだなあと感じます。 それはさておき、おなじく1992年にはホンダから「やりすぎ」なオープン2シーターが登場します。それが2月にフルモデルチェンジしたホンダCR-Xデルソルです。 それまでシビックのスポーツ度を高めた硬派なモデルという位置づけだったCR-Xは、マツダ・ロードスターに端を発するライトウェイト・オープン2シーターへとキャラクターを180度チェンジします。そのコンセプトは「太陽のスポーツ」、具体的にはオープンエアクルージングの楽しさに快適性をプラスするというソリューションを提案します。そのオープンクーペ・スタイルは当時としては新しいアイディアでした。 そのために生まれた「やりすぎ」なメカニズムこそ、電動ルーフ開閉システム『トランストップ』です。ドライバーはルーフを固定している二か所のロックをはずし、あとはスイッチを操作するだけで、トランクリッドが真上に上昇、ルーフを自動的にトランクリッド部分に収納して、ふたたび下降してオープン状態にするという一連の動作は、いま思い返してもインパクト抜群。よくよく考えると、そこまでしなくとも電動オープンにできたのでは? とも思いますが、素直に「すげぇ」と驚くような商品企画があり得たのはバブル期に開発が進んだクルマならではともいえます。 筆者は、日産アリアについては見たことがある程度なので、その走りは想像するしかないのですが、本当に日産アリアが「やりすぎ」に感じるほどの走りを手に入れているのだとすれば、国産車がバブル期ばりに元気を取り戻しつつあるといえるのかもしれません。

  • 1990年代には「もっとやりすぎた日本車」がたくさんあった
  • 1990年代には「もっとやりすぎた日本車」がたくさんあった
  • 1990年代には「もっとやりすぎた日本車」がたくさんあった
  • 1990年代には「もっとやりすぎた日本車」がたくさんあった
  • 1990年代には「もっとやりすぎた日本車」がたくさんあった
  • 1990年代には「もっとやりすぎた日本車」がたくさんあった
  • 1990年代には「もっとやりすぎた日本車」がたくさんあった
  • 1990年代には「もっとやりすぎた日本車」がたくさんあった
  • 1990年代には「もっとやりすぎた日本車」がたくさんあった
  • 1990年代には「もっとやりすぎた日本車」がたくさんあった
  • 1990年代には「もっとやりすぎた日本車」がたくさんあった
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ