グッチ・エルメス・ヴェルサーチ! どっちが主役かわからない一流ファッションブランドとのコラボ車の中身

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■クルマ業界とファッション業界がコラボしたクルマを紹介■ほとんど1台限りのモデルや限定車だが、今でも買えるモデルが存在する■ブランドとのコラボモデルは高額になりがちだが、中古車だと手頃な場合もある

エルメスやグッチがクルマとコラボしていた!

 今ではあまり耳にしないし見ることもないスペシャルなクルマが、一流ファッションブランドとコラボした特別仕様車だ。そのブランドのファンなら、喉から手が出るほど欲しい1台だった。 まずは2008年に登場したシトロエン2CV、60周年を記念した、シトロエン2CVのエルメスエディションだ。ボディカラーは一目でエルメスを思わせる品のいい明るいブラウン。キャンバストップもグレーベージュのエルメスらしいコットンキャンバスがあしらわれていた。 しかし、さらなるエルメスらしさはインテリアにあり、エルメスならではのレザーがふんだんに使われ、レザーに施されたステッチもまた、エルメス一流の縫製技術が使われていたのである。 小物入れはバッグのようなデザインで、まさにエルメスの世界に包まれたような感覚で乗れるクラシックカーであった。ただし、一般販売はされなかったようだ。ちなみにそのミニカーを、ヤフオクで発見。発見時の価格は2万9000円だった。 同じエルメスとコラボした、世界に1台と言われるのが、シトロエンC3エルメス特別仕様車だ。2003年の第37回東京モーターショーのシトロエンブースで見た人もいるはずだが、2003年10月に日本に上陸し、まずは当時のシトロエンジャポン有明ショールームで公開されていた。 筆者も駆けつけたのだが、ベースは本国仕様のC3 1.4。ボディカラーは専用のルージュエルメスに染め上げられ、その美しさに見とれたものだ。が、2CV同様、本領はインテリアにある。シート、ステアリング、シフトノブ、ドアトリムなどがエルメスの革で覆われ、エルメスの熟練職人によるステッチワークもまた見事。フロントシートに、たしかシルバーの「Hermès Paris」というロゴが小さく入るこれ見よがしではない控え目なブランド演出もなかなかだったのだ。 この、世界でたった1台のシトロエンC3エルメス特別仕様車は、その後、国内のチャリティオークションに出品、一般販売されたと聞いている。 もっと現実的なファッションブランドとコラボしたクルマが、2011年9月にフィアットジャパンから限定発売されたフィアット500のGucci仕様、500C by Gucciである。イタリア統一150周年とグッチ創立90周年を記念したモデルで、グッチのクリエイティブディレクターのフリーダ・ジャンニーニがプロデュース。 2011~2012年の2年間、限定発売されていた。ボディカラーはブラックパールとホワイトパール。ショルダーラインにグッチのグリーン、レッド、グリーンのストライプが施され、インテリアでもそのカラーのシート地、シートベルト、フロアマット、キーカバーがちりばめられ、ヘッドレストやBピラー、ホイールのセンターキャップ、リヤエンドにグッチのロゴが入る、グッチファン垂涎の1台。 筆者も青山の発表会場に駆けつけた記憶がある。当時の新車価格は500が260万円(限定300台)。ソフトトップの500Cが294万円(限定100台)。ちなみに中古車として、500に限られるものの、今なら100万円台のプライスでけっこうな数が流通している。

今でも手に入るファッション業界とのコラボモデルも!

 以上は買えない、あるいは中古車でしか手に入らないファッションブランドとコラボしたクルマ、輸入車だが、現在も手に入れられるファッションブランドとコラボしたクルマがある。 それがシトロエンC3セントジェームス。1889年にモン・サンミシェルのあるノルマンディ地方で設立されたブランドであり、時代を超えて愛されているフレンチカジュアルの定番だ。 そんなセントジェームスとコラボしたのがC3で(シトロエンはファッションブランドとのコラボ好きだ!)、ルーフとCピラーにはブルーとレッドのセントジェームスステッカーがアクセントとして貼られ、フロントドアやシフトノブ下のセントジェームスバッジ、ドアハンドルのアクセント、専用フロアマット、ハンドブックケースなどが特別装備として彩られている。 なお、新車で買える1.2リッターガソリンターボEAT6、5ドアハッチバックモデルがベースのC3セントジェームス仕様の価格は、272.5万円となっている。そうそう、2019年のセントジェームス130周年のアニバーサリーイベントでは、モン・サンミシェルの記念式典会場までのゲストの送迎車に色とりどりのシトロエン2CVが用意されたというぐらいで、シトロエンとの関係は今に始まったわけではないのである。 ここまで、イタフラ車ばっかりだったが、いやいやファッションの国でもある英国にも、ファッションブランドとコラボしたクルマがある。直近では、2021年秋冬コレクションとして、THE MINI STRIP(co-)created Paul Smithがある。 2021年8月12日にロンドンのポール・スミス旗艦店、No. 9 Albemarle Streetにて初披露発表された、たった1台の、3ドアのMINI Cooper SEをベースに必要最低限のフレームなどを残しつつ、本質部分にまで手を入れたカスタムメイドであり、ほかのコラボモデルとの大きな違いは、従来のレザーやクロームに代わってコルク、ゴム、再生プレキシガラスなどのリサイクル可能素材や再生可能な素材を使用し、むき出しでシンプルかつ高級感のある美しさを実現しているところである。 このほかにも、イタリア勢としてランボルギーニとイタリアのファッションブランド、ヴェルサーチがコラボした2008年のムルシエラゴLP640−4クーペ ヴェルサーチェ、2020年にはランボルギーニと世界的ファッションデザイナー山本耀司がコラボしたアヴェンタドールS “dressed” by Yohji Yamamotoが、東京・六本木のランボルギーニTHE LOUNGE TOKYOで世界初公開されている。

  • ファッション業界とコラボしたクルマ
  • ファッション業界とコラボしたクルマ
  • ファッション業界とコラボしたクルマ
  • ファッション業界とコラボしたクルマ
  • ファッション業界とコラボしたクルマ
  • ファッション業界とコラボしたクルマ
  • ファッション業界とコラボしたクルマ
  • ファッション業界とコラボしたクルマ
  • ファッション業界とコラボしたクルマ
  • ファッション業界とコラボしたクルマ
  • ファッション業界とコラボしたクルマ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ