ランボルギーニの逆転劇は「非跳ね上げドア車」が生み出した! 過去最高の販売台数を支えた「やりました」モデルとは

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■ランボルギーニが2021年の世界総販売台数8405台で自己最高を記録したことを発表■2021年の販売台数の約半数をSSUVのウルスが占めている■ランボルギーニ躍進の礎となったかつてのベストセラーモデルを紹介する

総販売台数の約半数をSSUVのウルスが占める

 それは、まさに「奇跡の復活劇」といえるのかもしれない。1998年にフォルクスワーゲングループへと再編されて以降、魅力的なモデルを続々と市場へと投入してきたアウトモビリ・ランボルギーニ。同社が発表したところによると、2021年の世界総販売台数は前年比13%増となる8405台で2年ぶりに前年実績を上まわり、自己最高記録となった。 参考までに2021年にランボルギーニが記録した世界販売8405台のうちもっとも大きな貢献を果たしたのはSSUV(スーパーSUV)の「ウルス」で4391台。ウルスによってランボルギーニの世界販売は、従来までのほぼ倍の数字を記録することが可能になったのである。 それはランボルギーニのみならず、それまでSUVを持たなかった他メーカーに関しても同様のこと。どうやらあのフェラーリまでがSUV(とは彼らは絶対に呼ばないだろうが)の市場投入を直近に控えているという事実からも明らかだ。 そのウルスは、2018年のセールス開始から2年後の2020年7月には1万台を販売し、その後、昨年夏までの段階で1万5000台が販売されたが、このような例はもちろん過去のランボルギーニにはなかった。ウルスがフルイヤーの生産に入った2019年からは、ランボルギーニの全生産台数の半数以上はウルスが占める結果となり、それがもたらした利益がランボルギーニに第4のモデル、4ドアサルーンと噂されるニューモデルの開発に強い追い風を巻き起こしているという噂にも信憑性を生む。 かつて、世界的な経済状況の悪化や、ランボルギーニの社内事情に影響されたとはいえ、満足な販売の数字を得ることができなかった「やっちまった」モデルと比較すれば、このウルスなどは「やりました」と大いに胸を張って誇るべき一台といえるだろう。いや間違いなくそうである。

逆転劇はお荷物だったベビー・ランボの系譜を受け継ぐモデルから

 ウルスは4リッターのV型8気筒ツインターボエンジンをフロントに搭載したSSUVだが、アウディ傘下での成功の始まりは、5リッターのV10エンジンをリヤミッドに搭載した「ガヤルド」だった。アウディの技術力が強く反映されたアルミニウム製のスペースフレームと、一時はツインターボのV8も試されたというが、結局は自然吸気のV10に落ち着いたパワーユニット、そしてこれもまたアウディの意向を強く反映した4WDシステムが特徴だ。 2004年から本格的なセールスが始まったガヤルドは、それまでの12気筒モデルのようにシザースドアも持たない、いわばランボルギーニらしくないモデルだったのかもしれないが、その走りは当時の12気筒モデル、ムルシエラゴに迫り、また、コストパフォーマンスも非常に高かった。 結果、ガヤルドは2004年から2014年にかけて、その途中で排気量拡大などのマイナーチェンジを受けつつ生産を継続。トータルでこれも1万台超えの1万4022台を販売した「やりました」ランボルギーニの座を見事に獲得する。 こうなるとランボルギーニ・サポーテッド・バイ・アウディの勢いは止まらない。ガヤルドの後継車として2014年に発表された「ウラカン」は、やはり2020年トータルの数字はまだ入ってきていないものの、ガヤルドの1万4022台は2019年6月の段階ですでにクリア。同年にはビッグマイナーチェンジモデルとなる「ウラカンEVO」、翌2020年には公道も走行できるレーシングカーともいえる「ウラカンSTO(スーパー・トロフェオ・オモロガータ)」も発表されているから、まだしばらくの間はウラカンの存在感はスーパースポーツの世界では衰えることもないだろう。 ちなみにランボルギーニが掲げる年間販売台数の目標は1万台。2022年はV12モデルのアヴェンタドールが最後のモデルイヤーを迎えるほか(これによって自然吸気のV12モデルには終止符が打たれることになる)、その後継車の発表も計画されているという。 もはや今のランボルギーニに「やっちまった」の心配など皆無。安心して彼らの将来を見守ろうではないか。

  • 601006
  • 564997
  • gallardo
  • 309662
  • 591188
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ