問題になっている大型車のホイール脱落事故! 乗用車も「ひとごと」ではなかった

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■大型車の左後輪の脱落事故が最近問題になっている■冬タイヤへの交換が行われる11〜2月ごろが多い■乗用車でも起こりうるために原因と対策を伝える

左後輪は日本の道路事情だと負荷がかかりやすい

 最近話題になっているのが、大型車のホイール脱落。以前はハブが破断した事故が話題になっていたが、最近のはホイールのナット部分から取れているようだ。外れるとコロコロと転がって、歩行者にもぶつかるという重大事故になっているのは大きな問題である。 大型車で頻発しているのは、いろいろとあって、すでに各所で原因は詳細に説明されているのでここでは簡単にまとめておくと、まず発生する箇所は左の後輪で、これは左折するときに移動量が極端に少なくなってストレスがかかるから。さらに右折時は外側に来るのでいいと思いきや、右折はスピードが出ることもあって、外側の車輪、つまり左後輪への荷重が増えがち。 そして構造的な問題として、ナットを左に回すと締まる逆ネジにすることで回転方向に対して緩みにくくしていたのが、グローバル化ということで一般的な正ネジに変更されることで緩みやすくなったというのもある。冬場になって頻発しているのはスタッドレスに交換したからで、国土交通省のデータを見ても、履き替え時期の11月から2月が多い。ただ気になるのは、年々発生件数は増加している点で、理由は不明とのこと。

ナットの締め付けの緩すぎでも締めすぎでも起こりうる!

 これらは大型車の問題とはいえ、あまりに頻発していると乗用車も心配になってくるわけで、実際はどうなのだろうか? まとまったデータはなく、完全に脱落する例は少ないと思われる。ただ乗用車の場合、ナットが緩むというのはけっこう起こりうる事案で、締め付け不足がまず多い。プロの場合は締め付ける力を管理できるトルクレンチで締めるが、一般ユーザーの場合、持っていないこともあるし、緊急で履き替えた場合など、手もとにない場合がある。 ホイールの締め付け具合は慣れていれば、ギュッと力を入れて問題ないようにはできるが、感覚的なものなのでわかりにくい。そのためまず起こりやすいのが締め付け不良で、次第に緩んでくることもある。大型車と違うのはネジ部分からの破断ではないので、緩んでくるとゴリゴリといった音や軽い振動が出るため、気がつきやすい。 一方、深刻なのが締め込みすぎで、ネジ関係はホイールナットに限らず、外れないか心配になることもあって、力任せに締める例が多い。そのうえで、ネジ部分がサビや脱着の繰り返しによって傷んでいると意外とあっさり、ネジは切れてしまう。実際、ポロリと落ちてしまった例は何件か目にしている。締め込んでいるときに落ちればまだいいが、ギリギリでやめて、そのまま走ってさらにストレスが掛かったことで破断すると、最悪の場合、大型車と同じようにホイール毎脱落する可能性もある。 心配で締め込みすぎる気持ちもわからないではないが、トルクレンチがない場合、ある程度の力で締め付けて、100kmぐらい走ったら再度緩んでいないかを点検して、必要に応じて増し締めをするのがいい。走行中の音や振動にも注意する。とにかく最初から一気に締めておしまいにしてはダメだ。

  • タイヤ脱落の原因
  • タイヤ脱落の原因
  • タイヤ脱落の原因
  • タイヤ脱落の原因
  • タイヤ脱落の原因
  • タイヤ脱落の原因
  • タイヤ脱落の原因
  • タイヤ脱落の原因
  • タイヤ脱落の原因
  • タイヤ脱落の原因
  • タイヤ脱落の原因
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ