モデル末期のメルセデス・Cクラス・クーペ/カブリオレが仕様変更! あわせて価格改定も実施

業界 WEB CARTOP

この記事をまとめると

■メルセデス・ベンツCクラスのクーペとカブリオレが仕様変更■レザーARTICOダッシュボードを標準装備とし、ボディカラーに2色の新色を追加■仕様変更に合わせて価格も変更を受けた

Cクラスのイメージリーダーであるクーペとカブリオレが仕様変更

 コンパクトカーのAクラスからセレブ御用達のSクラスまで、C〜Fセグメントのフルラインアップを完成させているメルセデス・ベンツ。とりわけメルセデス・ベンツのライナップの中核ともいえるCクラスに関しては、セダンとステーションワゴンを中心に、クーペとカブリオレ、SUV、さらにはクロスオーバーやクーペSUVなど、死角のないラインアップを揃えている。 この中でクーペとカブリオレは少々特殊なモデルで、実用性も必要とされるその他のモデルに対し、2ドアでスポーティ&エレガントな、どちらかといえばDセグメントのイメージリーダー的なモデルとなる。それだけに、例え商業的にはそれほど美味しくなくても、特にラグジュアリーブランドとしては重要な位置付けのモデルだ。 そんなCクラスのクーペ&カブリオレは、セダン&ワゴンが新型へと移行したCクラスにあって、新型への移行が待たれているモデルであるが、この度、おそらく最後となる仕様変更が実施された。セダン、クーペともにC 180 スポーツにレザーARTICOダッシュボードを標準装備するようになった。このレザーARTICOダッシュボードは人工皮革のダッシュボードで、ステッチが高級感を感じさせるもの。また、ボディカラーにはスペクトラルブルーとハイテックシルバーが追加された。 これに伴い、各グレードの価格も変更されている。それぞれのモデルの価格は以下の通り。 C 180 クーペ スポーツ:621万円 C 180 カブリオレ スポーツ:675万円 価格変更前に比べていずれも8万円ほどの値上げとなっている。 Cクラスのクーペ&カブリオレはモデル末期となるが、そのぶん熟成された完成度の高いモデルとなっているだけに、購入しても損はないだろう。

  • c180-4
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ