10年なんてひよっこ! 40年作り続けられたクルマもあった! モデルライフが長過ぎる超ご長寿国産車5選

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■10年以上生産された国産車をピックアップ■ジムニーやジープなど用途が決まっているクルマは長年製造されやすい■スバル360は自動車の進化が著しかった時代でも10年以上生産された

モデルチェンジをせずに長年売られる本当の理由

 クルマの進化には世代交代が必要だ。長生きは素晴らしいが、進化するには、フルモデルチェンジも欠かせない。その意味で、長期間にわたりフルモデルチェンジをしないで生産された車種は、開発された時点で、普遍的な先進性を備えていたということだ。 直近で思い当たる長寿モデルは先代ジムニーだ。1998年に発売され、現行型が登場する2018年まで、約20年にわたり生産された。 ジムニーは日本の林道に適した悪路を走るためのSUVで、1970年に発売された初代モデル以来、位置付けは一貫して変わらない。市場の好みの変化に応じて車両の性格を変える必要がないから、生産期間を長く保ちやすい。 この典型が三菱ジープだ。自衛隊のツールでもあるから、フルモデルチェンジを行って使い勝手が変わったり、今まで使用できたパーツが対応しなくなると困る。そのために、1950年代から1990年代の後半まで、40年以上にわたり、フルモデルチェンジをしないで生産を続けた。 当時のジープで舗装路を走ると、ステアリング操作に対する反応が鈍く(ハンドルが反応しないアソビが大きい)、乗り心地は前後方向に揺すられる。まさにクラシックカーだが、悪路に乗り入れると、欠点がすべて長所に激変する。ここまでの価値があれば、40年以上にわたって造られたことも納得できる。

高度経済成長期に12年も作られた国産車界の革命児とは

 法人が所有するVIPモデルでは、トヨタ初代センチュリーが1967年から1997年まで、30年間にわたり作られた。生産台数が少ないために長期間にわたり造る必要があったが、1960年代から1990年代は、自動車の技術も急成長した。この時代にエンジンを載せ換えながら、フルモデルチェンジを行わなかったのは凄いことだ。 同様の法人向けの車種として、初代三菱デボネアも、1964年から1986年まで24年間にわたって作られた。日産プレジデントもセンチュリーと並ぶ法人向けの高級セダンだ。初代モデルを1965年に発売したあと、1973年に外観を大幅に変えたが、実質的にはマイナーチェンジになる。同世代とすれば、初代は1965年から1990年まで製造され、激動の25年間をフルモデルチェンジしないで走り抜けた。 身近な長寿モデルとして注目されるのはスバル360だ。1958年に発売され、スバルR2が登場する1970年まで生産された。12年間の歳月は、今のフルモデルチェンジ周期では驚くほど長くないが、1960年代に軽自動車が刷新されないのは異例のことだった。スバル360が1958年の登場時点で、先進的なクルマ作りをしていた証だ。 当時の軽自動車は、車両重量が500kg前後だったが、スバル360は独自のモノコック構造で385kgと軽い。丸みのあるボディは空間効率に優れ、4名乗車も可能にした。この先進性により1960年代も古さを感じさせなかった。 そして価格の変化に注目したい。1958年に発売されたスバル360は42万5000円で、この金額を大卒初任給をベースに今の価値に換算すると645万円に達した。当時の乗用車は、法人やタクシーなどの需要が中心で、軽自動車のスバル360でも一般ユーザーが買える商品ではなかった。 ところが1965年におけるスバル360スタンダードの価格は35万7000円に下がっている。しかも給与と物価は上昇したから、大卒初任給ベースで今の価値に換算すると341万円であった。給与や物価とのバランスで見れば、フルモデルチェンジを行わず細かな改良によって性能や装備を向上させたスバル360が、感覚的には約半額で買えるようになったわけだ。 そしてスバルR2に切り替わる直前、1969年後期型のスバル360スタンダードは30万9000円で、今の価値に換算すると210万円だ。わずか12年の間に、645万円のスバル360は、210万円まで価格を下げたことになる。スバル360は、多くのユーザーにクルマのある生活を広めた、まさに名車であった。

  • モデルチェンジ周期が長い国産車
  • モデルチェンジ周期が長い国産車
  • モデルチェンジ周期が長い国産車
  • モデルチェンジ周期が長い国産車
  • モデルチェンジ周期が長い国産車
  • モデルチェンジ周期が長い国産車
  • モデルチェンジ周期が長い国産車
  • モデルチェンジ周期が長い国産車
  • モデルチェンジ周期が長い国産車
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ