日本のEV市場に革命が起きる予感! 三菱eKクロス EVはニッポンの使い勝手ドンピシャの1台だ

業界 WEB CARTOP

この記事をまとめると

■三菱から軽EVとなるeKクロス EVが発表された■補助金分を差し引くとガソリンモデルとほぼ変わらない予算で購入できる■コンパクトで使い勝手のいい軽自動車と家計にも優しいEVの良さをあわせ持っている

補助金利用ならガソリンモデルと価格差がほとんどない

 買い物や送り迎えなどご近所のチョイ乗りや、近距離通勤のアシとしての使用がメインで、自宅に充電器の設置が可能なら、過去にEVの購入を検討したことがある人も多いはず。でも、いくら補助金が出るとはいえ、これまでのEVは同クラスのガソリンモデルと比べると車両価格が高く、とても手が出ない、割に合わないと感じた人もまた、多いのではないだろうか。 そんな現状を打破し、EVをもっと身近にしたい。三菱自動車の新型軽EV「eKクロス EV」には、そんな同社の意気込みが強く感じられた。価格は239万8000〜293万2600円で、国からの補助金として見込まれる55万円程度を差し引くと、ガソリンモデルとほぼ変わらない予算で買える、本当の意味で地球にも家計にも優しいEVが、ついに誕生した。 外観はクロスオーバー軽SUVとして、個性的なデザインで一目置かれているekクロスに、EVらしい先進性と上質感がプラスされ、大人っぽい雰囲気に磨き上げられている。とくに目を惹くのは、サイドのキャラクターラインの延長線上に置かれたEVエンブレムと、緻密な新デザインが与えられた15インチアルミホイール(「P」に標準装備)。 ボディカラーもEV専用色を設定し、見る人が見ればわかる特別感、さりげない自己主張がまた、さらりとEVを乗りこなしたいこれからの時代に合っていると感じる。 総電力量20kWhのリチウムイオン電池を薄く床下に敷き詰めることで、室内の広さなど使い勝手を犠牲にしていない実用性の高さも、eKクロス EVの見どころのひとつ。室内長2065mm、室内幅1340mm、室内高1270mmはガソリンモデルとまったく同じで、シートアレンジも後席が5:5分割で前後スライド&リクライニング&前倒しが可能。荷室の広さのみ、ガソリンモデル同等とはならなかったが、許容範囲だ。 というのも、eKクロス EVは2WDで、ガソリンモデルの2WDは荷室容量が174リットル(床下収納54リットルを含む)。でも、eKクロス EVは、ガソリンモデルの4WDと同等の131リットル(床下収納11リットルを含む)となっている。ただ、床上の空間そのものの容量は変わらないため、日常の使い勝手は良好ではないだろうか。eKクロスはもともと、ガソリンモデルの開発時にEVモデルを想定した作り込みをしていたため、現代の軽自動車として満足度の高い使い勝手を実現することができている。 しかも、インテリアは、ガソリンモデル登場から2年経過分+αが十分に感じられる、プレミアム感のある仕上がり。とくに、上級グレード「P」では9インチの大画面を備えたスマートフォン連携ナビゲーションを標準装備し、エアコンなどの操作パネルも大きく上質に進化。ベーシックグレード「G」でも、7インチカラー液晶メーターが備わり、ナビもオプションで選べるようになっている。 また、インテリア全体の洗練された雰囲気も魅力のひとつ。とくに「P」にオプション設定されている「プレミアムインテリアパッケージ」では、シート生地やドア内張などをライトグレーでコーディネートした、1クラス上の空間が手に入る。 これなら、セダンやコンパクトカーからのダウンサイジングでも、遜色ない質感だと感じた。

女性やセカンドカーにもおすすめできる三菱eKクロス EV

 今回は撮影会場内を少し動かす程度で、試乗とまではいかなかったものの、シートの座り心地はかなり感触がよく、スタートボタンを押すと静かに目覚める感覚といい、アクセルを踏み込むと同時にスーッとなめらかに動き出し、適度な重厚感をともなってシッカリと余裕のある加速をしていくところに、「早くちゃんと走らせてみたい」と大きな期待を抱かずにはいられなかった。外観を眺めているよりもずっと、ドアを開けてシートに座り、ハンドルを握ってからの方がガソリンモデルとの違いを強く実感するのがeKクロス EVだ。 ちなみに走行モードは、エコ、ノーマル、スポーツがあり、それぞれキャラクターの異なる走りが楽しめるという。アクセルペダルの操作で減速をコントロールできる「イノベーティブペダルオペレーションモード」も採用され、スポーツはとくに回生を強くして、ワインディングなどでメリハリのある走りにも向いているとのこと。ただ、完全停止するにはブレーキペダルの操作が必要となっている。4WDの設定は今のところ未定だが、12%の坂道まで作動するグリップコントロールもついており、多少の不整地や雪道も頼もしそうだ。 そして、気になる一充電あたりの航続距離は、最大180km(WLTCモード)。これは三菱自動車の調査により、軽自動車に乗る人が1日に走行する距離として、もっとも多いのが10km未満、次が10〜20km、ついで20〜30kmだったことから、180kmでも十分に使いやすいという根拠に基づくという。たとえ、1日50km走行したとしても、2〜3日ごとに充電すればいいというのは確かにラク。EVは、冬場にヒーターを使うとみるみる電池残量が減っていくのが気になるが、エアコン効率を最大限アップするなど、航続距離と快適性の両立にも気を配っているとのこと。 充電にかかる時間は、自宅などに設置することが多い200Vの普通充電(6kWhまで対応)で、満充電まで約8時間。高速道路のSAなどに多く、外出先で使うことが多い急速充電(50kWh)なら、約40分で80%程度まで充電可能。どちらも実際に使う上で、現実的な充電性能を備えている。電池の耐久性に関しても、エアコン冷媒を用いた冷却システムを採用して温度上昇を制御することで、電池の劣化を早めると言われている高速走行と急速充電の繰り返しをしたとしても、高い充電量を維持できるようになっているという。電池の保証は新車購入から8年16万kmとのこと。 また、近年は災害時への備えを兼ねて電動化車両の購入を検討する人も多いが、eKクロス EVもそこは抜かりなく、停電時などに家庭に電力を供給できるV2Hに対応。一般家庭1日分程度の電力が使用可能となる。アウトドアレジャー、キャンプなどで電気を使いたい人には、コンセントは装備されていないものの、V2L機器に対応しているので、それを充電口に差しこむことで、ホットプレートや電子レンジなど電化製品を使うこともできる。 最後に、軽EVということでセカンドカーやママと子ども用のアシグルマとして検討する人も多いかもしれない。今まではまったくクルマに興味がなかった人にも、eKクロス EVはおすすめできると感じた点がいくつかある。 まず艶やかなピアノブラックのパネルは昨今トレンドのオシャレ家電とも通じるセンスがあり、このあたりは既存のクルマに苦手意識のある女性にも、すんなりと受け入れられそうなポイント。プレミアムインテリアパッケージのシートも、女性のハンドバッグにもありそうな、少し立体的なダイヤ柄のステッチがあしらわれるなど、ファッションにうるさい女性にも響きそうな予感があった。 そしてなんといっても、もともとeKクロスが持っているパノラマ視界による周囲の見やすさ、足の小さな人でも踏みやすいペダル類にこだわったレイアウトなど、女性ドライバーへの配慮もしっかりと生きている運転のしやすさ。 また、万が一の緊急時に安心な通報システムをはじめ、車外からエアコン始動ができ、充電残量や駐車位置の確認などができる「MITSUBISHI CONNECT」が5年間無料サービス。三菱初搭載となる、ほぼ自動で車庫入れができる「マイパイロットパーキング」や、高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」もパッケージオプションで選択でき、いつもの運転が格段に安心・快適になるのも大きな魅力だ。 サステナブルな暮らしをするために、個人が大金を投入してまでEVを買うことに疑問を感じていた人。EVが欲しかったけど、ボディサイズや価格であきらめていた人。i-MiEVを愛用してきて、そろそろ買い替えたいと思っていた人にもeKクロス EVは、一気にEVへのハードルを低くしてくれる、革命的な1台になりそうだ。

  • _E2A0020
  • _E2A0025
  • _E2A0030
  • _E2A0036
  • _E2A0038
  • _E2A0040
  • _E2A0042
  • _E2A0044
  • _E2A0046
  • _E2A0048
  • _E2A0050
  • _E2A0052
  • _E2A0054
  • _E2A0057
  • _E2A0062
  • _E2A0068
  • _E2A0070
  • _E2A0071
  • _E2A0072
  • _E2A0073
  • _E2A0074
  • _E2A0076
  • _E2A0078
  • _E2A0079
  • _E2A0082
  • _E2A0086
  • _E2A0088
  • _E2A0089
  • _E2A0091
  • _E2A0094
  • _E2A0095
  • _E2A0098
  • _E2A0100
  • _E2A0101
  • _E2A0105
  • _E2A0107
  • _E2A0112
  • _E2A0113
  • _E2A0122
  • _E2A0123
  • _E2A0125
  • _E2A0128
  • _E2A0129
  • _E2A0132
  • _E2A0135
  • _E2A0140
  • _E2A0145
  • _E2A0152
  • _E2A0160
  • _E2A9973
  • _E2A9977
  • _E2A9979
  • _E2A9981
  • _E2A9982
  • _E2A9985
  • _E2A9987
  • _E2A9975
  • _E2A0032
  • _E2A0013
  • _E2A0149
  • _E2A0103
  • _E2A0140
  • _E2A0116
  • _E2A0060
  • _E2A0065
  • _E2A0119
  • _E2A0139
  • _E2A0022
  • _E2A0066
  • _E2A0069
  • _E2A0076
  • _E2A0134
  • new_eK_X_EV_exterior_img_12
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ