販売堅調な人気車なのに消滅の謎! 最近生産終了となったクルマとその理由

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■SUVの売れ行きが上昇している■ほかのカテゴリーには廃止された車種も多い■消えたクルマとその理由について解説する

セダンは大幅に減少

 2010年以降は、SUVの売れ行きが急上昇した。2010年以前は、小型/普通乗用車市場に占めるSUV比率は10%少々だったが、今は30%に達する。トヨタではヤリスクロスやカローラクロス、ホンダなら先代型を含めてヴェゼルなど、SUVの新型車も活発に投入されている。 その一方で、ほかのカテゴリーには、廃止された車種も多い。とくにセダンは大幅に減少した。かつてセダンを豊富に用意したトヨタでは、マークXやプレミオ&アリオンが生産を終えた。日産では、ティアナやシルフィに続いて、シーマやフーガも生産を終える。そのために日産のセダンは、今後はスカイラインのみになってしまう。 セダンが消滅する一番大きな理由は、セダンというカテゴリー自体の人気が薄れたことだ。セダンは日本の自動車産業が本格的な発展を開始した1950年代から設定され、ミニバンが人気を高める1990年代の中盤まで、約40年間にわたり乗用車の中心であり続けた。 そのために近年ではセダンが飽きられ、クルマが生活のツールになると、コンパクトで運転しやすく車内の広い価格の割安な車種が求められた。その結果、新車として売られるクルマの38%を軽自動車が占めて、セダンは売れ行きを下げた。 しかも今は北米などの海外市場でもセダンが低調で、フォードはセダン市場からの撤退を公表している。セダンは日本国内に加えて海外でも売りにくくなったから、車種数がさらに減った。

人気だったにもかかわらず消えた車種も

 同様のことがステーションワゴンにも当てはまり、以前は人気の高かったトヨタ・カルディナ、日産ステージア、ホンダ・アコードワゴン/ツアラーなどが過去のクルマになっている。 その一方で、人気の高いカテゴリーなのに廃止された車種もある。たとえば日産キューブは背の高いコンパクトカーで、2008年に発売された最終型は、2009年には1カ月平均で約5000台が登録された。 また2022年4月には、キューブに似た背の高いコンパクトカーのルーミーが1万1000台以上を登録して、小型/普通車の販売1位になっている。なぜ売れ筋カテゴリーのキューブを廃止したのか。 この背景にあるのは、海外を重視する日産の商品戦略だ。2011年以降の日産は、国内で発売する新型車を大幅に減らして、一時期は2年に1車種というペースになった。この影響を受けて、キューブは国内市場に適した売れ行きを伸ばせる商品なのに、廃止されてしまった。 直近ではホンダのオデッセイにも同様の傾向が見られる。価格が350〜450万円に達する高価格車としては、決して売れ行きの乏しいクルマではなかったが、生産を受け持っていた狭山工場の閉鎖に伴って廃止された。その結果、Lサイズミニバンは、トヨタアルファードの天下になっている。 ユーザーから見ると、キューブやオデッセイは優れた商品で、販売も堅調だった。セダンやステーションワゴンと違って、カテゴリーの人気も根強い。存続させるべき商品でも、メーカーの国内市場に向けた商品戦略が消極的になると、廃止されてしまうのだ。

  • 生産終了となったクルマとその理由
  • 生産終了となったクルマとその理由
  • 生産終了となったクルマとその理由
  • 生産終了となったクルマとその理由
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ