オレたちの崇める「神グレード」が! 他メーカーでシレッと使われた悲しい「グレード名」のクルマたち

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■世界的名車と同じ車名を名乗るクルマをピックアップ■同じグレード名を名乗りながらもまったく面影がないモデルもあった■海外で販売する際は敬意を評して車名を変えたケースもある

先輩がいるにも関わらず同じグレード名で市場に殴り込み

 今でこそ「GT-R=日産の専売特許」になった感があるが、振り返ってみるとその名跡に対する挑戦なのか、GT-Rの名を濫用していたメーカーがある。 そう大トヨタである。 多くの方が思い出すのはGT-FOUR登場前、流面形セリカの愛称で親しまれた4代目セリカの最強グレードの名称で、BNR32登場までの間隙を縫ったわけだ。 しかし、そのほかにも1983年登場の8代目(7代目のFRコロナと併売)FFコロナ4ドアセダン、9代目コロナセダンのスポーツグレードにもGT-R名称を使っているのだ。 マツダはもう少しGT-Rの名称に重みを持たせて、WRC参戦を睨んで追加された7代目ファミリアの最強版にGT-Rのグレード名を冠する一方で、こともあろうか2代目RX-7(FC3S)のベースグレードにGT-Rの名を用いるあたりに、ハコスカGT-R神話を終焉に向かわせたロータリーパワーの優位性を匂わせているのかもしれない(考え過ぎか?)。 GT繋がりで言えば、熱心なアルフィスタ(アルファロメオファン)にとっては日産のGT-Rにも匹敵するGTAの名称を軽々しく使って顰蹙を買ったモデルがある。 アルファロメオで言うGTAは「Gran Turismo Alleggerita」の頭文字を取ったもので、Alleggeritaは軽量を意味する。 なのでアルファロメオのGTAと言えば軽量化が必須なセミコンペティションモデル(近代のアルファロメオはそうとは限らないが)で、わかりやすく言えばホンダのタイプRのようなものだ。 そのAの意味を何とオートマに挿げ替えたのが、ランエボVIIに設定されたGT-Aだ。GT-Aは5MTに比較してトルコンの耐性に考慮してエンジン出力を8馬力、トルクを4.0kg-mほど抑えたほか、車重も80kgほど重いなど、Alleggeritaには縁遠いクルマだった。 ちなみにホンダも何故か「R」のグレード名を初代シティの上級グレードに用いていたが、その上にターボやターボIIなどのパフォーマンスグレードも存在することになったので、Rには特別な意味合いを持たせていなかったのは意外なハナシ。

同じグレード名を名乗るも拍子抜けするパターンも

 もうひとつ、初めて聞いた時にズッコケてしまったのが、ラパンSSなるグレード名である。 SSといえば、アメリカではシボレーがGT-RやタイプR的に1960年代から最強グレードに用いてきたもので、「Super Sport」の略称だ。カマロSS、シェベルSS、ノバSS、インパラSSと、ヒストリックカーの世界ではSSと付いただけでその価値が倍くらいは跳ね上がる、いわゆるコレクターズアイテムである。 それを一応体裁上はスポーツグレードではあるが、愛くるしいラパンに冠してしまったのだから、シェビーファンにとってはトホホ以外の何物でもないだろう。 スズキのGM領空侵犯はほかにもあるが、その最たるものが、ワゴンRのイカツイ顔をしたラインに用いられるスティングレーの名称だろう。 スティングレイ(こちらは音引きはつかない)と言えばかのコルベットが第2、第3世代にサブネームとして使用したもので、赤エイを意味する。スティングレイは第1世代のコルベットをベースに製作されたレースプロトの名称として初めて用いられ、同車はまさにエイを彷彿とさせる平べったい生物的なスタイリングをしていた。そのデザインモチーフを引き継いだのが1963年に登場した第2世代のコルベットで、このスタイリングあってのスティングレイなのである。 それをボクシーな赤エイとは関連性を見出すのが難しいワゴンRに用いるスズキの心意気たるや……。 最後に日本ではファンも多い、三菱のビッグ4WDクーペ、三菱GTOだが、これは三菱自体がその名称を日本国内仕様限定と自主規制したパターン。 三菱自体は古くは1970年に登場したコルト ギャランの最上級高性能グレードにGTOの名称を用いるなど歴史は古いが、欧州ではGTOと言えばフェラーリ至上最高の名車250GTOの代名詞であり、アメリカでは1964年に登場した元祖マッスルカーと呼ばれるポンティアック・テンペストGTOの専売特許だ。 その2大ビッグネームに敬意をはらったためだろうか、三菱GTOは海外では三菱3000GTを名乗った。 いまや軽自動車を除いてはグローバルカーと概念が当たり前のものとなりつつあり、マツダなどは車名に意味合いを持たせない、あるいは仕向地によって捉え方が異なる車名などは少数派となりつつある。 それでもまだ、トヨタのタンク(世界的には戦車の意味合いで取られることのほうが多いだろう)のような車名を与えられたトールワゴンも生まれたりするのが面白いところ。

  • ビッグネームと同じ名前を名乗ったクルマ
  • ビッグネームと同じ名前を名乗ったクルマ
  • ビッグネームと同じ名前を名乗ったクルマ
  • ビッグネームと同じ名前を名乗ったクルマ
  • ビッグネームと同じ名前を名乗ったクルマ
  • ビッグネームと同じ名前を名乗ったクルマ
  • ビッグネームと同じ名前を名乗ったクルマ
  • ビッグネームと同じ名前を名乗ったクルマ
  • ビッグネームと同じ名前を名乗ったクルマ
  • ビッグネームと同じ名前を名乗ったクルマ
  • ビッグネームと同じ名前を名乗ったクルマ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ