ガテン系クルマがここまで大人でオシャレになる! 「キャラバン」を変身させるオーテックの魔法

業界 WEB CARTOP

この記事をまとめると

■キャラバンにオーテック仕様の新モデルが登場■グリルやホイール、ボディカラーに専用品を装備する■専用シートやステアリングなどインテリアも充実している

こだわり派にオススメしたいメーカー純正カスタムの商用車

 クルマのカスタマイズブランドである「AUTECH」に新たなファミリーが加わることになった。それがこのキャラバンである。仕事でもプライベートでもこだわりのあるクルマを求めるユーザーをターゲットに開発されたというこのクルマは、確かにノーマルとは一味違う。統一感溢れるルックスは、紛れもなくほかの「AUTECH」と変わりのない感覚がある。 ベースモデルとなるのはバンのプレミアムGXというグレードと、ワゴンのGXの2種類。ともにボディ幅は標準幅、ボディ長/ルーフ形状はロングボディ/標準ルーフとなる。ワゴンではエクステリアのみとなる「AUTECH Exterior Selection」を選択することも可能だ。 エクステリアの基本装備は、どの角度から見ても美しく輝くドットパターンの「フロントグリル」と、ワイド&ローなスタイルを実現する「フロントプロテクター」、オーテックらしさが光る「ブルーLED」、そして力強さとプレミアム感を生み出す「15インチアルミホイール」だ。これ以外にオプションが準備されており、バンには「サイドシルプロテクター」「リアアンダープロテクター」「ルーフスポイラー」を設定。ワゴンには「ルーフスポイラー」を用意している。 インテリアは柔らかな触感が得られるレザレットシートが奢られている。それには同社の創業の地である湘南・茅ヶ崎の「海」と「空」をイメージしたさざ波模様とブルーのロゴ&ステッチがあしらわれているところが特徴的。2列目シートも同様のイメージだ。 ともに耐久性と撥水性に優れているところは、さすがのプロ仕様。これに合わせてステアリングとシフトノブにも同様のステッチが与えられているが、コチラは本革としているところが面白い。常に手が触れる部分にはさらに触感に対して気を配っているところはさすがだ。適材適所を考えて作り込んでいることが伺える。 さらに、ドアトリム内側にはシックなクロスが与えられ、肘が当たった時の感触が豊かになっている。ノーマルモデルでは柄が入るが、シックにしたところは他との統一感を生み出したかったのだろう。 さらに細かいところでは、エアコンの吹き出し口にあるシルバー加飾が、シルバーではなくトーンを落としたダークシルバーに変更してあるところだ。こんな細部までこだわるとは、さすがはコンプリートモデルの「AUTECH」らしさが光るところだ。これまたオプションではあるが、フロアマットもまた専用品が準備されている。隅々まで行き届く作り込みには脱帽だ。 ボディカラーはダークブルー、ダークメタルグレー、ミッドナイトブラック、ピュアホワイトの4色となるが、ここまで充実の「AUTECH」であれば、やはりテーマカラーとなるダークブルーが一押しか!? どのように売れていくのかちょっと気になる「キャラバンAUTECH」だ。

  • キャラバン・オーテック」の詳細をリポート
  • キャラバン・オーテック」の詳細をリポート
  • キャラバン・オーテック」の詳細をリポート
  • キャラバン・オーテック」の詳細をリポート
  • キャラバン・オーテック」の詳細をリポート
  • キャラバン・オーテック」の詳細をリポート
  • キャラバン・オーテック」の詳細をリポート
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ