この見たことないクルマは何モノ? S耐を走るイギリス車「ジネッタ」とは

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■スーパー耐久に参戦しているジネッタというクルマに注目■1958年に創設したイギリスの自動車メーカー■軽さを生かしたコーナーリングでの鋭さが武器

鋼管スペースフレームシャーシにマスタング用のエンジンを搭載!

 読者諸兄は「ジネッタG55 GT4」というクルマをご存じだろうか? 日本ではあまり知られていないが、ジネッタは1958年に創設されたイギリスの自動車メーカーで、プロトタイプカーを生産してル・マン24時間レースに参戦するなど、レーシングコンストラクターとしても活躍。そのジネッタがGT4規定に合わせて開発したマシンが、今回クローズアップするジネッタG55 GT4だ。 G55 GT4は2014年にリリースされたマシンで、2014年から2017年にかけてドバイ24時間レースでクラス優勝を獲得するほか、イギリスGTチャンピオンシップやピレリ・ワールド・チャレンジで活躍するなど豊富な実績を持つが、そんなG55 GT4が日本のスーパー耐久に参戦している。 ターゲットは「GT4公認車両およびGT4規格に準ずる車両」を対象としたST-ZクラスでTECNO FIRSTが同マシンを投入。スーパー耐久に初めて参戦したのが、2018年の岡山で、2019年は鈴鹿と岡山に参戦していた。2020年は新型コロナウイルスの影響で活動を休止していたが、2021年は活動を再開し、もてぎとSUGOに参戦。さらに2022年は第2戦の富士24時間を除いた6戦に参戦するという。 このジネッタG55 GT4はじつにユニークなマシンで、「アウディR8 LMS GT4」であればR8、「ポルシェ・ケイマンGT4」であればケイマン、「トヨタGRスープラGT4」であれば、GRスープラとベース車両となるロードゴーイングカーが存在するが、ジネッタG55 GT4にはベース車両がなく、マシンの成り立ちも鋼管スペースフレームシャーシにフォード・マスタング用の3700ccV6エンジンを搭載するなど純レーシングカー的な仕上がりとなる。最大出力は380馬力とライバル車両と比べるとやや非力な印象だが、車両重量はクラス最軽量の1085kgで、このライトウエイトこそ、ジネッタG55 GT4の特徴だ。

長距離レースでは十分に戦える性能を持つ

 TECHNO FIRSTのドライバーのひとりとして、同モデルのステアリングを握る安田裕信は「完全なコーナーリングマシンです。他車に比べるとストレートが遅いので予選は厳しいけど、決勝ではコンディションが悪かったり、タイヤが消耗してきた時は車両重量が軽いだけあってライバル車両に負けない走りができます。とくに岡山は合っています」とのこと。さらに安田は「決勝のロングは安定しています。ストレートでは抜けないけれど、長距離のほうが戦いやすい」と語る。 一方、同チームのエンジニアであり、同モデルの輸入販売を手がけるモノコレの阪直純氏によれば「軽さが武器なんですけど、もう8年ぐらい前の古いクルマですからね。以前はライバルも少なく、軽さで勝負できたと思うんですけど、最近はターボエンジン搭載のハイパワーを誇るライバル車両が増えてきたのでストレートが厳しい。トップスピードが220km/hぐらいしか出ないので、富士24時間レースをスキップした理由もそこにあります」とのこと。その一方で「岡山など小さいサーキットは十分に戦えると思います」と坂氏は付け加える。 残念ながら第4戦のオートポリスはリタイアに終わったが、予選ではウエット路面のなか、トップタイムをマークするなど抜群の走りを披露しただけに、得意とする第6戦の岡山ではジネッタG55 GT4の躍進に期待したいものだ。

  • スーパー耐久に参戦しているジネッタの全貌に迫る
  • スーパー耐久に参戦しているジネッタの全貌に迫る
  • スーパー耐久に参戦しているジネッタの全貌に迫る
  • スーパー耐久に参戦しているジネッタの全貌に迫る
  • スーパー耐久に参戦しているジネッタの全貌に迫る
  • スーパー耐久に参戦しているジネッタの全貌に迫る
  • スーパー耐久に参戦しているジネッタの全貌に迫る
  • スーパー耐久に参戦しているジネッタの全貌に迫る
  • スーパー耐久に参戦しているジネッタの全貌に迫る
  • スーパー耐久に参戦しているジネッタの全貌に迫る
  • スーパー耐久に参戦しているジネッタの全貌に迫る
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ