モータースポーツシーンに新たな伝説を刻む! 日産「Nissan Z GT4」を発表

モータースポーツ WEB CARTOP

この記事をまとめると

■日産フェアレディZに「GT4」が登場■テスト参戦していた車両をさらにブラッシュアップして仕上げたとのこと■2023年からデリバリー開始予定となっている

「GT4」規格に準拠したレース専用マシンが登場

 スポーツカー不況の現代において、新型として生まれ変わった日産を代表するスポーツカー「フェアレディZ」。厳密に言うと「ビッグマイナーチェンジ」という扱いの同車ではあるが、V6ツインターボエンジンや新開発の9速AT、まったく新しいインテリアなどなど、フルモデルチェンジ並の進化を遂げた今話題のスポーツカーだ。 そんなフェアレディZ、現在スーパーGTのGT500クラスで走っている実績はあるものの、スーパー耐久などといった市販車をベースとしたレースには本格参戦していない(テストという名目でスーパー耐久には参戦済み)。 そんなフェアレディZについに、モータースポーツベース専用となるモデルが登場した。それが、「Nissan Z GT4」だ。詳細を見ていこう。 まず、車名にもなっている「GT4」だが、これはレースを行う際のクラスを意味しており、他に「GT3」といったカテゴリーもある。今回「Z」が参戦できるのは名前の通り「GT4」クラスとなっており、これは「GT3」と比較してマシンなどのコストが抑えられており、アマチュアレーサーなども参加しやすい今注目のレースのカテゴリーなのだ。また、現在世界中の自動車メーカーが車両供給を行っていることもあり、さまざまなクルマが見られるのもこのカテゴリーの魅力のひとつ。 今回この車両開発を行なったのは、日産モータースポーツ&カスタマイズ株式会社(NMC)のNISMO Racing事業部。ベースとなるZの素性の良さを活かしながら、走行性能、安全性、耐久性、操作性を高次元でバランスさせたレースベース車となっているとのことだ。 また、先述した「富士24時間レース」にテスト参戦した車両をベースに改良を重ね、プロドライバーからジェントルマンドライバーといった幅広い有識者のアドバイスを元にさらに熟成されたモデルに仕上がっているという。 開発のポイントは、以下の通りとなる ・ベースのVR30DDTT型エンジンの素性の良さを活かしたエンジンチューニング・レース用に最適化したシャシーとサスペンション・レギュレーションの範囲内で最大限の性能向上を図った空力性能・居住性、操作性を最適化したコクピット 仕様などの詳細は、11月1~4日にアメリカで開催される2022 SEMAショーで発表する予定。車両の供給は2023年シーズンから開始するとアナウンスがあったので、来シーズンのレースシーンでは各所でこの「Nissan Z GT4」が見られるはずだ。 スーパーGTのGT500クラスではシリーズチャンピオンも見えてきた新生「Z」の活躍は、「Nissan Z GT4」が加わることにより、さらに広がることは間違いないだろう。「Nissan Z GT4」の今後の活躍に期待したい。

  • 「Nissan Z GT4」を発表
  • 「Nissan Z GT4」を発表
  • 「Nissan Z GT4」を発表
  • 「Nissan Z GT4」を発表
  • 「Nissan Z GT4」を発表
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ