動物とクルマの事故が増えている! 大型動物の場合「全損」もあるが保険によっては適用不可の場合もあった

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■道路上での動物の死亡事故が増えている■クルマで動物に衝突してしまった際、保険を使用することはできるのだろうか?■ペット、野生動物によって対応が異なる

路上で動物に遭遇するケースは珍しくない

 交通事故というのはなにも人間や車両が相手とは限らない。最近増えているのが動物だ。郊外にドライブに行った際に見かけたことがある人もいるかもしれないが、サルやシカ、イノシシも珍しくないという状況。もちろん地域差にもあるが、高速道路でのデータを見ると、道路上での動物の死亡事故は年間約5万件で、2000年に入ったばかりでは約3万6000件なので、かなり増えている。 また、北海道でのシカの事故は令和3年度で4009件で、調査を開始した平成16年度と比べると3.4倍という急激な増加を見せている。理由はよく言われるように、温暖化や開発で山に食べ物がなくなって、里に降りてきているからなど。道路は人間様の都合で作ったものなので、被害が多いというのは、動物にとって受難だろう。 上記はデータが取れる範囲での話だが、田舎暮らしを始めた知り合いに聞くと、「動物を見るのは珍しくもなんともないし、たまに事故になっている」で、「とくにシカやイノシシに当たるとクルマがかなり大きく破損する」という。場合によっては全損になって、乗っている人にも被害が及ぶことも。「夜はとくに注意が必要で、走らないほうがいい」というほどだ。

エコノミーでは野生動物との事故に対応できない

 つまり一般的な事故と同じレベルと言ってよく、そうなると気になるのは保険や補償の問題だ。動物たちは保険に入っているわけではないので、自車の保険でまかなえるのだろうか? 改めて考えると深刻な問題かもしれない。 まずは飼っている動物の場合で、これは所有者がいるため、対物で対応が可能だ。つまり、他人のモノを壊してしまったというのと同じと言っていい。問題は野生動物で、この場合は補償する相手がいないため、対物での対応は無理。そこで使われるのが車両保険だ。 ご存じのように、車両保険はフルカバーとエコノミーという大きくふたつに分かれるが、動物とぶつかった場合は、相手がクルマではないので自損事故扱いになる。これがポイントで、相手がいる場合のみを補償するエコノミーでは対応できず、泣き寝入りになってしまうので注意したい。 最後に動物とはいえモノとして扱われるのは自動車保険での話で、実際にぶつかったり、轢いてしまったら、保険の有無は関係なく警察への連絡は必要。動物愛護の点からできる限りの対応をしないと罰せられることもある。自分は遭遇しないだろうと思っていると、意外なところで出会うので、覚えておいてほしい。

  • 写真AC/WEB CARTOP
  • 写真AC/WEB CARTOP
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ