交通違反の取り締まりは1日なんと「1万5000件以上」! 違反件数ランキングを調べてみた

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■2021年に取り締まり件数が多かった違反をピックアップ■その場の警察官が感覚で判断するような違反は揉めやすい傾向にある■取り締まり件数自体の数では減少傾向にある

ここ最近で取締件数が多い交通違反とは

 交通違反の取り締まりにも流行り・廃りというか、違反者(捕まった人)が増えたものと減ったものがあるので、最新の傾向を確認しておこう。 警察庁が今年3月に公表した令和3年度=2021年度の「道路交通法違反の取締り状況」によると、昨年度、告知(青切符)・送致件数(赤切符)の合計数は、554万6115件! これは毎日1万5000件以上、交通違反でキップを切られている人がいるという計算だ。 その内訳を見てみると、昨年度1番多かったのは、「一時不停止」の158万8628件。 ドライバー側も、徐行はしても完全に止まりきらないケースが多く、現場の警察官とも「止まった」「止まらない」で揉めるケースが非常に多い。ドライブレコーダーがあれば、白黒はっきりするが、基本的に停止線の手前で止まるのがルールなので、はみ出して止まると一悶着起きる原因に……。 2番目は、「速度違反」で106万4818件。これは大方の予想どおりではないだろうか。後述するが、速度違反に関しては、「50km/h以上」の件数が増えている点に注目できる。 3番目は、「通行禁止」で75万7154件。スクールゾーンなど、時間限定で通行禁止になる道もあるので要注意。 以上が、2021年度の交通違反ワースト3。 その他で気になったのは、「歩行者妨害」の32万5796件。例の横断歩道で歩行者側が「お先にどうぞ」と譲ってくれても、「歩行者妨害」で違反になったと話題になった違反……。取り締まりを強化していると思われる項目なので、ドライバーは注意が必要。

取り締まりの増加率が上がった違反も調べてみた

 そしてここからは増加率に注目してみたい。 前年=2020年に対し、増加率がとくに大きかったのは、上記の「歩行者妨害」。前年比+12.1%と目立っている。続いては「携帯電話使用等」の「危険違反」。+10.6%携帯電話等の使用違反は、令和元年12月から罰則が強化されていて、同じ「携帯電話等の使用違反」でも「危険違反」(携帯電話等の使用等により道路における交通の危険を生じさせたもの)と「使用違反」(携帯電話等を保持、使用および画面注視)に分けられる。 そしてもうひとつが、50km/h以上の最高速度違反。これが+7.0%だ。最高速度違反全体では、-8.4%で、とくに25km/h未満は、-10.7%なので、軽微(?)な違反は目くじらを立てず、大きな違反を厳しく取り締まる傾向にあるようだ。 あとは全体的にマイナス傾向。 違反キップを切られたのは、2020年度に対し、20万5683件も減っているので、これは社会的にもドライバー的にもいいことだ。ただし、交通反則通告制度に基づき納付される反則金収入を原資として、地方公共団体が単独で行う道路交通安全施設整備の経費に充てるための財源として交付される「交通安全対策特別交付金」の予算は、年間530億円(令和3年)と決まっている! 取り締まり全体が甘くなることは考えられないので、ドライバーは引き続き交通ルールを守って、安全運転を心がけよう。

  • ここ1年で取り締まりが多かった交通違反を調べてみた
  • ここ1年で取り締まりが多かった交通違反を調べてみた
  • ここ1年で取り締まりが多かった交通違反を調べてみた
  • ここ1年で取り締まりが多かった交通違反を調べてみた
  • ここ1年で取り締まりが多かった交通違反を調べてみた
  • ここ1年で取り締まりが多かった交通違反を調べてみた
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ