いま軽を買うなら「スペーシアベース」は必ずチェック……というぐらい凄い! 商用車なのに装備も走りも燃費も贅沢すぎて笑う

コラム WEB CARTOP

この記事をまとめると

■スペーシアベースを公道で試乗した感想をリポート■軽商用車としては豪華すぎる装備や機能を備えている■シートなどの完成度や乗り心地は軽商用車の域を超えた完成度となっている

あまりの完成度の高さに軽商用車の覇権を取ったも同然!?

 空前のアウトドア、車中泊ブームの中、軽キャンのベース車としても重宝される軽商用車に新しい1台が加わった。それがスズキのスペーシア ベース。もちろん4ナンバーの商用車であり、その基準を満たすべく、後席は簡易シートとなり、ラゲッジスペースを優先したパッケージングの仕立ててあるのだが、じつは、中身はほぼ乗用軽、スーパーハイト系軽自動車のスペーシアと同じなのである。 たとえば、マイルドハイブリッドなしのNAエンジンのみとなるパワートレイン(CVTのファイナルギアレシオは荷物の積載を考慮して変更。6.512→5.643)、はともかく、ボディ、プラットフォーム、足まわりからインパネ、室内高など、スペーシアと変わらず。全10種類ものスズキの予防安全技術のスズキ セーフティ サポートも標準装備。全方位モニターまで用意されているのである(パッケージ)。 スペーシアとの違いは、エクステリアではリヤクォーターウインドウ部分にパネルが貼られ、その内側にスペーシア ベース専用のギヤ感、秘密基地感を醸し出すリヤクォーターポケットを装備し、さらにスペーシア ギアにも備わる撥水シート生地やルーフレールが標準装備されているところなどだ。 インテリアでは、フロントシートがスペーシアのセミベンチシートからセパレートシートに改められているほか、後席は軽商用車お約束の簡易ベンチシートとなり、スペーシアにあるスリムサーキュレーター部分はオーバーヘッドシェルフ(XFグレード)として活用されているのである。このアイディアを思いついた人に拍手を送りたいぐらいである。 また、開口部地上高540mm、フロア奥行き735mm(スペーシア最大525mm)、フロア幅最大1265mm、天井高1180mmもの大容量ラゲッジスペースには下中上段にセットできるだけでなく、縦にもセットできてキャビンとラゲッジルームを仕切れるマルチボードが標準装備! されるのだから、太っ腹である(他車ではOPのケースがほとんど)。 その上で、MC前のスペーシア カスタムの堂々感ある顔つきが与えられ、そのフロントグリル、フォグランプベゼル、ドアミラー、ドアアウターハンドル、リヤガーニッシュ、アルミホイール(XFグレード)がブラックパール仕上げになっている。ちなみに14インチタイヤは、よりエコ性能寄りのワゴンRスマイルのものを、空気圧を高めて採用しているという。

乗り心地は商用車の域を超えている!

 つまり、スペーシア、スペーシア カスタム、スペーシア ギア(一部ワゴンRスマイル!?)のいいとこどりをした、ある意味、超贅沢な軽商用車バンが、スペーシア ベースということになる。しかも、アウトドア、車中泊、そしてテレワークへの対応として、AC100V/1500W電源を車内に引き込めるアクセサリーも用意されているのだからアッパレである。 が、新型スペーシア ベースの魅力はそれだけにとどまらない。実際に市街地、高速道路を2名乗車+アウトドアグッズ満載で走ったのだが(基本、2名乗車)、NAエンジンはトルキーでスムースに回り、高速走行でも動力性能に不満なし。80~100km/hの巡行もストレスなくこなしてくれる実力の持ち主だったのだ。巡行時なら車内の静粛性も乗用軽のスペーシア並みで、ロングドライブもすこぶる快適だった。WLTCモード燃費も軽商用車NO.1の21.2km/Lを誇るのだから、このガソリン代高騰時代には格別に嬉しいではないか。 その想定外の快適性能を実現するひとつのポイントが、前席シートのかけ心地の良さだ。たとえばN-VANだと運転席はかけ心地より耐久性重視のシートとなり、助手席に至っては簡易シートとなり、働くクルマ然としたかけ心地になる。ところがスペーシア ベースの場合、乗用軽とまったく変わらないセパレートシートのかけ心地となるのである。 そして、足まわりについても基本的に乗用軽のスペーシアと変わらないため、乗り心地、直進性、カーブでの安定感などに商用車感は皆無。スーパーハイト系軽自動車に乗っていたユーザーがいきなり乗り換えてもまったく違和感なく(インパネも色使いの違いだけでスペーシアそのもの)走れるに違いないのである(偉い!)。 しかし、荷物を積む前提の軽商用車でなぜ、そうした軽乗用車的乗り味が実現できたのか? もちろん、プラットフォーム、足まわり、タイヤが軽乗用車のスペーシア、ワゴンRスマイルと同じだから……と考えるのが正しいのだが、じつはもうひとつ理由がある。それは推測だが、軽商用車としての最大積載量を、一般的な350㎏から200kgとしているところにもあるように思う。200kgの根拠は、実際のユーザーの積載重量に基づくデータとのことだが、それによってリヤサスの耐荷重によるセッティングをそれほど硬めずに済んだことが理由であると想像する。 というように、スペーシア ベースはアウトドア、車中泊にもぴったりな秀逸な使い勝手だけでなく、NAエンジン搭載車としての走行性能にも大いに満足できる、「軽バンを侮る事なかれ!」な1台ということだ。

  • スズキ・スペーシアベースの走りと装備の完成度が圧巻だった
  • スズキ・スペーシアベースの走りと装備の完成度が圧巻だった
  • スズキ・スペーシアベースの走りと装備の完成度が圧巻だった
  • スズキ・スペーシアベースの走りと装備の完成度が圧巻だった
  • スズキ・スペーシアベースの走りと装備の完成度が圧巻だった
  • スズキ・スペーシアベースの走りと装備の完成度が圧巻だった
  • スズキ・スペーシアベースの走りと装備の完成度が圧巻だった
  • スズキ・スペーシアベースの走りと装備の完成度が圧巻だった
  • スズキ・スペーシアベースの走りと装備の完成度が圧巻だった
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ