かつての栄華はドコへやら! 3年ぶりのデトロイトショーに「大物」がほとんど参加しなかった

業界 WEB CARTOP

この記事をまとめると

■デトロイトショー2022をリポート■今回は自動車メーカーの経営陣の参加の少なさに焦点を当てた■各メーカーの関心が向いていないことを実感させられた

かつてのデトロイトショーは華やかだった

 かつてのデトロイトショーといえば、世界初披露モデルが続々登場するだけでなく、各ブランドの経営陣が勢ぞろいすることにも筆者は興奮し、プレスデーに会場内を駆け巡ったことを覚えている。 たとえば、過去にダイムラーでCEOを務めていた、ディーター・ツェッチェ氏は在任期間中デトロイトショーのプレスデーにおけるプレスカンファレンスに必ずと言っていいほど出席していた。ツェッチェ氏のスピーチを聞くと、「年が明けたんだな(昔のデトロイトショーは年明け早々に開催されていた)」と思ったものであった。やはり地元アメリカンブランドの幹部は見ものであった。“最後のカーガイ”とも呼ばれ、GM(ゼネラルモーターズ)で副会長まで務めた、ボブ・ラッツ氏、そしていまもフォードの会長であるビル・フォード氏などなど、もちろん日系ブランドの幹部も会場を訪れていた。 世界的にも年明け一番ぐらいに開催される世界的に格式のある自動車ショーということもあり、“世界的業界賀詞交歓会”ともいわれていたほど、華やかなものであった。 さらに、世界的メーカーの幹部だけではなく、ミュージシャンなどのアーティストをゲストとしてプレスカンファレンスに招待することもあった。とくにメルセデス・ベンツブランドでは毎年のようにサプライズゲストがカンファレンスに登場していた。フォードでは2018年に先代マスタングをベースにした、映画「ブリット」に出てきたマスタングをオマージュした“ブリット仕様”を発表したのだが、その席上には映画ブリットで主演を務めたスティーブ・マックイーン氏のお孫さんが出席しておおいに盛り上がった。 華やかさがあるだけでなく、アメリカらしい“お祭り騒ぎ”的演出もばっちりのデトロイトショーはまさに一流の自動車ショーであった。

様変わりを寂しく思った

 2019年1月に開催されたデトロイトショーは1月開催最後のショーであり、それまでのオーソドックスなオートショースタイルでの開催も最後とされた。しかしすでに出展を取りやめるブランドも目立ち、「トヨタが新型スープラのワールドプレミアをしなかったら何もネタがなかった」と言われるぐらいの状況であった。しかも、単にスープラをワールドプレミアするだけでなく、豊田章男社長が日本から駆け付けユーモアたっぷりのスピーチを行い、これに救われたメディア関係者も多かったはずだ。 今回のデトロイトショーはというと、カンファレンスを行ったアメリカンブランドも、フォードにてビル・フォード会長が出席したものの、ほかでは発表するモデルのブランドの責任者が登壇する程度であった。 ただ、カンファレンスには登壇しなかったものの、ステランティスのジープブランドのプレスカンファレンスには、ステランティスのカルロス タバレス会長が姿を見せ、往年のデトロイトショーばりにメディア関係者がザワついていた。 今回のデトロイトショーでは、参加しているブランドが非常に限定的だったものの、参加していないメジャー自動車メーカーの幹部も多くが会場を訪れたとの話も聞いている(様子を見に来たようだ)。開催規模からいっても、世界の業界幹部が公式に集うということは考えられないが、往年のデトロイトショーと同じ場所で開催されていただけに、往年のショーを思い出しながらその様変わりを寂しく思ってしまった。

  • 3年ぶりのデトロイトショーに自動車メーカーの経営陣があまり参加していなかった
  • 3年ぶりのデトロイトショーに自動車メーカーの経営陣があまり参加していなかった
  • 3年ぶりのデトロイトショーに自動車メーカーの経営陣があまり参加していなかった
  • 3年ぶりのデトロイトショーに自動車メーカーの経営陣があまり参加していなかった
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ