原宿にポール・スミス(本人)降臨! コラボMINI2台を前にマシンガントークショー

業界 WEB CARTOP

この記事をまとめると

■MINIとポール・スミスのコラボで2台のワンオフカーを制作■東京の原宿にて期間限定で展示■イベントに先立ちメディア向けにポール・スミス氏のトークイベントが行われた

約20年ぶりの再コラボ!

 ポール・スミスと聞いて、洋服やバッグを思い浮かべたアナタ! 極々一般的な知識をお持ちです。もしクルマがいの一番に浮かんだら、相当重度な自動車マニアといえるでしょう。 そんなポール・スミスさんが来日するイベントがあると聞いて、いてもたってもいられなかった私。じつはその名を聞くと、ファッションもクルマも同時に浮かぶので、ちょっと変わったタイプなのかもしれません。当然自動車メディアの編集を仕事として選ぶぐらいですから、クルマは大好き。そしてかつては、財布もバッグもポール・スミス、もうちょっとおカタイ前職時代は通勤スーツもシューズもポール・スミスと、かなりこのブランドにハマっていたんです。 それはさておき、今回のポール・スミスさんが登場するイベントは、自動車ブランドのMINIが主催したもの。 念のために説明しておくと、ポール・スミスさんは、1970年代から同名のブランドを展開する英国のファッションデザイナー。極東に住むしがないサラリーマンの私ですらファンになるぐらい、世界的に有名なブランドに成長させた、超有名人です。 一方自動車のMINIは、もともと英国ブランドのクルマ。BMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)が1950年代から販売していて、その姿と名前はクルマ好きならずとも「オシャレカー」としてけっこう知られ、女性ファンも多いモデルです。2001年からMINIはBMW傘下のブランドとして、ある意味まったく別モノのクルマになるのですが、デザインイメージをシッカリ踏襲することで、ファンが離れるどころか増えている印象。クルマ好きはBMCのモデルをオリジナルミニとかオールドミニとか呼び、BMWになったあとのMINIをBMWミニなんて呼んだりしますが、まぁそんなのはマニアの話で、一般の人にとって、MINIと名が付いていればどちらでもいいでしょう! じつはポール・スミスさんとMINIは1990年代にコラボし、ただでさえファッションアイコン的なルックスをもつMINIを、さらにオシャレに加飾した特別モデルを登場させているのです。ある意味、そもそもが世界的なファッションデザイナーのお眼鏡に適うようなオシャレなクルマじゃなきゃ、コラボできなかった可能性はありますね。あとは英国繋がりなんてのも影響していたのかもしれません。 さて、前置きが長くなりましたが、今回のイベントとは、再びポール・スミスとMINIがコラボし、新たに2台のワンオフカーを作り上げ、それを公開するという内容です。 平日の午前中だというのに若きファッションモンスターたちがこれ見よがしに闊歩する街、東京は原宿にあるイベント会場に入ると、すでに2台のMINIがスタンバイ。そのうちの1台、青い「MINI Recharged」のほうは、いわゆるオリジナルMINIです。 一体どんな仕様なのか……なんて思って眺めていると、写真でしか見たことがないポール・スミスさんが降臨! 軽い紹介を挟み、BMWグループのMINIデザイン部門責任者のオリバー・ハイルマーさんとのトークセッションがスタートです。このメディア向けイベントは、基本このふたりのトークがすべて。 クルマにしてもファッションにしてもデザイナーというと、浮世離れした気難し屋のイメージ(完全な私の偏見ですね!)。ところがオリバーさんとポールさんのトークは、じつは台本ナシじゃないの? ってぐらいの、一流芸人のフリートークのよう。英語で繰り広げられる掛け合いを同時通訳でレシーバーを通して日本語で聞くわけですが、さぞかし通訳さんは苦労されたことでしょう。日本語ネイティブな私が、イヤホンから流れる日本語で追うのもやっとなほどの、ユニークなマシンガントークでした。デザイナーさんてもしかしたら、気さくな陽キャ的人種が多いのでしょうか? そのトークによれば、BMWからポール・スミスさんに1本の電話があり、「またコラボしようよ!」「だったら単にデコレーションするんじゃなく、それ以上のこともできるよね。BMWがテーマとするサステナビリティとか」「OK!」 といった感じでプロジェクトが進んだようです。ちなみに、コロナ禍ということもあり、一度ミュンヘンに行っただけで、あとは「魔法」がやってくれてクルマが完成したのだとか。

着ていたシャツをその場で切り取って塗装カラーの参考に!

 ではザッと車両を紹介しましょう。この2台は、どちらも電気自動車でワンオフモデル。オリジナルMINIのほうは先ほども紹介したように「MINI Recharged」という名前で、BMW MINIのほうは「MINI STRIP」です。走る云々ということではなく、BMW&MINIが目指す電動化、サステナビリティを想起させるコンセプトカー的なイメージで作られたもの。 青いMINI Rechargedは、当時のガソリンモデルをEVにコンバートしたもので、どうも欧州では、こういうオリジナルMINIのEV化が少しずつ一般化しているよう。 この青いボディカラーは、塗装屋と打合せしたときにポール・スミスさんが、「今着ているシャツの青にしてほしい」と突然思いつき、シャツの一部を切り取って渡したのだとか。実際に切り取ったシャツも持ち込まれていたので、ポール・スミスさん、かなりユニークかつトリッキーな方のようです。 また、まるでフォーミュラカーのようにステアリングが外せる仕様になっていて、これは「背も高くて足の長い私が小さなMINIに乗り降りしやすいようにこうしたんだ」と、ポール・スミスさんから説明がありました。一流のジョークのようですが、その場で乗り込んだ様子を見ると、かなり窮屈そう。まんざら冗談ではないのかもしれません。 MINI STRIPのほうは、なんと塗装してない金属地剥き出しのボディ。当然MINI側は、「塗らないの?」と聞いたらしいですが、「この塗らない感じ、キズもそのままっていうのがいいんだ!」ということで、普通のクルマじゃ見られない外装になったとのこと。 さらにサステナブルなクルマということで、車内にはコルクを多用。コルクは木からとっても枯れることなく再生するらしくそれが持続可能な素材としてピッタリだったのだとか。また樹液を接着剤として使用することで、化学物質を使わずに済んだという。 と、この2台のMINIは、今後のMINI(BMW)の進む方向をイメージしたクルマとなっていることはお伝えしたとおり。具体的には、2024年、日本市場に電気自動車のMINIが登場するという。 え? 色んなメーカーがけっこう電気自動車出してるのに、かなり先じゃん! 出遅れてない? と思った方もいるでしょう。もちろんMINI側もそういう意見があることはわかった上での敢えての2024年だという。まだ日本では、一般ユーザーのEVへの認識が深まっていないこと、インフラが不足していることなどがあり、この「間」がそれを埋めてくれると予測する、とのことでした。とはいいながら、2023年3月2日には新たな情報が公開されるとの予告も飛び出しました! 3月2日はミニの日ですからね。楽しみに待ちましょう。 さて、今回紹介したMINI×ポール・スミスのコラボカー2台は、一般にも短期間ながらも期間限定で公開されます! 会場もオシャレ、クルマもオシャレで、写真映えすること確実、さらに東京の原宿と素晴らしい立地のイベント会場なので、ぜひこの機会に貴重な実写を見に行ってほしいと思います。詳しくは以下に記載しますが、事前申込をすることでドリンクがサービスされたり、抽選でギフトがもらえたりのイベントもあるので損はしませんぜ!

「MINI × Paul Smith in 東京」

 日程:2022年10月7日(金)~10月12日(水)11:00~20:00 会場:BA-TSU ART GALLERY 東京都渋谷区神宮前5-11-5 入場料:無料 イベント特設ページはこちら https://www.mini.jp/ja_JP/home/mini_paulsmith/index.html 事前申込サイトはこちら https://secure-pv4.mini.jp/mini/jsf/promotion3/mini_paulsmith/top.jsf

  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
  • MINI×Paul Smith コラボレーションカー
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ