車Q&A

教えて!goo教えて!goo

「教えて!goo」に寄せられた車に関する質問と回答です。国産車や輸入車、中古車の購入や各メーカーのサービス、車検の手続きまで、車やバイクの疑問はここで解決!

NASVAの乗員保護性能で軽自動車も上位にありますが正しいですか?

2019/11/29質問者:takumiio

安全性は普通車だという人が多いですが、乗員保護性能を見ると軽自動車も上位に入っています。
この安全性能の試験はどの程度信用できますか?
今回は1500CCでみていますが1500-2000CC以下で見ても、ホンダ N-WGN の 87.35 点を下回る車が非常に多いです。
実際問題として本当に多くの普通車よりも安全な軽自動車というのは存在するのでしょうか?
それとも、性能試験の結果のみで実際には危険なのでしょうか?

入っています。全体で見れば普通車が安全でしょうが、車種によっては他の多くの普通車よりも安全な車もあるのでしょうか?

あと、こちらの票は6年昔で古いです。新しいものはどこかにありますか?

乗員保護性能
2013 ホンダ フィット HYBRID・Lパッケージ 乗用車(1500cc以下) 92.59 点
2013 フォルクスワーゲン ゴルフ TSI Highline 乗用車(1500cc以下) 90.82 点
2012 トヨタ カローラフィールダー 1.5G / カローラアクシオ  乗用車(1500cc以下) 90.2 点
2013 ホンダ N-WGN G・Aパッケージ 軽自動車 87.35 点
2012 トヨタ スペイド F 2WD / ポルテ 乗用車(1500cc以下) 81.62 点
2012 日産 ノート X 乗用車(1500cc以下) 81.04 点
2012 日産 ラティオ X 乗用車(1500cc以下) 79.87 点
2013 ホンダ N-ONE G・Lパッケージ 軽自動車 79.71 点
2012 トヨタ アクア S 乗用車(1500cc以下) 79.09 点
2013 三菱 ミラージュ M 乗用車(1500cc以下) 78.80 点

http://www.nasva.go.jp/mamoru/car_list

回答(4件)

  • A

    回答No.4

    2019/11/30回答者:chiha2525

    試験結果は十分に信用できます。普通車も軽自動車も同様の素材ですし、今では同じ基準で設計されていますから、むしろデカいほうが強度の確保が難しくなる面もあります。

    ただ、安全試験というのは試験項目の対策の有無で大きく結果が違ってくる面があって、逆に言えばメーカーは全方位の安全性確保ではなく安全試験項目のみの安全性確保しかしないというところがあります。大昔は正面衝突だけの試験だったのが、半分だけぶつけるオフセット衝突や25%だけのスモールオーバーラップ衝突を行うようになりました。試験の切り替わり前後で、対策前のクルマはかなり安全性が低いという結果になり、それにちょこっと”対策”するだけで”安全性”が跳ね上がる、という結果も出たりします。まぁ安全試験の点数というのは、その程度にしか信用できない点数でもあります。

    例えば、エアバックが沢山ついているクルマも少なくないですが、Aピラーはどのクルマも手つかずで、これに頭をぶつけて死ぬ事故は少なくないだろうと私は思っています。もちろん斜め45度方向に人が頭をぶつけるような安全試験は無いので対策などされないままです。


    とはいえクルマに乗っている人の安全性は高く、歩行者と比べた場合、事故時の危険性はクルマに乗っていれば1/100くらいになるのではないでしょうか。

  • A

    回答No.3

    2019/11/30回答者:mocmoc

    >採点方法ですが正直良くわからないです

    評価自体を論ずるのに「ここ」を飛ばすと意味がないです。

    >>N-WGN より屋根の低い N-ONE が7点も低いという事実もみるべきではあります。
    >これはどう評価すべきということでしょうか?

    四角い小屋で四隅に各柱で四本あるとしましょう。
    小屋なので柱の上には当然屋根が乗っています。
    柱が2mの小屋と4mの小屋とは、どちらが屋根がグラグラ揺れるでしょうか?

    高ければ高いだけ不安定ですよね?(想像できてますでしょうか)
    なのに N-ONE より背(屋根)の高い N-WGN の方が安全という結果。

    こういった合計点数はの中身をしっかりみないといけないのです。
    例えば
    「サイドエアバッグ(ご存じでしょうか?頭が横に振られてドアのガラスに頭をぶつけないようにするための装備です)」
    これが付いていないだけで1ヶ所につき 3.5点 も減点されます。
    運転席と助手席に付くか付かないか(片方ということはあまり無いので)、
    サイドエアバッグ無ければもう 7点 減点なんです。

    つまり「7点も高い」は運転席にしてみれば「3.5点高い」になりますし、
    逆に見れば車自体の安全が低くてもサイドエアバッグ付いてると7点安全な車と同じ安全性能に見えてしまうという事です。。
    ということです。
    部位ごとに採点されているので、それをすべて見比べての評価が必要です。

    >無数の車がありその中でトップ10の安全性を誇るのであれば、
    >そこからどれを買ったとしても同じではないかと

    上記で説明したように、あくまで「合計点数」がそれなだけで、中身をみないといけないことになります。
    まず一人でしか乗らない人は、ある意味後部席の安全指数が高くても、その人の運行スタイルにとっては大差ないと。

    >実際の事故では軽が不利になるのでしょうか?
    >この試験のどこに欠陥というか問題点が

    一定の位置からの入力しか試験しないからです。
    現実の事故はどこにどう当たるかは不明ですから、言ってみれば試験専用の設計で高得点の結果を狙える。

    特に差が出るのは近年主流の背の高いトールワゴンは「非常に転がりやすい」。
    当然横転時の衝撃は想像に容易いでしょう。
    他にも色々有りますが、条件の問題です。

    この回答へのお礼

    ありがとうございます。サイドエアバッグについては、ネットでついてない車はすごく危険だとやららと叩かれており、とりあえず付いているものを買いました。
    中身を知らなくても、様々なリスクが有りどれが実際に当たるかがわからない以上、合計点が高ければ平均的に見ればより安全性な車になっていると考えてもいいということでしょうかね?点数の配分を見ていてよく考えられているなぁーと逆に思ってしまいました。車自体といっても実際にはシステム全体で安全というのが結果として運転者を守れることに繋がりますし・・・
    もちろん、各々個人でリスクの多い運転の仕方が特定できていればそれを重点的に加点してもいいでしょうが実際には困難ですし。

    2019/12/01質問者:takumiio

  • A

    回答No.2

    2019/11/30回答者:kaitaiya

    以前の軽自動車の場合、安全基準が普通車に比べて低く設定されていたのでそういう風潮はあります。
    ですが現行モデルでは軽も普通車も安全基準は同等になり、最低ラインは同じです。
    大きいモデルは有利とか金額が高い方がメーカーも力を入れているという面はありますが・・・・・

    なので試験方法によっては軽自動車が上位に来る可能性は高いです。

    なお実際の事故の場合、まともにぶつかった場合は軽の方が不利ですが、もう少し軽微な接触とかですと乗員のダメージはむしろ少ない例も多いです。
    ぶつかり方によっては車重の軽さから軽の方が飛ばされたりすることがままあります。
    それが受け身を取る格好になって衝撃を逃がすことになっているケースが割とある、という感じです。

    この回答へのお礼

    >なお実際の事故の場合、まともにぶつかった場合は軽の方が不利です
    この話は普通車との比較でよく聞きます。現在(いつ頃から?2013年頃も?)は普通車と全く同じ基準であれば、この試験を信用しても良いような気もするのですが、なぜ、実際の事故では軽が不利になるのでしょうか?この試験のどこに欠陥というか問題点が残っているのか教えていただければ幸いです。

    2019/11/30質問者:takumiio

  • A

    回答No.1

    2019/11/30回答者:mocmoc

    新しいものというか、試験した年式で決まるので、個別にみるしかないかと。
    昨年から採点方法が変わっているのも注意。

    >どの程度信用できますか?

    試験と同じ衝突に関しては事実同等ですね。

    N-WGN より屋根の低い N-ONE が7点も低いという事実もみるべきではあります。

    この試験の採点方法もよく読んでおきましょう。

    この回答へのお礼

    採点方法ですが正直良くわからないです。ざっくりと、いつくらいからであれば軽でも普通車でも同等の試験(実際の事故でも差が出ない)をしていると見れば良いのでしょうか?
    >N-WGN より屋根の低い N-ONE が7点も低いという事実もみるべきではあります。
    これはどう評価すべきということでしょうか?
    無数の車がありその中でトップ10の安全性を誇るのであれば、そこからどれを買ったとしても同じではないかと思うのです。
    上位であれば、あとは事故状況によるところが大きくなり運ではないかと思ったりもするのです。

    2019/11/30質問者:takumiio

ゴルフトゥーラン(フォルクスワーゲン)のQ&A

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ