車Q&A

教えて!goo教えて!goo

「教えて!goo」に寄せられた車に関する質問と回答です。国産車や輸入車、中古車の購入や各メーカーのサービス、車検の手続きまで、車やバイクの疑問はここで解決!

電気自動車はなぜ普及しない(させない)のでしょうか?蓄電池問題以外に本質的な問題はありますか?

2020/11/22質問者:elee_f

電気自動車について調べていたのですが、エンジンよりも熱効率(同じガソリンから動力に使える割合)はすでに超えており*1、なぜ、普及しないのかが気になっています。
蓄電池の価格的な問題は量産体制や技術進歩で変わる気がしますし、国などが支援してもいいと思います。中国ではそのような体制らしいです。なぜ、日本は電気自動車に消極的なのでしょうか?この流れに乗り遅れれば日本の屋台骨である自動車産業が昔のコダックみたいにならないか不安です。
また、個人的には自宅の200V(エアコンで使ってるもの)でも充電ができるようでGSに行かないで済むためかなり便利と言う気もします。

*1 https://blog.evsmart.net/electric-vehicles/electric-vehicles-are-more-efficient-than-ice/

回答(44件)

  • A

    回答No.44

    2020/11/29回答者:fba

    …そもそもできない相談。

     リチウムの可採埋蔵量は全ての自動車をバッテリーで動かすとすると数千万台分も無いんですよ。既に作った車の分をリサイクルしても数年分の生産台数分に過ぎません。

     海水に含まれるとされるリチウムを効率良く取り出せる技術が出来れば事実上無尽蔵と言える状態になりますが、本当に含まれていてそれを効率よく取り出せればという、今のところ当てにならないお話。(全固体電池ならリチウム要らないと思っている人もいるけど嘘。液体を使わないというだけ。)

     リチウム以外の可採埋蔵量が十分ある元素だけで高性能な電池を作るという解決方法もありますが、これも今のところ研究段階に過ぎない。(鉄が使えるという話もあるらしいので、そうなれば事実上心配なくなりますが。)

     あとはカタログ値で300kmくらいしか走れない日産の初代リーフあたりの電池容量でも一般家庭の使用電力量の2日分くらい賄えるということは、超楽観的にみて日本の消費電力量が2割くらい増えるという事ですよ(車1台1日平均30kmも走らない)。発電量も送電網の容量もその分増やさなきゃいけない。で、こういう話を平均値で語るとダメなんですね。みんなが一度に充電しちゃダメって事だし帰省ラッシュなんかになったら日本中ブラックアウト。楽観的に見ても発送電能力が今の倍くらい、ガソリン車同等に使える事を目指すと5倍くらい必要かな、と。

    >なぜ、日本は電気自動車に消極的なのでしょうか?この流れに乗り遅れれば日本の屋台骨である自動車産業が昔のコダックみたいにならないか不安です。

     ハイブリッド車のエンジンを止めればバッテリー車ですからね。むしろ世界中で一番電気自動車の大量供給に近いところにいるのは日本では?売れるならやってるでしょう。中国でも補助金漬けにしてやっとシェア2%でしょ?補助金なしでは0.1%くらいしか売れないでしょうから、そこら辺が市場の評価って事です。

    この回答へのお礼

    リチウム可採埋蔵量について
    枯渇が心配されることが多いが,自動車の電動化等でリチウム需要が増したとしても,リチウムの埋蔵量は十分にあり,短・中期的に見てリチウム資源が枯渇する心配はない
    https://www.jstage.jst.go.jp/article/swsj/66/1/66_2/_pdf

    電力についてはグリッドを組み例えばGW前の航空券が極端に高くなるよな感じで電力も需給バランスに応じて変動させることでピークの低減が可能かと思います。少し前まで夜間電力が安かったですが蓄電技術を活用することであまった電力を蓄電に回してもらえば平準化できるという感じです。航空券のチケットの価格と需給みたいなイメージです。

    確かに日本のハイブリッドは凄いと思います。実質電気自動車といっている評論家もいました。しかし、ここまでテスラにリードを許しており、時価総額ではすでにトヨタを抜いてしまっています。市場の評価を見誤っているような気もするのです。とりあえず、トヨタはうまくすればテスラと同程度の時価総額の会社をもう1つ作れるか、トヨタの株価が二倍になるチャンスを逃したわけです。そして、未だに市場で評価されるほどの製品化が進まず不安に感じています。

    2020/11/29質問者:elee_f

  • A

    回答No.43

    2020/11/24回答者:zipang_style

    1.給油なら5分程度で済むが、充電する場合は30分~1時間かかる。
    2.都市部に住む人はマンションが多いから自宅で充電出来ない。

    中国は「エンジンを造る技術は無いが、モーターならば作れる」から。

  • A

    回答No.42

    2020/11/24回答者:ぐーるぐる

    石油団体の力が、未だに絶大だからでしょう。
    政治家も、お金出してくれる団体に楯突けませんからね。
    バッテリー団体は勧めたいはずだけど、それを許さない石油業界。
    政治家がはっきりものを言えないから進まない。
    爺様たちが権力握って、手放さないから、先進国から外れちゃってるんですね。もう、その点で言えば後進国でしょ。SDGsしかり。
    石炭仕様の割合も減らないし。そりゃ、海外から攻められて、小泉君も血迷ったセリフを言葉足らずで使いますよね。パニックだったでしょうね。

    政府、電気、バッテリー、研究機関(大学)、車関連、メディア。
    いろんな関係者、業界が、団結しないと難しいですよね。

  • A

    回答No.41

    2020/11/23回答者:larme001

    電気スタンドに莫大な金がかかりすぎるのでいきなりやるのが無理だからです。

    そもそもいくらバッテリーの質が上がってきたと言ってもバッテリーは劣化するし、車のような振動や雨などかなり劣悪な環境で耐久性を維持したまま使用するにはまだ実績が足りなすぎる。

    現状としては一部の社用車とか公共の決まったルートを走る車で用いるぐらいが精一杯。とてもじゃないが、中古市場で買い叩いて貧乏人が雑に扱っても安全に問題なく乗りつづけられるレベルではない。

    タクシーなどの距離が伸びる車は実際は、ガソリン車よりもLPガス車とかの方がメリットがあるからそういうのは普通に普及してるしね。

    何も電気だけが直ちに答えとは言わない。

    ちなみに一般人が買う場合に一番問題になるのは充電ステーションの有無もそうですが、充電時間の長さもネックになります。最速の充電でもほぼゼロから満タンにするには30分から1時間ぐらいはかかります。

    この回答へのお礼

    電気スタンドですが普通の家は200Vの単相が来ています。外からの取り込みが3本あれば実は200Vのケーブルが遮断器まで来ています。物理的な工事はそこだけですのでかなり安く済むかと思うのです。スマホと同じような感じで家で充電。出先でどうしても困ったらそこで充電。こんな感じかと。

    2020/11/25質問者:elee_f

  • A

    回答No.40

    2020/11/23回答者:tknakamuri

    FCVの低価格化待でしょうね。
    現状でも航続距離650km
    水素充填3分を実現してますが、
    まだ―台700万円もします。
    水素ステーションもまだ東京で4ヶ所。
    5年後にコストが2/3くらいなるらしいので
    高めのHEVくらいなり、中古なら手が届きそう。
    10年後を期待したい。

  • A

    回答No.39

    2020/11/23回答者:Tacosan

    実は, かつては今よりも電気自動車が普及していたらしいよ.

  • A

    回答No.38

    2020/11/23回答者:hawaiifight

    アメリカでも田舎は充電できるガソリンスタンドがほぼ無いので都会以外は少ないですね。自宅で充電も出来ますが急速充電でなくかなり時間かかるので家の近くを走る程度の走行距離で、毎日自宅で長時間できる環境の人以外は厳しいですね。

    あと、日本で売られてるプリウスとアメリカで売られてるプリウスは出てる電磁波が全然違うと聞きました。アメリカは健康被害にうるさく訴訟されるのでかなりきちんと作ってるのに対して日本のは適当だと。新幹線などの電磁波もかなり適当に作ってる(グリーン車はしっかり保護されてる)というのを聞きます。

    個人的には20年くらい前に発明されて今も実は既に大量生産可能(利権団体に邪魔されてる)水で走る車の方がいいですね。これを早く作ってもらいたいです。

  • A

    回答No.37

    2020/11/23回答者:うぱc

    いやするよ、まぁでも日本は先進的な技術を取り入れようとなかなしない国だからね
    上が無能だからね、安倍とか。

    ただ電気自動車は必ず増えていく。
    今は日本として設備が足りなくなる。

    予想だけど、将来的に充電式の電気自動車はなくなると思う。
    一瞬で充電できるならわからんけどね。

    電気自動車の技術を応用した水素自動車がメインになると思う

  • A

    回答No.36

    2020/11/23回答者:マーケッティング初心者

    価格が高価。充電時間コスト。場所により、安い燃料確保が困難。
    電気自動車に関する知識も、体験も普及しておらず購入障壁になってます。
    企業の販売促進活動も、活性化してると思えない。(マーケッティングの4p)

  • A

    回答No.35

    2020/11/23回答者:nouble1

    此、

    https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12026567.html
    読んで くださいな。


    其れと、

    朝 起きて、
    充電 逃していたら、

    会社、学校、
    休み得ますか?
    遅刻し得ますか?

    約束時間 破るのが、
    当たり前ですか?

    とても 端的ですよね?


    因みに、

    ご提示リンク先は、
    目に するだけでも、
    気分を 害するような、
    唯の 詭弁ですし、

    抑も 内容が、
    更新されて いようとも、
    古いです。


    ですので、

    騙されないように、見ないように、示さないように、
    お願いを しますね。


    元より、

    エンジン効率の 低さは、
    某機構使用由来な だけですし、(何かは 営業秘密、)

    太陽光発電効率と 同等です。


    又、

    エンジンは 先筆某機構を、
    捨てれば、
    試算上 70%〜80%の、
    効率に 達し得ます。


    が、

    太陽光発電は 頭打ち状態で、
    現状 見込みなしです。


    しかも、

    立脚点が 環境保護なのに対して、
    太陽光発電は 環境被害を、
    齎します。


    〉ガソリン車は原油やC重油では走行できず、

    当たり前ながら、
    太陽光輻射は 膨大な中、
    太陽光発電は、

    其の 内の、
    一部帯域のみを、

    しかも 非効率に、
    持ちいる だけの、
    ものです。


    如何でしょう?

    エンジン側だけへの 隠蔽した、
    偏重誹謗は 犯罪的ですよね。


    実状として、

    使用不能帯域分も、エネルギーロス分も、
    反射分と 熱に、
    ふされ、

    季候に ダメージを、
    齎します。


    重ねますが、

    紳士に エンジン効率を、
    触れるならば、

    こうした 事も、
    並記すべきですよね。


    が、

    如何でしょう?
    並記されて いますか?


    更に、

    記事は、
    配電効率も、充電時自然放電ロスにも、他にも、
    含め、

    様々な 事に付いて、
    隠蔽、扇動、詭弁乱用、
    等を しています。


    こんなものは、

    信用に 値しますか?


    他方、

    私 提示の、
    UPLでも 触れていますが。


    元より、

    効率に 触れた、
    時点で。


    先筆同様、

    将棋で いう所の、
    ツミが、
    電力使用推進側に 確定します。


    何故なら、

    挙げる、
    何れも 此もが、
    認識扇動思惑ありきの Misleadで、
    悪質な 詐欺紛いです。


    例えば、

    配電効率なら 79%程度とか、
    語り始めますが。


    此にも、

    普通に 裏が、
    ありましてね。


    抑も、

    高圧配電中 単位距離中の、
    エネルギー減損率が、
    そうな だけで。


    譲って、

    高圧送電に 限ったとしても、
    其の 実装距離は、

    挙げる 何倍〜何十倍にも、
    及びますし。


    触れるまでもなく、

    200v送電網では、
    示唆同等効率は 遥かに、
    下回り、
    示唆送電距離は 遥かに、
    上回ります。


    更に、

    直流配電に 至れば、
    更にゝ 非効率です。


    詰まりは、

    思惑を 受け入れさせ、
    信じさせる 嘘です、

    ご理解 くださいね。

  • A

    回答No.34

    2020/11/23回答者:グランダックフローリスト

    大雑把に言えば、現在自動車産業に関わる企業ほとんどが、廃業又は、方向転換を余儀なくされるからです。例えば、エンジンが無いから、ラジエーター、燃料タンクがいらない、そのつながりで、日本中のスタンドが、廃業する事になります。一部の関連だけでも、そう言う事です。また、充電用のインフラ作りもたいへんな事です。
    つまり、産業構造が変わります。だから、難しいんです。

  • A

    回答No.33

    2020/11/23回答者:5zidane5

    リーフのような完全な電気自動車は、未だ、充電箇所、充電時間の制約があり、1家に1台の家庭では普及は難しいですね。e-powerの仕組みのエンジン発電、モーター駆動が、価格も安く、低燃費でいいですね。それにプラグインを付けるのが好ましいですね。そうすれば、通常は、エンジン発電に頼らなくてよいようになります。

  • A

    回答No.32

    2020/11/23回答者:qmor

    何かを発見してそっちの方向を目指す時、
    舵を切りますが、今切られては困る人がいます。

    悪く言えば、既得権益をすする者が足枷になると。
    それは、トップのダークサイドに堕ちた人だけ。

    良く言えば、その分野に長く貢献してそれで生計を維持している人。

    韓国のパチンコ産業が絶滅しましたが、あんなに直ぐに変われない。
    優柔不断は判断の遅れを生じますが、優しさなのかもしれません。
    変わる時は慎重さも必要なのですしょうか。

  • A

    回答No.31

    2020/11/23回答者:俺はパロパロ

    航続距離、これに尽きるでしょう。
    現行のバッテリーは急速充電に耐えるのが困難で連続で急速充電するのには適してない。
    でもガソリンエンジンを有していない車では嫌でも充電するしかないから
    バッテリーの寿命が問題になるって事でしょう。
    高速道路での急速充電は今は日産と三菱が殆どでしょう?
    トヨタのPHV初期型だけが使えて今のPHVは急速充電が使えなくなっています。充電口が合いません。
    やはり急速充電は良くないからって言うのが理由です。
    家庭などで200V充電を勧めています。
    やはり充電池を開発するのが遅れているって事でしょうね!
    車の技術は先行しているのに残念です・・・・。

  • A

    回答No.30

    2020/11/23回答者:かわごえ

    先の大戦以降、驚くほど進歩していないのは蓄電技術です。
    だから燃料電池へシフトした。
    原油の動向も世界経済を動かすネタです。
    なんだかんだ言いながら油を燃やす事をやめたくないのでしょう。
    家庭用の太陽光発電を推進していた頃、10年後には電気代が上がってるって言うてました。
    中国に頼らないエネルギーを模索しているのかも知れませんね。

  • A

    回答No.29

    2020/11/23回答者:yuripino

    専門家ではないので、細かい話はわかりませんが・・
    車に乗っていてふと不思議に思う「カーナビはどうしてネットに繋がんないんだ??なぜバージョンアップが必要でこんなに高いんだ??」という疑問と根っこは一緒ではないでしょうか。
    日本の自動車産業はある意味「聖域」で、日本の経済を守るには「触れてはならない」場所でもあるわけです。
    ある例え話を聞いた事がありますが、「モーターで走る電池車が売られるようになると玩具メーカー(誰でも)でも作れてしまう」のだそうです。これが意味することは自動車メーカーは「エンジン」が全てで、その技術が自動車そのものなのです。これがモーターだけで走るようになってしまったら、自動車メーカーは・・いえ日本の産業はどうなるでしょう?
    だから自動車メーカーは電池で走る車を作りたがらず、わざわざ構造のややこしいハイブリッドなんかつくっているわけです。もちろん、日本がその気になったら素晴らしいモーター車を作れるはずです。
    企業が大きくなりすぎ既得権に縛られ、時代が変わったことに対応出来なくなっているのではないかと、素人の私は思います。

  • A

    回答No.28

    2020/11/23回答者:科学の真実

    トヨタは利口です。馬鹿ではありません。世界中で自動車を売りまくって莫大な利益を上げています。売れるだけの技術力/品質管理能力を持っています。それだけ品質や技術の高さが世界中から絶賛されている世界で一位や二位を争う企業が未来をどう見ているか/どう考えているか?
    電気自動車に重いバッテリーを積んでも長距離走行は苦手で、バッテリーを充電する時間も長く、技術革新して量産すれば、バツテリーも安く軽くなるとは言っても簡単ではありません。その事をトヨタは良く知っている/理解しているのです。トヨタが考える本命は、水素自動車なのです。バッテリーを積んだ自動車なんて眼中にありません。今は、ひたすら技術を磨いて、水素を積んで空気中の酸素と反応させて電気を作りモーターを回して走行する自動車の性能向上に取り組んでいます。世論が熟し、世界が重い充電池を積んだ長距離を走れない充電時間の長い車に見切りをつけて、水素自動車を受け入れる様になるのを虎視眈々と狙っているのです。ガソリンでは無く、水素を車に入れる「水素スタンド/水素ステーション」の普及も鍵になります。
    なので、蓄電池だけの電気自動車は、どうでも良くて、ガソリンエンジンと電気モーターを搭載したハイブリッド自動車を本命の水素自動車が本格普及するまでの繋ぎにしています。
    今、宇宙に行く手段は、化学燃料ロケットだけです。化学燃料は液体燃料でも個体燃料でも爆発性があります。ロケットは過去に何度も爆発事故を起こしており、多くの人命が失われています。1986年1月28日のスペースシャトル/チャレンジャー号は、打ち上げから73秒後に爆発して、7名もの乗組員の方々が亡くなっています。
    極端な言い方をすれば、いつ爆発するか判らないモノを背中に背負って宇宙に向けて飛び立っているのです。
    このいつ爆発するか判らないと言う危険性だけで無く、上昇時に乗組員に3Gとか4Gとかの高い加速度が掛かります。なので、ロケットで宇宙に行こうとすれば、事前に高い強力な加速度に耐える為の訓練を受ける必要があります。更に、最も障害となるのが宇宙に行くのは非常に高額だと言う事です。燃料自体が非常に高額ですし、打ち上げに携わる多くの人々の人件費も高く、総じて、ロケットの打ち上げコストは非常に高くなり、一部の富裕層の人しか宇宙には行けません。一般庶民が気軽に宇宙に行く事は出来ないのです。
    しかし、安価でクリーンな太陽電池の電力だけで、爆発する危険は全く無く、加速度2Gの低い弱い加速度を僅か10分間、掛けるだけで旅客や貨物を「安全/安価/高速/大量」に地球引力圏外の宇宙へ輸送する方法があるのです。それが下記のブログで説明している「宇宙塔マスドライバー」です。
    http://blog.livedoor.jp/satou_hiroshi_4649/archives/4043233.html

  • A

    回答No.27

    2020/11/23回答者:sagyoi_inn

    実用走行距離を200Kmとし、寒冷地(蓄電池の低温耐性問題)と熱帯地(エアコン使用問題)との両方で、それを両立する電気自動車は蓄電池関係コストの関係で、現時点で経済性からすると発動機エンジンにはかないません。
    それで、日産のような発動機エンジンによるアシストで蓄電池の容量を下げ、コスト削減をするような手段を取っています。ちなみにハイブリッドは走行時の排ガス対策にはなりますが、ライフサイクル環境負荷計算では一番に環境負荷が高い車に分類されますからSDGsの観点からは排除の方向です。
    今後、固体式リチウム蓄電池などが実用化され、外気温に対し制限が少なく、さらに蓄電密度が高く、安価に普及した時点で、本格的に電気自動車に切り替わると思います。

  • A

    回答No.26

    2020/11/23回答者:omoitsukan

    性能やインフラの問題より前に、カッコイイ車を作らないからです。

  • A

    回答No.25

    2020/11/23回答者:localtombi

    普及しない一番の原因は、1回の充電で走れる航続距離と、充電スポットの少なさです。
    旅先で蓄電容量が不足して、帰るにはどこかで充電しなければいけない、だけどどこにも充電スポットがない・・・そういうことが予想されたら、電気自動車を買うにも二の足を踏みますよね。

  • A

    回答No.24

    2020/11/23回答者:ian

    これ以上言っちゃだめ。消されますよ。

  • A

    回答No.23

    2020/11/23回答者:わしやけど。。。。。

    バッテリー問題が
    噂されたりしてますね


    (  ̄▽ ̄)にっこり

    2030年では
    世界の至るところで
    ガソリンやディーゼルで動くエンジンの車の新車販売が規制されていくらしいから

    ( ̄~ ̄;)~乗り遅れは恐いですね

  • A

    回答No.22

    2020/11/23回答者:pooh2016

    今の日本人がものすごく保守的だということです。
    言い方を変えると、いろいろ不満があるけど「今が幸せ」だということでしょうか。

    技術の面でも、制度の面でも、既存の改良には優れているけど、大きなブレークスルーは起きないということでしょう。

    個人的にはEVを使ってますけど、使用上は何の不自由もありません。
    動力性能は、下手なガソリン車だと足元にも及びません、
    燃費も自宅で夜間電力を使えば、100kmほど走るのに200円もかかりません、60km/Lくらいの燃費でしょうか。
    6年以上使ってますが、バッテリーにトラブルはありません。

    まわりが乗り始めれば、みんなが同じことをするんでしょう。
    初代プリウスなど、日本ではほとんど売れなかったのに、今はみんなHVに乗ってます。

    この回答へのお礼

    実際に乗られている方の回答興味深く読ませていただきました。確かに消費者側のマインドが変わらないと売れないというのはありそうですね。また、プリウスの売れ方も確かに日本らしい動きですね。実は私自身はそのような方の話を聞き気になってきている一人だったりします。

    2020/11/23質問者:elee_f

  • A

    回答No.21

    2020/11/23回答者:て2くん

    中国国内の自動車メーカー(海外の合弁会社を除く)のエンジンは、三菱のエンジンです。
    ハイブリッドにするにしても、後追いとか日本の独占であり勝ち目はない。ガソリンエンジンとしても、すでに後追いであり、時代はハイブリッドになっているし、電気とかに進みつつある。

    すると、早めに電気自動車にシフトさせて技術的に確立させてしまえば、中国メーカーが、中国国外でも販売拡大出来るチャンスがありますから・・・
    まぁ、中国の国策であるのは言うまでもありません。

    日本メーカーの主な市場って、北米と日本ですからね・・・
    三菱自動車は東南アジアも含まれるみたいですが・・・
    そして、米国第一主義で、地球温暖化推進の大統領がいますから、燃費規制を撤廃しましたからね。
    大統領が替わると燃費基準が復活するのでは?と噂されているが・・・

    あとは、リチウム電池の寿命と価格の問題がありますね・・・
    どうしても、割高ですし、寿命が短いですから。

    この回答へのお礼

    回答いただきありがとうございます。
    自動車産業は日本の屋台骨で中国には絶対にシェアを奪われたくはないでしょうから、そこは本気でするのではないかと思うのです。実質国策企業であると言ってもいいと思うわけです。
    また、蓄電池についてはほぼ解決しそうな雰囲気で今からシェアや技術投資(実用化)が重要になると思うのでまずは先行投資が重要かと思うわけです。
    特に電池についてはテスラの価格破壊(従来の半額予定)、CATLの記事(https://toyokeizai.net/articles/-/356616)を見ていると想像以上にはやく解決されるように思うのです。
    また、現状でもバッテリーは意外と普通に使えているようでもっと普及しても良い気もしています。

    2020/11/23質問者:elee_f

  • A

    回答No.20

    2020/11/22回答者:ultraCS

    リチウム電池を使っているうちは難しいでしょうね、全固体電池待ちです。

    リチウム電池は衝突時に発火する危険があります。また、充電をしっかりコントロールしないと、やはり発火します、実際、ヒュンダイのKona Electricが10件以上の発火事故を起こしてリコールがかかりました。
    https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01231/00017/

    この回答へのお礼

    回答いただきありがとうございます。

    LiBの発火はスマホやPCなどでよく聞きますね。ただそれでもスマホやPCを取りやめようとはなっていませんしあまり関係がないのではないでしょうか?そちらからのリンクですが、寧ろLiBの価格下落と実用への応用が極端にはやく個体電池を待たずかなりの普及がなされるのではないかと思ったりしています。

    https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00138/111000667/ より
    2012年、2020年のLIBの価格を「4万円/kWh」と予測しました。これに対して、実際の2020年のEV向けLIBの価格は日経エレクトロニクス調べで135~150米ドル/kWh。

    米Tesla(テスラ)は2030年までに現在の20倍以上となる年間3TWhの規模でLIBを製造する
    2025年にこれが現実となれば2030年の50米ドル/kWh割れも見えてくる


    本来であればテスラではなくトヨタがこの場所にいるべきでしょうが・・・

    2020/11/22質問者:elee_f

  • A

    回答No.19

    2020/11/22回答者:joshuatree

    マツダが言っているのは、バッテリーを作るときの電気量が大きいので、バッテリーの大きさはそこそこにして、HVにした方が良いと言っているのだよ。

  • A

    回答No.18

    2020/11/22回答者:sandaba

    熱効率が超えた、それがどうしたというのが端的な答えです。実際に使えなきゃしょうがない。

    実際のユーザーから見れば現状の電気自動車は、値段高い、航続距離短い、充電設備少ない、充電時間長い、の四重苦です。テスラだけは電池たくさん積んでるので航続距離長いですがその分値段はひどく高い。これで広く売れるわけがない。なぜ普及しないのかって愚問です。

    「蓄電池の価格的な問題は量産体制や技術進歩で変わる気がしますし」とのことですが。ユーザーから見れば変わってから言ってくれという話です。

    それに蓄電池はHV用に大量に作っています。電池容量はEVに比べて10分の1程度ですが台数はすごく出ていて、今や日本の新車の半分がHVです。少なくとも「量産してないからコストが高い」は寝言の類です。

    「国などが支援してもいいと思います」とのことですが。してます。EV購入にも充電設備の整備にも政府の補助金が出ています。

    たしかに中国ほどには強力な施策じゃないですが。それは他の人達が指摘しているように中国政府の戦略です。HVでは先行する日本車に勝てそうにないから、一足飛びにEV移行して国内メーカーの産業競争力を高めたいという目論見です。

    この回答へのお礼

    回答いただきありがとうございます。

    効率が高いというのは将来性が高いという意味で書いています。現状、蓄電池に問題があり普及していないかと。

    ただ、日本の収益の柱である自動車産業を中国に奪われてしまいませんか?日本も更に投資すべきではないでしょうか?

    2020/11/22質問者:elee_f

  • A

    回答No.17

    2020/11/22回答者:tabaru

    満充電して250キロしか安心して走らない車は普及しません。
    氷点下とか真夏のエアコン使用時はハラハラしながら運転したくないです。
    税金投入で技術開発を進めるしかないけど、政治家が反対する。

    この回答へのお礼

    回答いただきありがとうございます。
    政治家は反対しているのでしょうか?MIRAIなど官公庁が利用していてこの業界は日本の屋台骨みたいなところがありますのでいくらでもお金を使えるイメージがありますが難しいのでしょうか?

    2020/11/22質問者:elee_f

  • A

    回答No.16

    2020/11/22回答者:ぐー03

    もはや、質問じゃなくて
    単なる「主張」だろ

     主張するのは、自由だけど
    このサイトは、質問サイト!!!

    この回答へのお礼

    回答に
    >CO2排出は、ガソリンより多いのは知ってますか?
    と質問をされましたので、そんなことはないですよ。とエビデンスを書いたわけです。主張といいますかぐーさんが質問されればそのような返答になります・・・

    2020/11/22質問者:elee_f

  • A

    回答No.15

    2020/11/22回答者:Bunbuk803

    実際にHEV/EVの開発から量産までを経験した者です。
    いわゆる電気車であるEV(BEV)/HEVは、エンジンで走るペトロ車にはない電池だけが構成要素の違いではありません。
    その他に、パワー半導体、パワー制御ユニット、電動機、磁石、動力用電線が必要で、そのうえに、充電施設、そこまで運ぶ電力の供給施設が必要です。
    これらを発生CO2だけでなく、消費エネルギや必要とする資源の量やコストなどを総合して評価する時、製造やリサイクルなしでさえ、電気車はペトロには勝てません。

    質問者さんは『技術革新が進めば・・・』と簡単に言いますが、そこに望ましい結果を得るのにどれだけの時間やコストや資源がかかるでしょう。
    もう、その力が日本には20世紀の時のようにないのは明らかです。

    簡単なことをひとつ言いましょう。
    ガソリン車はガス欠したときにガソリンスタンドでせいぜい5~10分で燃料を満タンにして500キロ近く走れます。
    その生活に慣れた人に、1時間充電するまで待ってくれと言って許してもらえるでしょうか。
    それに、10年使ったので車を売りますと言った時、価値は5万円で、それにもう能力が落ちたバッテリを新しいのに置き換える30万円も払ってくださいと言われて許してもらえますか?

    政治家は水素社会などと無責任にいろいろなことを言いますが、それが実現するにはこれまでガソリン車が普及してきたのと同じような努力をしなければいけません。
    でも、ガソリン車が普及する時に、それに代わるものがなかったからうまく行きましたが、電気車にとってはペトロ車があるので強い需要にはならないんです。

    そういうたくさんの事情を考えなければいけないことと、それを実際に考える政治家や一般の人がどれだけいるか。
    企業が出来ることではないんです。

    それが答えです。

    この回答へのお礼

    回答いただきありがとうございます。
    >総合して評価する時、製造やリサイクルなしでさえ、電気車はペトロには勝てません。
    こちらについてですが、これはイニシャルコストが大きいという意味だと思いますが、普及してしまえばランニングコスト。化石燃料に関わるCO2がかなり大きいかと思います。その為、長い目で見ればCO2排出にはかなり有利かと思うのです。
    ガス欠については、質問に取り上げたのですが、蓄電池。この部分が現状大きな課題があるかと思っています。ただこちらは全世界で様々なタイプの電池の開発競争がありますので解決になるかと思っています。私も電池については大きな課題だと思うのです。
    また、10年後の価値についてですが通常の車よりは電池を除けば価値が下がりにくく、壊れにくい。仮に壊れても部品点数が少ないなどそもそものコストが安い。その為、ガソリン車と同程度になるかと思ったのです。
    また、日本の力ですがG7に名を連ねており適切に投資を行えばコダックにはならず富士フィルムのように転身できる可能性もあるのではないかと思ったりするのです。企業にしても収益の多くは日本ではなくかなり前から海外市場の方が大きいですしEUや中国はEVにするといっていますし、企業としては前のめりで開発を進めなければ未来がないのではないかと思うのです。

    2020/11/22質問者:elee_f

  • A

    回答No.14

    2020/11/22回答者:nitto3

    まだ技術力が低いからですよ。
    一充電3,4百Kmでは実用に向かない。
    これから数十年で様変わりすることは間違いない。

    この回答へのお礼

    私も充電池のみに極めて大きな課題があるような気がしています。

    2020/11/22質問者:elee_f

  • A

    回答No.13

    2020/11/22回答者:joshuatree

    バッテリーの製造に使うエネルギーは考慮した?莫大だよ。今の所、熱効率の良さでは回収しきれなかったと思うよ。、車で考えると、バッテリーの重量で車は重くなるね。重い物を動かしたり止めたりするとエネルギーを多く使うね。車の一生で考えた場合、消費するエネルギーで考えたとき電気自動車が有利とはいえないと思うよ。

    この回答へのお礼

    回答いただきありがとうございます。

    製造時から遡ってライフサイクルでCO2排出量を見た場合でも、電気自動車のほうが排出は少なくなるようです。
    https://blog.evsmart.net/electric-vehicles/ev-global-life-cycle-co2-emissions-less-than-ice/

    2020/11/22質問者:elee_f

  • A

    回答No.12

    2020/11/22回答者:t_fumiaki

    人間、良いと解っていても、切羽詰まらないと色々理屈を付けて行動を起こさない。
    そういう生物です、人間は。

    この回答へのお礼

    回答いただきありがとうございます。
    まぁそういうところはあるとおもいますが、世界的な企業の場合、そもそも日本で活動しているわけでもないですし、コダックのような超優良企業の倒産やラストベルトなどを見ていれば、尻に火がついた状態かと思うのでそれはないかと・・・株をやっていると他の大手企業のIRも見ることがあるのですが大手でも世界で競争していますので危機感というのはかなりのものがあるように感じています。(まぁそうではない会社もありますが・・・)

    2020/11/22質問者:elee_f

  • A

    回答No.11

    2020/11/22回答者:irisin

    トヨタのハイブリッドカーには追い付けないという判断で中国は一気に電気自動車にシフトしたみたいです。

    タクシーとかは、ステーションに行けば、床の方でバッテリーパックと取り出して、充電済みのものと交換され、全自動ですぐにまた仕事にいけるという充電の手間をなくしました。

    ただ、日本で電気自動車に乗られている人の意見では、ハイブリッドカーの方が燃費良くて、GSに行く回数とかとても少ないので、ハイブリッドカーから買い直さない方が良かったという感想だったりします。

    都市部では、月極駐車場に車を保管している人が多いので、充電はイオンなどに行って行うが、行列できていたりする。

    連休で県外のテーマパークに遠出しますと、充電しないといけないのですが、そこでも行列ができていて、充電とかで彼女とか奥さんがユーチューブ見せられ、「何でハイブリッドカーでないの?」 と感じたりする。

    ママ友仲間でも電気自動車に乗っていると少しバカにされがちな雰囲気もあるらしい。「えっ、○○ちゃんのお父さんってひょっとしてバカなの? 遠出してわざわざ充電しに行って時間もったいないでしょ。 ハイブリッドカーなら無給油なのに」 となる感じ。

    そんな感じで電気自動車は不人気だったりします。

    が、

    最近は、高齢者向けの近場に買い物や通院用にE-MOが売られています。

    ■参考資料:超小型EV(電気自動車)「e-mo」詳しくお伝えします
    https://www.youtube.com/watch?v=x-Y0AIzTrH0

    1人乗り用で、買い物とかに1人で行くのに便利で、後部に荷物もおける仕様。

    軽自動車より車幅が小さいので、運転へたくそな認知症でもぶつけようのないデザイン。

    高級電気自動車のテスラとかはアクセル踏めばスポーツカーより加速速いとか高齢者に向かないので、40km/hまでしか出ない仕様。

    都市部に済む人は自宅から近い距離にショッピングセンターあるのでガソリン車だと超ショートトリップになるので不調の原因になるとかあるので、そんな人向けに小型の電気自動車が安い新車価格で需要はあるみたいです。

    例えばこれまでは主婦の人が買い物とか車ないと不便で~ と軽自動車を新車で買うのでお金が無駄に消えていた。

    でも、新車で50万円切る価格にしたという点や、高齢者向けに造ったという点などで初心者でも乗りやすい電気自動車だと人気あるみたいですよ。

    都市部だと40km/hしか出ない仕様はちょっと実用性ない気もしますが、近くのショッピングセンターまで裏道走るだけという高齢者には向いている感じあります。

    この回答へのお礼

    網羅的な回答いただきありがとうございます。
    現状まだ厳しいのですね。
    ただ、他のメーカーが電気に行くのであれば、トヨタなどもさっさと電気にしてトヨタ=電気自動車みたいになれば、他のメーカーよりも圧倒的な地位に行けるのではないかと思うのです。なぜ、さっさと進めないのか不思議に思っています。その一方でテスラなどは新興にも関わらずトヨタの時価総額を抜くなどしています。今、電気に大きく舵を切らないとコダックみたいに手遅れになるのではないかと不安を感じたりします。
    e-moは初めて知りました。可愛いですね。電動シニアカーが車になったような感じでしょうかね。2年前ですが中国(深センと北京)へ行くと、街中でかなりの数の電気バイクを見かけました。音もなく近づいてきたり店先でよく充電しておりちょっと未来を見た気がしました。電池の問題がありちょっと乗る程度が実用の範囲でしょうが電池問題さえ解決すれば普及しそうという気がしました。

    2020/11/22質問者:elee_f

  • A

    回答No.10

    2020/11/22回答者:poteti800ne

    推進派の意見は常に一方通行、都合の良いことばかりで偏っています。
    全体を俯瞰した見解を述べてはいません。
    https://blog.evsmart.net/electric-vehicles/elect
    あえて触れないことも多々あるよね。

    他の方も述べていますが今現在の日本の企業は生き残るだけで精一杯です。
    新規産業に投資するだけの体力がないので電気自動車に移行できないのです。
    産業構造をゼロベースで構築しなければならずそれが出来る中国とは事情が違いすぎます。

    トヨタの生産ラインの一部を変更すればできる、なんて簡単なものではないですよ。

    この回答へのお礼

    回答いただきありがとうございます。

    そうですか?私自身は少し前まで電気は効率が悪いと思っていましたがここまで物理的な熱効率が良ければ電気になると思うようになっています。
    都合の悪いところというのはよくわからないです。コメント欄もすべて読んだのですが完璧にブログ主は反論されており個人的に疑問と思っていたところはすべて解消されていました。電気自動車がここまで未来がある(蓄電池技術と価格問題(こちらは普及で低価格になると信じているので気にならない)のみ)とは思っていなかったのでびっくりです。

    なお、中国なんて一昨年まで日本からODAを貰っていたような国ですよ。日本の能力(G7に名を連ねる国です)を考えればできないとは思えないです。また、生産ラインの一部ではなく、コダックが破綻して、富士フィルムが成功したような転身は必要でしょう。NTTなど膨大な交換手を抱えていましたが上手に経営することでも未だに日本の通信トップです。逆に買われなければコダックになるような・・・

    2020/11/22質問者:elee_f

  • A

    回答No.9

    2020/11/22回答者:かつみ先輩

    実は、ハイブリッド車は、日本の、特にトヨタの独壇場です。RAV4のような、重量級SUVで、実用燃費が、リッター20キロ、ヤリスで、30キロなんて、どこのメーカーも、無理です。
    なので、ヨーロッパ、中国メーカーは、ハイブリッドをあきらめて、その先の、主流になるかどうか、まだわからない電気自動車に、行かざるを得ないのです。ハイブリッド技術のあるトヨタは、電気自動車を造るのは、簡単です。トヨタが、まだ電気自動車に、力を入れないのは、いつでも出せるし、ハイブリッドが、売れなくなるからです。

    この回答へのお礼

    回答いただきありがとうございます。
    同じ化石燃料から取り出せるエネルギーを考えると電気自動車のほうが効率が良いです。良い技術があっても次の技術は更に良いわけで、テスラなどすでにトヨタの時価総額を超えています。他のメーカーが追いつくのを待たずさっさと先手を打つ方が良くないでしょうか?

    2020/11/22質問者:elee_f

  • A

    回答No.8

    2020/11/22回答者:ライスパーク

    やはり石油業界と政治家の癒着も関係してると思います。族議員ですね。

    この回答へのお礼

    回答いただきありがとうございます。
    それはあるかもしれませんね。ただ、テスラなどすでにトヨタの時価総額を超えています。トヨタなど危機感を持ったほうが良くないでしょうか?また、石油についても熱効率が上がり低燃費になるので面白くはないでしょうが化石燃料から発電した電気を大量に使っていますのでそれなりに利益はあると思うのです。

    2020/11/22質問者:elee_f

  • A

    回答No.7

    2020/11/22回答者:ppp2122

    簡単な事だろ ”

    1.経済的にメリットを多く感じない
    2.充電設備や高速距離が現実の運用レベルに達していない
    3. 1にも関係するが 高い
      (車両が高くとも ランニングコストで明確に吸収できる
      のであれば良いのだが そういうレベルの話でもない)

    この回答へのお礼

    回答いただきありがとうございます。
    経済という意味では日本は島国ですので外から資源を輸入する必要があり、経済が最も重要です。また、日本という国は自動車産業で成り立っていると言っても言い過ぎではないと思います。その為、ソーラー発電の買取のように補助金を出して産業を育ててもよいかと思うわけです。しかし、それもあまり行わず不思議に思っています。実際、すでにトヨタはテスラに時価総額(会社の価値)で抜かれてしまいましたが・・・
    また、ランニングコストですが現状ですでに同程度です。日産のリーフだと乗り方次第ではすでに有利になっています。トヨタのような大手が本気に慣れば日産のコスパを超えることも可能かと思ったりもするのです。

    2020/11/22質問者:elee_f

  • A

    回答No.6

    2020/11/22回答者:ジャンボマックスmk-2SR

    過酷な夏のエアコンや冬の暖房をガンガン使うと走行距離がどんどん減っていきます。快適すぎる生活に慣れた日本ではこれらを使わないで乗る事なんて出来ませんよね? 充電するにしても自宅以外じゃ気軽には出来ないし。

    また航続距離が300kmとか400km走れると言っても実際にそんなに運転して移動するなら公共交通機関を使ったほうが楽だし安いからです。私なら迷わずそうしますよ。

    やがてクルマなんかもう個人所有するなんて趣味で乗馬するようなものになっていきますよ。

    空想の世界じゃ移動手段なんて個人所有していないですよ。

    この回答へのお礼

    回答いただきありがとうございます。
    質問したような蓄電池の問題のみということでしょうか?
    また、自動運転が実用化されない限り、個人所有をしていないと移動したいときに移動ができませんので問題かと・・・特に田舎など近所にでかけてとか足としての利用が一般的ですし。自動運転ができるようになれば中国の自転車みたいに誰でもどこでも自由にレンタみたいになるかもしれませんが・・・

    2020/11/22質問者:elee_f

  • A

    回答No.5

    2020/11/22回答者:largesnowman

    詳しい事はわかりませんが、
    日本は官民揃って、電気自動車が普及するようなってないからじゃないでしょうかね。
    しかし、ご存知、中国とヨーロッパは着実に進んでいますよね。
    いずれにしても、嫌でもそうなってしまうと思います。
    日本の自動車メーカーは輸出しているので、そのあたりは重々承知してるかと思います。
    なので、自動車メーカーは大丈夫じゃないでしょうかね。
    その他の電気自動車にかかわるメーカーや施設などの遅れや衰退はあるとおもいます。
    とは、言っても世界の競合メーカーは沢山あるわけで不安はありますよね。

    この回答へのお礼

    回答いただきありがとうございます。
    その割に動きが遅く気になっています。というか海外の方が日本の売上よりも大きメーカーばかりですしね。

    2020/11/22質問者:elee_f

  • A

    回答No.4

    2020/11/22回答者:ぐー03

    価格以外に
    ・充電時間
    ・航続距離
    ・CO2排出問題

    どうするの?

     いつかは、変わる気が、するから
    不便でも我慢して乗れと?

     そもそも、CO2削減出来ていると
    本気で思ってる?

     走行時のCO2ばかり、
    情報は出るけど 製造、リサイクル時の
    CO2排出は、ガソリンより多いのは知ってますか?

    この回答へのお礼

    蓄電池については技術開発に公的資金を使うなどすべきでしょう。また、CO2については質問で示したURLを見ていただければ分かりますが圧倒的に電気自動車が有利ですよ。
    どのように計算して多いと言っているのか分かりませんが、車体製造時は年々も走行している間に出すCO2と比べて無視できる程度ではないでしょうか?何をやってもCO2は出ますが、製造から廃車までを考えるとトータルで圧倒的にCO2を削減できるのが電気自動車です。また、九州などすでに日中の発電量が多く捨てている状態です。これを車のバッテリーに充電すればCO2一切なしで走行することができます。道路や屋根などへのパネル設置が進めば化石燃料すら使わなくて良い未来も可能かもしれません。このあたりは将来性の話ですが、そこまで考えなくても、現在のガソリンを燃やして走るよりも、ガソリンで発電をした電気で走るほうがすでに熱効率が良い。つまり、CO2発生が少なくて済むレベルですぐにでも普及や補助金を出して技術開発をしても良い気がするわけです。

    2020/11/22質問者:elee_f

  • A

    回答No.3

    2020/11/22回答者:放浪者

    利権が取れない、既得権益が大きい、政治的介入しても、実入りが少ない。

    今の日本の先端技術は、中国に全て運ばれています。全部とは言わないまでもその方が、開発者が金になるからです。
    上海の地下には全く新しい乗り物が走っています。なぜ日本では開発されないのか??
    今の日本の経済と産業構造を変えないと、発展はしません。

  • A

    回答No.2

    2020/11/22回答者:sagida

    ハイブリッドがあるのと、中国ほど財政に余裕が無いでしょう。

  • A

    回答No.1

    2020/11/22回答者:Mokuzo100nen

    電池問題が全てといって良いでしょう。

    今の半分の重量で10倍の蓄電容量を達成し、値段も今の1/3で調達できる二次電池ができた時点で、99%の乗用車が電池車になるでしょう。

    この回答へのお礼

    回答いただきありがとうございます。
    ワクチン開発には10年とか言っていましたがもう完成しそうな勢いです。技術の発展はお金次第でどうにでもなるところがあると思いますがなぜしないのでしょうか?中国など凄いお金が投じられていますし、テスラなど新興メーカーでしたが莫大な出資が集まり今やトヨタの時価総額を超えています。

    2020/11/22質問者:elee_f

アルファードV(トヨタ)のQ&A

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ