車Q&A

教えて!goo教えて!goo

「教えて!goo」に寄せられた車に関する質問と回答です。国産車や輸入車、中古車の購入や各メーカーのサービス、車検の手続きまで、車やバイクの疑問はここで解決!

日本の車は柔らかい?

2021/09/24質問者:パンデミックス

日本の車は柔らかい?

補足No.1

日本の事故って車ぐちゃぐちゃだけど海外の車はくちゃくちゃになってなくないですか?

2021/09/24質問者:パンデミックス

回答(12件)

  • A

    回答No.12

    2021/09/25回答者:kantansi

    中国や韓国の車は分かりませんが、日本や欧米の車は基本的には同じです。 側面は頑丈にできており、横からぶつかられても、車中の人を保護するためあまり潰れないようになっています。 一方、正面と後面はぶつかった時の衝撃を吸収するように柔らかくと言うか、潰れやすいようにできています。

  • A

    回答No.11

    2021/09/25回答者:ジャンボマックスmk-2SR

    スカイラインに乗ってた時に高速道でメルセデスとぶつかったけど、あちらはかすり傷、こっちは板金修理でした。※先方の100%過失

    やはり国産車は柔ですね。

  • A

    回答No.10

    2021/09/25回答者:のなつぺ

    外車と日本車では外板の素材はほぼ一緒で、0.6~0.8mmくらいで、シャーシやフレーム部分は3mm鋼板が使用されています。
    国産車も外車もほぼ違いはないですが、外車の場合、ドアの外板から内貼りまでに厚みがある程度持たせてあり、中にドアビームというサポートバーが国産車と異なる頑丈なものが搭載されています。
    また、カーテンエアバッグなどの安全装置が内蔵されていることから国産車とのドア厚みが違います。
    ボディは自動車用熱延鋼板という薄板が使われており、プレス前は非常に軟らかいもので、プレスによって合成を高めています。
    日本製鉄やJFEスチールなどが日本では生産しており、外車メーカーへの供給もしており同一素材が使われています。
    加速性の高い高級外車は衝突時の衝撃が大きくなる側面から耐久性能がある程度高くしてあります。
    外板はクラッシュすることで衝撃を吸収するため、薄板が使われています。

    そもそも日本車は輸入車から見て廉価車ですから作りそのものが簡素であることは間違いないです。

    BMWやベンツとフォルクスワーゲンやAudiも高級車と廉価車の差があります。

  • A

    回答No.9

    2021/09/25回答者:mofl

    それ韓国人の発想と同じ。
    例えばF1の事故シーンを見るとわかる。
    時速200kmオーバーでクラッシュしてもパイロットは守られる。
    乗員を守るなら室内部分だけ潰れなければいい、残りはクラッシャブルゾーンとして壊れていい。

    いや、積極的に壊れるよう設計する。

    物理学の運動エネルギー保存の法則。
    衝突の衝撃のエネルギーはクラッシュさせることで吸収、軽減している。
    仮にボディが全く変形しなければ衝撃のエネルギーが行き着く先は人体の破壊。

    外車もグチャグチャだろ。
    ハイウェイで大型トレーラーが追突して形が無くなった乗用車もある。

  • A

    回答No.8

    2021/09/24回答者:かつみ先輩

    柔らかくした、つぶれしろで、ショックを吸収して、中心の骨格フレームの中にいる、乗員を守る方式。壊れなかったら、乗員は、ぶつかったショックを、体中に受けて、即死です。
    F-1などの、レーシングカーは、ぶつかったら、破片が飛び散るけど、骨格フレームに、守られている選手が、無傷なのと同じです。
    硬球を、素手で取るより、グラブで取る方が、いいに決まってます。

  • A

    回答No.7

    2021/09/24回答者:asato87

    単に鉄板が柔らかい硬いというのは昔の話です。
    昔はドイツ車とかボルボは硬くて日本車はベコベコといわれたし事実そうでした。
    車は潰れて変形することで衝撃を受け止める、潰れても乗員に影響が無いようにクラッシャブルゾーンを作って衝突に備えた構造になっています。
    それでも昔の輸入車は硬かったですが、今は例えばベンツは相手の安全も守るという思想で小さい車とぶつかっても自車が潰れて相手のダメージを少なくするように設計されています。
    だから今の車は輸入車でも結構グチャグチャになりますが室内は変形を抑える構造になってます。

  • A

    回答No.6

    2021/09/24回答者:マツダたかし

    過去25年前のカローラと、現行カローラの衝突実験があったが、どちらも大破したが、乗員保護の室内に関しては現行のが良いな。昔のカローラなんて、バンパーを外すのも意外に重くて二人で作業して硬い車だと思っていたのに、やはり現行モデルは違うな。

  • A

    回答No.5

    2021/09/24回答者:ニギニギ

    車体(ボディ)のことですか?

    A社は自分を守る意味で車体が硬いです。

    B社はぶつかったときの衝撃をお互いやわらげるために、被害を小さくするために車体がやわらかいです。

    なので日本の車はやわらかい、かたいとは、一概に言えないです。

  • A

    回答No.4

    2021/09/24回答者:binnbouhimanasi

    衝撃を車体全体で受けるという構造の為でしょうか?
    昔の車はぶつかっても壊れにくいという作りだったと思います、
    あと、燃費やコストが重視され鋼鈑も薄くなったとかは言われますね。

  • A

    回答No.3

    2021/09/24回答者:chiha2525

    30年くらいの、バブリーな時期の話を、今更・・

  • A

    回答No.2

    2021/09/24回答者:堺太郎丸

    コンニャクかよ⁉️

  • A

    回答No.1

    2021/09/24回答者:XR500

    どんな意味で?
    たしかに、剛性感には欠けるし、サスペンションは柔らかめだけど。

V40(ボルボ)のQ&A

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ