車Q&A

教えて!goo教えて!goo

「教えて!goo」に寄せられた車に関する質問と回答です。国産車や輸入車、中古車の購入や各メーカーのサービス、車検の手続きまで、車やバイクの疑問はここで解決!

みなさん、おはようございます♪ バイクなどに搭載されている油圧ブレーキに関してのご質問です。 油圧ブ

2022/05/28質問者:勉強君。

みなさん、おはようございます♪
バイクなどに搭載されている油圧ブレーキに関してのご質問です。
油圧ブレーキのブレーキ方式やメリットとデメリットを教えてください。
また明日油圧ブレーキの簡単な概略も教えてください。
また油圧ブレーキと比較されやすいブレーキはどんなブレーキがありますか?

みなさんのご回答と意見お待ちしています。
よろしくお願いします。

質問の添付画像

回答(1件)

  • A

    回答No.1

    ベストアンサー

    2022/05/28回答者:loftybridge

    >油圧ブレーキのブレーキ方式やメリットとデメリット

     ブレーキ形式(ディスクやドラムなど)ではなく、油圧システムに関する御質問でよろしいですね?

    【メリット】

    ※倍力
     レバーやペダルを操作するチカラに対して、油圧ならブレーキをかけるチカラを増すことが用意です。(ケーブルやチェーン、ロッドなどで伝達する『機械式』でも倍力は出来ますが、油圧で倍力するよりも複雑で部品点数が増え、また装置も大きくなります。)

    ※フィードバック
     ブレーキ側からの反力をレバーやペダルに伝達し、ブレーキがどういう状況になっているか、運転手がレバーの手応えやペダルの足応えから判り易くなります。
     これが例えば自転車の様なケーブル式だったら、ブレーキの反力はレバーに伝達されません。

    ※失陥時
     制動力の伝達系の失陥(油圧ブレーキの場合はブレーキフルードの漏れ)が起きた場合、徐々に制動力を失うのである程度は運転手のコントロールが効きます。
     これが機械式だったら、伝達系が破断した途端制動不能となります。(←こういう話を、機械設計の世界では『死に際』という言い方をしますが、ケーブル式ブレーキの最も恐ろしいのは、この『死に際が潔い』という点です。機械では死に際は『徐々に死んでいく』ことが求められます。)
     これがある為、現在ではクルマの主ブレーキには、法規でケーブル式が禁止されています。

    【デメリット】

    ※高コスト
     精密加工が必要な部品が多く、コストが上がります。
     故に安い原付では、未だにケーブル式ブレーキが使用されています。

    ※メンテが面倒
     細かいシール類、特殊な成分の作動油など、装置は精密でゴミを排除した整備を必要としています。

    >油圧ブレーキの簡単な概略

     ではバイクのフロントの場合を例にして。

    ①ブレーキレバーを握ると、レバーの根元にあるピストン(マスターシリンダといいます)を押します。
     マスターシリンダには作動油(ブレーキフルード)が満たされていて、この液体が押し出されます。

    ②押し出された液体は、長いホースを伝ってブレーキに送り込まれます。
     ブレーキもレバー側同様ピストン構造になっていて、レバーから送られてきたフルードの圧力によりブレーキのピストンが押されます。

    ③ブレーキにはタイヤと供回りしている回転部品(ディスクローター、ブレ―キディスクとかブレーキドラムと呼ばれる部品)があります。
     ②のブレーキのピストンがこの回転体にブレーキパッドやブレーキシューを押し付け、回転部品を止めようとします=回転しているタイヤにブレーキがかかります。

    >油圧ブレーキと比較されやすいブレーキはどんなブレーキがありますか?

     バイクやクルマで使用されたのは、ケーブル(ワイヤ)やロッド(金属棒)、チェーンなどによる機械式ですが、①大した制動力を必要としない ②コストが厳しい・・・場合を除き、油圧に駆逐されました。

     尚、現代では。
     ブレーキ・バイ・ワイヤの研究が進んでいます。これはブレーキレバーやブレーキペダルを単なるスイッチとして使い、ブレーキを電気で作動させるものです。
     この電気で作動させるのも、①電動アクチュエータで直接ブレーキをかけるもの ②電動で油圧を発生させてブレーキをかけるもの・・・の2種類がありますが、いずれにしろブレーキ本体に接続されるのは電線のみです。
     これは、完全自動運転車(レベル5)に必要な技術の一つとして研究されています。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ