車Q&A

教えて!goo教えて!goo

「教えて!goo」に寄せられた車に関する質問と回答です。国産車や輸入車、中古車の購入や各メーカーのサービス、車検の手続きまで、車やバイクの疑問はここで解決!

トヨタ増産 これ本当?

2022/08/28質問者:退会済み

トヨタ増産
これ本当?

回答(2件)

  • A

    回答No.2

    ベストアンサー

    2022/08/28回答者:のなつぺ

    半導体不足はまだまだひっ迫しており、とくに車載半導体は製造や検査に時間が掛かるのと、中国市場の操業停止の影響やウクライナ問題など、燻ぶる問題が国内各社の製造ラインで足元の不透明さが出ています。

    №1の方の記載はとあるサイトのほぼコピペで、確かに改善に向けて努力はしているも、トヨタ側が発表する情報ではなく、実際にクラウンの受注状況と納期を販売店に確認するも、6か月から1年という曖昧な回答でグレードやオプション設定によってはそれ以上かかると言われました。

    また、今後の過剰供給も製造ラインでの人員調達の問題もあり、努力はしているも不透明感はぬぐえないとのことです。

    様々なサイトで公開される情報が間違いではなく、ただ、確定情報でもありません。

  • A

    回答No.1

    2022/08/28回答者:kantansi

    本当です。 トヨタ自動車は8月10日、9月の生産計画を公表するとともに9月から11月のグローバル生産台数を公表しました。 トヨタは8月4日の2023年3月第1四半期決算において、上海ロックダウンや南アフリカの洪水など想定外の案件により計画どおりの生産ができなかったことを公表しており、後半に向けて増産体制を敷くことを明らかにしていました。

     よく知られているように、コロナ禍以降パーソナル空間の見直しがされたことにより、とくに家族での移動の場合は公共交通機関での移動からクルマでの移動にシフトしている現象が見られています。 この世界的な流れにより、そもそも増大していた自動車への需要がさらに増え、自動車という商品の人気が高まっていました。

     そこに半導体不足や上海ロックダウンなどの影響が追い打ちをかけ、需要に生産が追いつかない、多くの自動車メーカーにとって納期が長期化、結果的に多くの受注残が出てしまうということになっています。

     とくに世界でもトップレベルのクルマ需要を受け止め、年間1000万台に迫る約970万台の生産を予定しているトヨタ自動車においては、その受注残が多く積み上がっています。

     トヨタの抱える受注残はグローバル全体で約200万台、国内のみでは約80万台と見られており、この受注残の解消のために2023年3月第1四半期決算では下期に向けて増産を行なっていくとしています。

プレミオ(コロナ)(トヨタ)のQ&A

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ