車Q&A

教えて!goo教えて!goo

「教えて!goo」に寄せられた車に関する質問と回答です。国産車や輸入車、中古車の購入や各メーカーのサービス、車検の手続きまで、車やバイクの疑問はここで解決!

国産車でLEDウィンカーが普及しない理由

2014/10/14質問者:ngb666

欧州車では2005年ごろ(?)から採用されているLEDウィンカーですが国産車では殆どが電球です。
テールランプはLEDが採用されている車種がたくさんあるのですが。
コストの関係(高輝度のオレンジLEDは赤より高い?)もあると思いますが
欧州車はメルセデスのAクラス(W176)でもLEDウィンカーが採用されています。

国産車で1番コストとは程遠いレクサスでも現行LSとNXを除いて電球です。
4000万円近いLF-Aでもウィンカーは電球です。

特に現行のLSが登場した際には日本車もLEDウィンカーがどんどん普及するかと思いましたが、
その後に出た現行ISは電球であり、現行クラウン(210系)も電球でした。

個人的にはコスト面以外にも法規的な問題(明るさではなくW数で決められていたような…)
もあると思いますが、レクサスLSなどでは採用されていますし、恐らく国内初だと思うのですが
一時期初代エスティマハイブリッドでテールのみLEDウィンカーが採用(オプション?)
されていたと思うのですが、それ以後ぱったり消えてしまいました。

というか純正採用されている車種が初代エスティマハイブリッド、現行LS、現行スカイライン(V37)、NXしか無いような気がします。
国産車ではここまで普及しない理由はなんなのでしょうか?

最近アウディが流れるLEDウィンカーを純正採用した事により
国交省でも正式に認可されたようです。
これにより今後は国産車でもLEDウィンカー搭載の車種が増えていくのではと思っているのですが…。

回答(15件)

  • A

    回答No.15

    2014/10/17回答者:M16A3

    LEDは良さそうですが、玉切れも有ります。この場合、ウィンカーユニット一式取り換えで高価な修理代になります。外車オーナーは大抵裕福ですから気にしません。

    電球なら数百円ですが、ユニットとなれば1万円以上。どちらが良いですか?

    この回答へのお礼

    回答ありがとうございます。
    外車オーナーでも気にしないというのは本当に大金持ちくらいで気にはするとは思いますが、
    富裕層ではおそらく故障する前に乗り換えて行くでしょうね。

    Sクラスのメルセデスは新車で買った富裕層はエアサスがイカれる前に乗り換えて、
    ようやく中古で買った人は…というような。

    まあこの安定した国産がある中でわざわざ外車に乗る人はこだわりを持ってる人ですから、
    その辺りも覚悟かあるいは目を回して今後手を出さないかという人に分かれるでしょうね。

    ただ、電球だと運が悪いとどうしても早く切れたりしますから、
    乗りつぶす場合だと高くつくかもしれませんが、
    壊れるスパンというのはLEDの方が長いわけですから結果的には良いものだとは思います。

    ただ、個人的にも機械は壊れるものという認識ですから、
    整備性のあるバルブのよさというのもわかりますけどね。
    ただこの辺りもどれだけ普及するかじゃないでしょうか。
    ハロゲンバルブとて安いのは大量生産出来る(してきた)からで1個だけ作ったらそれなりの値段はするでしょうし…。

    ですがLEDバルブも普及しませんね。完全に光物趣味のドレスアップパーツ化しています。
    メーカー物は品質が確かですが恐ろしく高く、
    得たいの知れない安物は暗いか切れるかのどちらかみたいですし…。
    値段や交換が手軽ならどうせ換えるなら超寿命なLEDにしようかな?なんて人もいそうですが、
    ハイフラ対策のICリレーもしくは抵抗の必要性、バルブ自体の高さ、
    電球仕様のランプユニットとの指向性による相性…
    ハードルが高すぎますね。
    正直車に興味のある層ですらうかつに手の出せないパーツだったりします。

    2014/10/18質問者:ngb666

  • A

    回答No.14

    2014/10/17回答者:chubou3

    >LEDウィンカーだけは何でここまでどこもやりたがらないんだろうとは思いますけが。
    ここはかなり同感します。
    現行クラウンもLEDにしても良いのでは?と思います。

    >初代のエスティマハイブリッドって不発だったんですかね?

    2006年合計9,453
    2007年合計8,869
    2008年合計10,872

    年1万台弱ですね。

    プリウスは
    2006年合計48,568
    2007年合計58,315
    2008年合計73,110

    と右肩上がりだったので駄目と判断したのではないでしょうかね?

    http://hybrid-eco.net/hanbai_toyota.html

    今後の話ではLEDのウィンカーもそうですが、他の電子化装備も増えてくると私は思います。

    この回答へのお礼

    回答ありがとうございます。
    フルLEDライトのLSの後に出た210系クラウンが電球だった時はがっかりしました。
    クラウンなんか最近はデザインが若者向きになって
    よく走るし非常にいい車になって来たな~と思っているのですが…。
    LEDのデイライト(というかポジション?)で欧州車に見習ったようなスタイルなのに
    ウィンカーは電球かぁ…という感じでした。

    わざわざ台数調べて頂いて恐縮です。
    うーん。プリウスが大当たりしただけでエスティマが特別悪い感じはしない気がしますがね…。

    うーん。どうなんでしょう。自分もそのうち採用されていくと思っていましたが、
    皆さんの回答を見てここまでコスト重視にしているとだんだん期待が薄くなってきました。
    もちろんいずれはなると思いますが、相当先のような気もしています。

    2014/10/18質問者:ngb666

  • A

    回答No.13

    ベストアンサー

    2014/10/17回答者:kisinaitui

    >日本車はやはり実用性重視といったところかと思いますが、
    >世界初のLEDヘッドライトを搭載したのはLSだったり、

    これは、LSを発売するうえで、何も最新技術が無いのでは話題性に欠けると言う事で、その為だけに急いで乗せたと言うのが現実の話です。
    その為の弊害もたくさん起こって居たのは裏話になるんですけどね。

    >古い法規上の観点からそうせざるを得ない、
    >特にデザインなんかでもどうしても欧州に遅れをとるのは古い保安基準なんかが影響してるのかなぁと思っています。

    保安基準の問題じゃないですよ。
    保安基準の問題なら輸入車だってダメなのです。
    だから有名な所では、以前は日本では後方赤色のウインカーは認められていましたが現在では一切認められません。
    輸入車であっても禁止されています。

    安全性とデザイン性のどちらを取るかと言う事ですね。

    ウインカーに関しては、明るさと点滅周期、見える範囲の規定があります。
    見える範囲を広げる、明るさを明るくするためには、LEDの個数を増やさなければなりません。
    この手のランプに使えるLEDは1つで数十円以上します。
    これが1個ではすみません。
    電球なら数十円の物1個のみで用が足ります。


    >LEDとはいえ球が切れないわけじゃないので
    (初期の180系クラウンやプリウスなどではハンダが振動で切れたのか妙に暗かったり部分的に消えてるのが稀にいます)

    これも業界では有名な話。
    LEDは、明るさと色で同じ型番の物でも、結構広いずれが起こります。均一の物が作れないのです。
    その為、作った物を選別してランクに分けられます。
    これはロットでまとめてではなく、1個1個に対して測定をしながら選別されます。
    本来は近い3つのランクなどを使うのですが、LEDメーカーはランク指定納品だと、それ以外のランクの物が大量に余るので、嫌なのです。
    ランクフリーとすると、選別検査自体が不要になるので、値段が安くなります。
    しかし、トヨタは、明るさのランクなんて関係ない。値段優先!と言ってランクフリーを使った結果、おなじランプユニットの中でも、明るさのまちまちなLEDが搭載された物が出来た訳です。
    結構トヨタの中で問題になった話ですが、異常ではない!と言う立場をトヨタでは通しましたね。
    自動車業界や自動車の電装関係のメーカーでは良く知られている話です。


    >コンピュータというと大げさですが
    実際のところメカニカルからICリレーに変えるのがそこまで高いとは思いませんし

    メカニカルリレーの中身は、バイメタルと調整ネジ、接点だけです。
    自動車メーカーに納められる値段は、100円程度からあります。

    電子リレーのユニットは、ウインカー用に開発されたのIC、電流測定用の精密抵抗、リレー、サウンダなどが入って居ます。
    構造的にまるっきり機械式の物は安くて簡単に出来ているので、値段はまるっきり違うような価格ですよ。


    >最終的には我々日本人がデザインはともかく安くて実用性のあるものを求めているって事になるのですね…。

    こういう所の掲示板や自動車雑誌を見て気づきませんか?
    どうやって安く買うのか、値引きさせるにはどうやればいいのかと言う質問だらけです。
    あのメーカーの車と、このメーカーの車で相見積りを取る。
    値段優先で、その車種への思いやりなんてないと言う事ですよね。
    あっちがガソリンを入れてくれると言ったから、あっちで買います。
    そんな購入者が多い中で、見た目の為に部材の値段を上げると言うのは、無茶な話なんです。

    いくら見た目をよくしたって、値段が上がったらどうにもならないんですよ。日本の場合。
    車自体に関心が無い人たちがどんどん増えている状態ですからね。

    この回答へのお礼

    長文ありがとうございます。
    世界初であるLSのLEDヘッドライトは暗いとかは聞いたような気がします。
    対してヘッドライトを含め世界初のフルLEDにユニットを搭載したアウディA8のヘッドライトは明るかった(むしろ目潰しなほど)と聞きますね。

    保安基準ですが、国交省が流れるウィンカーを認可したというニュースの前にも
    アウディの一部車種で既に入ってきていていましたから、
    外車の純正に関しては外圧などの関係もあり黙認してる部分もあるのかと…。

    アメ車なんかは赤色ウィンカー(というかブレーキ兼用)の車種を時々見ますが、
    あれは法規に触れる覚悟でオーナーが後から変えたか並行輸入ってことなんでしょうか。
    もちろん日本仕様の初代ムラーノにUS仕様のLEDテールに変えてる場合なんかは引っかかると思いますが、
    USムラーノの逆輸入だと純正なのだから黙認されている部分もあるのではと思ってました。
    あと赤色ウィンカーに関しては旧車(ハコスカなど)で当時そのままだったものに関しては問題なかったと聞きます。
    旧車オーナーでそういう改造する人がいるかは不明ですが、
    もしこの辺の車をLEDにする人がいたら、
    赤色LEDウィンカーとか位置付けはどうなっちゃうんでしょうね。


    家電用のLED電球でもLEDの素子によりばらつきがあります。はもう決まり文句ですね。
    自分が見た暗かった物は単純に故障だったと思いますが
    機械で計測でもしないメーカー純正品は限り殆ど明るさは均一なように感じます。
    仕様環境によっても明るさは上下するでしょうからね…。
    基本的にトヨタでも純正のはしっかり明るくLEDの品質に問題はないように思いました。

    180系初期のクラウンのようにレンズカットで散らしているもの、プリウスのようにLEDの向きを変えてリフレクターに1度反射させたものは光が拡散して良いのですが、
    アクアやヴィッツなど直接後ろ向きに光が飛ぶように配置されてるのは正直目潰しだとは思いますね。
    欧州車だとその辺はちゃんと散らしてるので日本のはレンズのコストケチってる感じはしますね…。
    球の数も欧州に比べて極端に少なく点の眩しさでカバーしてるって感じがします。
    これがLEDテールが嫌われる原因でもあると思います…。

    IC式リレーがメカニカル式と比べてコストがかかり、それがわずかでも全体では大きな損失になる…というのもわかります。
    ですが時計が機械式からクォーツに変わったように、量産されれば安くなると思うのですが…。
    で、なければ昨今の電子機器など物凄い価格になってしまいますからね。
    まあどちらにしても今はメカニカルの方が安いから使っていると言うことなのでしょうが。
    でもここまでコストに拘るならLEDのテールやデイライトもやめれば良いような気がするんですよね。
    ここの回答では必要性の低さや手間や必要な部品がウィンカーは多いみたいですから
    その差でパスされてるという結論になりましたが…。
    ここまで各社やらないのは法規絡みかと思ってました。

    いかに安くかうだとかそういう所はあまり見ていないので完全に意識外でした。
    個人的にもデザインなど拘る方ですから、大半の意見とは魔逆の思考ではあると思います。

    当方の余談の非常に多くなってきていますが、
    非常に細かく的確な回答で参考になりました。

    2014/10/18質問者:ngb666

  • A

    回答No.12

    2014/10/16回答者:chubou3

    ウィンカーだけではないのですが、電装品で日本車が遅れているのはいわゆる「オーナー」が選ばないと言う理由が大きいと思われます。

    ある意味日本車は売れる事に貪欲です。LEDが標準装備に成ったら前のモデルよりも爆発的に売れたら全車LEDになったのでしょう。

    エスティマハイブリッドが試験的に装着し、全く売れなかったのが大きな理由だと思われます。
    売れないと解ってる(或いは解ったつもりになっている)物にコストは掛けれないですから。

    欧州車がLEDで売れてくればどんどん採用に成ると思います。

    この回答へのお礼

    回答ありがとうございます。
    確かに非常にもっともな感じはしますね。
    最終的にはデザインや走り重視の欧州車(メンテナンス性や故障率・居住性・燃費などは犠牲に)、
    実用性重視の日本車(燃費や価格・信頼性)ということでしょうか。
    イヴォークとアウトランダーみたいな感じですかね。

    デザインを優先すると犠牲になるものというのは出てきますからね。

    とは言うものの、欧州車を真似てLEDデイライトがあちこちの車に搭載され始めたり、
    デザインに関して無頓着というわけではないようです。
    中には殆ど無意味な飾りのLEDがついてたりもするので
    LEDウィンカーだけは何でここまでどこもやりたがらないんだろうとは思いますけが。
    マツダ辺りなんか割とデザイン重視なので期待してもいいと思うのですが…。

    初代のエスティマハイブリッドって不発だったんですかね?
    同世代のエスティマと比べると数は少ないと思いますが
    LEDが原因で価格が高くなり売れなかったというわけではないような気がします。
    もちろんLEDが使われているから買ったなんて人も全くと言って良いほどいないでしょうけど。

    個人的には外車崇拝というか欧州車はカッコいいなーって思いますから、
    デザインや革新性のある新技術に払う対価としてそんなにコストが影響しているのかなーとは思います…。

    2014/10/17質問者:ngb666

  • A

    回答No.11

    2014/10/16回答者:q-type

    ユーザーがメーカー希望価格で購入するようになれば標準化されるかもしれませんね

    私の車よりはるかに高年式のLEDテールが切れてる(おそらく基盤の製造不良なのかと思いますが)のを見かけるとなんだかな~って感じてます

    LEDって熱と振動に弱いんじゃなかったでしょうか?

    LEDは指向性が強いので必要以上に後続車に眩しさを感じさせてるようにも思います

    この回答へのお礼

    回答ありがとうございます。
    まあ大半の人は車は道具として考えていますから特に拘りもなければ必要とも感じておらず、
    LEDかどうかなんて殆どの人は気にしてないということでしょうね。
    安くて合理的なものを求めていると。
    個人的にはデザインが気になるほうなので
    欧州車に比べてその辺が遅いのがどうにも気にはなっています。

    LEDテールは切れた時交換が面倒なので乗りつぶす人にとっては逆にデメリットかもしれませんね。
    まあその頃には中古品を買うという手もありますが
    どちらにしても交換やら手間は電球より不便になりますからね。

    LED自体は振動には強いかと思います。切れる原因としては電球より強いんじゃないでしょうか。
    ただ回路のパターンなどに亀裂が入ってるんだと思います。
    熱もそうですが、車は野外保管されるのが殆どですから湿気なども
    故障を誘発しやすいといえるかもしれません。
    ただ当方が見た限りだとLED切れというのはあまり見ませんね。
    見かけても最初期のものだったりやはり確実に切れにくいものにはなっていると思います。
    電球だとわりと新しくても切れてたりするのは見ますからね。

    ただ切れたらアッセンブリ交換なので寿命と見合ってるかは…?ですが。

    2014/10/17質問者:ngb666

  • A

    回答No.10

    2014/10/16回答者:kaitaiya

    回答番号8です。

    方向指示器は保安基準第41条で規定されています。

    色(橙色)と点滅サイクル、面積、位置、視認範囲などが規定されています。



    ちなみにこれからLEDに移行する必要性となると安全のために脱落式が認められるとかそういうあたりじゃないかな?と思います。
    (トラックの荷台の端にあるものとかクロカン4駆用のケース・・・・テールライトユニットが磁石などで止まっていてぶつけたら割れる前にずれてしまう、そのまま素手で元に戻せるとか(爆))

    この回答へのお礼

    回答ありがとうございます。
    テールの脱落式なんてあるんですかね。ミラーなんかだとあるようですが。
    突起物ということになればそういうのはあるかと思いますが…LEDだと難しいんですかね?
    その辺は詳しく知りませんが…。

    2014/10/17質問者:ngb666

  • A

    回答No.9

    2014/10/15回答者:rgm79quel

    メーカー作成の販売店向け研修資料には

    「コストダウンのためLEDは採用していない」

    と明記されています。

    特にウィンカーについては
    故障したときの修理コストが馬鹿になりません。
    全く洒落にならないくらいに修理代が高いので
    どうしようもありません。
    (保証期間内であればメーカー面食らいますし、保証切れ後ならユーザーが飛び上がります)

    この回答へのお礼

    メーカー資料からの情報ありがとうございます。
    うーむ。やはり最終的にはコストなんですね。
    と…なるとLED化が進むのはまだまだ先になりそうですね…。

    皆さん口を揃えてコストだと言っているにも関わらず納得いかずに多くの方に回答頂き
    ご迷惑をおかけしてすみませんでした。
    回答頂いた方々ありがとうございました。
    非常に勉強になりました。

    2014/10/15質問者:ngb666

  • A

    回答No.8

    2014/10/15回答者:kaitaiya

    コストもありますし、そのうえで積極的に変更する理由が乏しい、ということもあります。
    現在せっかく白熱球でうまく回っているわけで、それをまるまる変更するためには相応のメリットが必要です。
    (例:前照灯がシールドビームやリトラクタブルライトが廃止になり、マルチリフレクターなどになったのは衝突安全性の規制のため)
    ハイマウントストップランプやドアミラーウインカーはLEDの率が高いのですが、これは主にスペースの面で採用されていると考えられます。

    通常の4隅のランプは奥行などが十分に取れる位置にあるわけで、スペースのメリットは薄れます。

    また寿命も白熱電球仕様の車を10年使用して何回電球交換を要するのか?という話になります。
    交換無しが大半で、1回や2回の人を入れれば99%以上になると思います。
    なので一般に寿命のメリットを感じるのは難しい、となります。

    と、なれば低コストで視認範囲などの設計も手慣れた白熱電球を止めるのは難しい、となります。

    実際LEDを強調するためか珍妙な形のウインカーとかになってもわかりにくい、としか思えませんし・・・・

    この回答へのお礼

    そうなんですね。おかげでドアミラーウィンカーの事を思い出しました。
    そもそもドアミラーに採用されるのだから何故他の部分では採用しないのか…。

    これも元々は無かったものが法改正か何かで何年式以降は必要になったから
    狭いスペースに無理やりつけるにはLEDしかなかったって事でしょうか。
    電動格納など当たり前になってきてるので交換のためのスペースを空けるのも難しい…と。

    そうだ、ミラーのLEDがあるならリレーはLED用になってるのでは?と考えましたが
    後付ウィンカーは付け足しただけだから抵抗値は変わらず今までのリレーで問題なんでしょうかね。
    現行車種でICリレーが純正でついてるのとかその辺はよくわかりませんが。

    そうですね…性能が向上したのか球は切れにくいと言う感じは確かにありますね。
    と、いいつつブレーキランプが切れてる車はわりと見たりします。
    運悪く車検までの間に両方切れてしまっていてハイマウントしか機能していない(あるいはハイマウントもない)なんて超危ない車に出くわしたこともあります。
    ウィンカーなんかは切れるとハイフラで気づきますから他所の車ではあまり見ませんが。

    この辺を考えると切れて困るのはテール>ウィンカーというのはありますね。
    確かにデザインを優先するあまり細長い線のようなLEDウィンカーは場合によっては見辛いかもしれませんが、
    LEDのような応答性が高く高輝度であれば個人的にはわかりやすいと思います。
    時々いる安物LEDバルブで全然見えないのは論外だと思いますが
    輝度があれば電球よりわかりやすいと思いますし、
    LEDだからといって珍妙な形にする必要なんてのもないわけですからね。
    というか法規には面積の規定もあったみたいですがその辺はどうなったんでしょうね?
    ちっこくて細長いのとかアウトだと思うんですけどね…。

    外圧(?)で流れるテールを認可したようですが、それ以前に他に認可する項目があるのではとは思います。

    どうでもいい余談挟みますが、
    初代エスティマハイブリッドの初期型のリアテールに搭載されたのが国産初のLEDウィンカーみたいで、
    主に海外ではアウディA8やマイバッハ、ロールス、ベントレー辺りのお高い車が02~03年ごろからのモデルに搭載し始めて行った感じですが、エスティマは2001年からなんですよね。
    エスティマも後期からぱったりやめてしまい以後12年のLSまで消えてしまうのは…
    LEDハイマウント、LEDヘッドライト、どれも日本が世界初みたいで、
    意外と実験的な事に挑戦しているわけですが、
    ウィンカーだけぱったりやめてしまったのはコストや必要性だけの問題ではないような気がします。

    省エネの観点の時に言いそびれましたが、電気自動車のリーフなんかは省エネのLEDウィンカーが最善なような気がしますよね。
    未来的な車でもあるのでLEDも似合う気がしますがここもわざわざといった感じで電球でした。

    2014/10/15質問者:ngb666

  • A

    回答No.7

    2014/10/15回答者:2006-2006

    推測ですが。
    日本車は輸出(海外生産も含めて)も多いと思います。途上国への輸出分も多いと思います。
    すると、コストもそうですがメンテナンスも重要と思います。電球1個替えればいいのであれば素人でも出来る。リレーが故障しても中古部品、他車品を流用できる(かも)。

    そういった理由でウインカーに関しては電球がまだ有利と判断しているのではいでしょうか。(同じ車種で輸出国別にLEDと電球を分けるメリットがあるとは考えられないので)
    そうであれば日本、アメリカへの販売比率が多い車種から順にLED化されていくのではないかと想像します。

    この回答へのお礼

    ご意見ありがとうございます。
    メンテナンス性を考えるとそう思います。
    話が変わりますが家庭用のLEDシーリングなどLEDは球切れしないという前提で
    寿命が来るころには電源が寿命になるから交換する必要がないとし、
    交換できないようになっていますが、
    ハイパワーLEDが超寿命なのかどうかというのは個人的にまだ疑わしいので、
    専用の一体型証明よりも交換可能なレトロ口金タイプのものが個人的に好きだったりします。
    手軽ですしね。

    ただそこを考えてしまうと・・・やはりテールも電球にしておけばいいのではと思ってしまいます。
    で、輸出で少し思ったのですが、国産初の灯火類フルLEDは2012年の現行LSなんですが、
    Wikipediaを見るとこのモデルはアメリカで先に発表されて日本仕様もそれに合わせたという感じです。
    で、V37なんかもインフィニティのエンブレムで輸出向けという感じがします。
    NXも北京でお披露目。なんとなく輸出を前提としているような…。
    この辺は明確に調べたわけではないので憶測になりますが、
    やはり日本では制約があるから海外向けという名目上、LEDが採用された…というような気がしないでもないです。
    法規的なものが疑わしい自分では思ってるんですがどうなんでしょうね?

    ウィンカーの法規ついてちょっとあいまいだった部分を調べてみました。
    http://www.mlit.go.jp/jidosha/kijyun/saimokukokuji/saikoku_137_00.pdf
    http://www.car-inspection.sakura.ne.jp/63.html
    この辺りを見るとやはりW数で決められてる感じで、
    電球の頃はW数=明るさというような解釈があったので問題はなかったのですが
    LEDのような極端に消費電力の少ないものはこれに引っかかってしまう…なんてのはないでしょうか。
    明るさは昼間後方100mから云々というのでカバーしてるからグレーゾーンで一部輸出向け車種だけこっそり搭載できた…など。

    2014/10/15質問者:ngb666

  • A

    回答No.6

    2014/10/15回答者:TXV12003

    おっしゃる通りLEDは非常に点滅によるストレスに強く、一秒間に数百回点滅させても問題ありません。LEDを点滅させるには、従来の電球を時定数に組み込んだフラッシャーリレー方式をやめ、通常の発振回路とリレーで駆動させれば良いでしょう。これについてはさほどコストアップとはなりません。球切れ警告についても、別の方式の回路とすればいいでしょう。総じて問題は見当たりません。

    普及が少し遅れているのは、単にコストの優先順位だと思います。

    方向指示器には、ブレーキランプと同じ程度の明るさのランプが必要です。ブレーキランプだけLED化するには、2箇所で済みますが、
    方向指示器もLED化するには後6箇所くらい追加しなければなりません。量産効果を期待するには部品共通化して普及させないといけないなどの若干の問題もあるでしょう。

    この回答へのお礼

    そうですね。LED信号機なんかも交流電源のためか高速点滅しているようで、
    ドライブレコーダーなどのカメラではちらついてるようですね。
    それが少々問題にもなっているようですが。
    車でもすべてかはわかりませんがオルタの整流回路などの為かデイランプなど肉眼ではわからない程度に高速点滅しているようですね。

    そうですね…優先順位はさして高くないと思います。
    変更箇所が多いというのは新しい意見ですね。確かにそれは思います。
    ですが初期に搭載された外車なども、後部だけLEDにしてヘッドライト側は電球とハイブリッドだったりするので変更箇所だけではという気もします。
    NXやV37は前だけですね。欧州車と違うのは欧州は高速走行の道路がありハザード時など後部の視認性が日本より求められるからではと勝手に推測していますが、
    日本はヘッドライト側からなのはやはりデザインなのかなとも思います。
    このように日本と欧州では環境が若干異なるためLEDを積極的にしているとしても、
    その方が安全であるということになりますからしないのはちょっとわかりませんね。
    個人的には普及が遅れているというより避けている感じが少々します。

    2014/10/15質問者:ngb666

  • A

    回答No.5

    2014/10/15回答者:evian32

    結論から言うと、やっぱコストでしょうね。
    点滅を繰り返すウインカーにLEDを使う事によって、飛躍的に寿命が伸びる(LEDは点滅による劣化は有りませんから)メリットは大きいのですが、LED単体のみならず、レンズにコストがかかるのではないかと思われます。
    LEDの場合、どうしても「点光源」なので面で光らせるには光学系に拡散剤を入れたり特殊な加工が必要になってきます。
    又、それぞれにドライバー回路も必要なので、電球に比べてコストは10倍以上になってしまう可能性がありますね。
    いずれ、すべてLED化されるとは思いますがね。

    この回答へのお礼

    回答ありがとうございます。
    レンズにコストがかかるのは確かだと思うのですが、LEDテールランプも同じなのではないかな?とは思います。
    ブレーキをLEDにするというのはメリットは応答性能なのだと思いますが、
    ウィンカーLEDも点滅に強いというメリットがありますから、
    テールLEDは積極的なのにウィンカーだけはわざわざしないかのごとく消極的です。
    皆さんコスト…という意見が大半を占めますが、高級車路線やデザインを売りにしているメーカーでも殆ど採用しない理由はコストだけなのかな…という疑問はやはり残ります。
    自分もいずれはLED化されると思いますが、どうも遅れをとっているのが気になりますね。

    2014/10/15質問者:ngb666

  • A

    回答No.4

    2014/10/14回答者:edo_edo

    >点滅を繰り返すウィンカーの場合LEDは耐久性の観点からも有益だと思うのですが。

    点滅を繰り返すのであれば劣化度は高いです。

    だから有益ではありません

    欧州の全ての車がLED化はしていません、ほとんどの車がいまだに電球です。

    余剰電力を電灯線に回す場合は対コストの面で日本でも欧州でも普及しないんです。

    LEDにしたからと言って、燃費(消費エネルギー)が下がるわけではありませんから

    電球1個の消費エネルギーよりもLED1個を作る時の消費エネルギーがまだまだ高いですから、省エネには
    なりません

    この回答へのお礼

    回答ありがとうございます。
    もちろんLEDもオンオフを繰り返せば劣化はするかと思いますが…。
    電球のそれよりははるかに長持ちするのではないでしょうか。
    あくまでLEDの特性から点滅という分野について電球より有利という意味であって、
    電球でも最近のものは性能がよく切れにくくなったしコストも考えたら有益ではない!という話では趣旨が違ってしまいます。


    もちろん欧州車のすべてがというわけではないです。
    日本では低価格な軽自動車でもLEDテールだったりしますが
    (これは恐らくアイドルストップ時のバッテリ保護の関係とは思いますが)
    欧州車でも高級路線を除けばテールも電球かもしれませんね。

    ただ日本では高級路線含めあまり普及していないので(例えばレクサス)
    コスト重視の低価格車はともかく高級が売りの車種でも普及しないのは何故かという事です。
    デザイン重視の無駄なコスト…ならば、格好が売りの高級スポーツカー(例えばGT-R)でも普及していないのは何故?ということになります。比較対象にされるポルシェはLED化してますね。
    もちろんたかがウィンカーLEDごときで車全体の格好が決まるわけではないと思いますが、
    テールは採用されているのにウィンカーだけはわざわざと言った感じで電球なので…。

    あと、本当に屁理屈になってしまうとは思いますが、
    余剰電力とは言え効率を良くする事で燃費に影響しないとは一概に言えないかと思います。
    それと特に昨今の日本車はハイブリッドやアイドルストップなどから
    電力が余っているとは限らない状況ではないでしょうか。

    そもそもLEDのメリットが省エネだけとは限りません。
    応答性能や明るさなど。
    目潰しで嫌いな人もいるようです…が、そこはランプの設計が悪いだけだと思ってます。
    日本車のLEDテールは指向性が強く眩しいものが多いですが欧州はリフレクターと拡散タイプのLEDをうまく利用しているような気がします。余談になりますが。

    それと生産時の話まで省エネを持ち込んでしまうと別の方向へ話が行ってしまうと思うのですが…。

    2014/10/15質問者:ngb666

  • A

    回答No.3

    2014/10/14回答者:TARO_SEVEN

    個人的にはウィンカーがもわ~んと点灯する電球より、ぴかっぴかっと点灯するLEDの方がスキで、自車(外車ですが)もフルLEDにしています。

    電球式の場合には、点灯しない=フィラメントの断線で、断線検知の為に微弱電流を流し、導通できなければ球切れと判断しています。
    LED式の場合には、点灯しない要因は断線以外にもあり、導通状態であっても点灯しないことがあり、球切れ検知が非常に難しいのが普及しない要因かもしれません。

    ただ、それを考慮してもLEDの高寿命性はあるわけで、複数回路で点灯するようにしているものもあります(ひとつが切れても全体の機能を失わない)。

    流れるウィンカーについては、別にLEDに限ったことではありません。
    順次点灯方式が認可されたのであって、電球でも問題はありません。
    そのため、これだけでLEDが普及していくか。それは疑問です。
    敢えて言えば、デコトラのテールウィンカーが堂々と付けられるようになったくらいでしょうか。

    この回答へのお礼

    回答ありがとうございます。
    当方もLED好きですのでただ単純に自分だけがこだわってるだけなのかもしれませんが。

    球切れ警告灯ってLEDテールの車種にもあるんでしょうか?
    LEDにも寿命はあるといいつつ、ほぼメーカーの見解では切れない(少なくとも減価償却するまでは持つだろう)という考えだと思うのですが。

    なるほど…流れる=LEDでなくともいいは盲点でした。
    ただわざわざ電球で流れるものを新たに採用するのは無いとは思いますが…。

    法的な縛りがあるのか?と思っていたのでこれで普及するかはまだわからないのですね。

    2014/10/14質問者:ngb666

  • A

    回答No.2

    2014/10/14回答者:kisinaitui

    お金がかかるからです。
    それだけ。

    電球の方がずっと安いです。
    また、球切れの検知なども、電球の方がやりやすいのです。

    特にトヨタは、そういう所のコンピューター化が遅れていて(コストの問題です)、LED化がしにくい状況になって居ます。

    日本車は、会費とを見ればわかりますが、あっちはいくら安くなったこっちは幾らにしてくれる。あんたの所は幾らにしてくれるんだい?と、車種よりもコストを優先して選ぶような人も多い為、それに対抗する為に、LEDランプなんてものより、コストの安い物を作らないといけないと言う状態ですからね。

    流れるウインカーは、コストがかかるので、国産メーカーだとやりにくいでしょうねぇ。
    電球から比べたら、10倍以上などかかってしまう物ですから。

    出てくるといいですね。

    この回答へのお礼

    回答ありがとうございます。
    日本車はやはり実用性重視といったところかと思いますが、
    世界初のLEDヘッドライトを搭載したのはLSだったり、
    テール(ハイマウント)にLEDを搭載したのも日本車だったような気がします。

    最近話題のノーベル賞でもそうですが、
    日本は技術力はあるものの、
    古い法規上の観点からそうせざるを得ない、
    特にデザインなんかでもどうしても欧州に遅れをとるのは古い保安基準なんかが影響してるのかなぁと思っています。

    ウィンカーもそういう類なのかと…しかし実装してる車もあるので謎でした。

    LEDとはいえ球が切れないわけじゃないので
    (初期の180系クラウンやプリウスなどではハンダが振動で切れたのか妙に暗かったり部分的に消えてるのが稀にいます)
    Assy交換になってしまう不便さからバルブを採用してる…なんてのも考えましたが…。

    コンピュータというと大げさですが
    実際のところメカニカルからICリレーに変えるのがそこまで高いとは思いませんし
    高級車だったらそこまで追求するのかな?とは思いました。
    もちろん高級車といえど採算度外視ではないので
    そこはコストカットの対象になってしまったということになるのでしょうか。

    BMWでも現行の3シリーズは電球仕様に戻したようですね(これもコストの問題?)

    最終的には我々日本人がデザインはともかく安くて実用性のあるものを求めているって事になるのですね…。
    そういいつつ日本車はデザインが良くないとよく言われているのには矛盾を感じますが…。

    2014/10/14質問者:ngb666

  • A

    回答No.1

    2014/10/14回答者:l4330

    LEDにする理由が無いからです
    ウィンカーが点灯してる時間は極端に少ない
    だから省エネ効果は無いので、採用するとすればデザインだけです
    LEDにする事でデザイン的なメリットがあれば採用が増えるでしょう

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00000077-jij-pol
    国交省が流れるウインカーを容認したのでこれからは増えると思います
     

    この回答へのお礼

    回答ありがとうございます。
    点滅を繰り返すウィンカーの場合LEDは耐久性の観点からも有益だと思うのですが。
    やはりデザイン重視の贅沢な利用なんでしょうか?
    それを言ってしまうとLSなんかでは利用頻度がもっと少ないバックランプにも純正でLEDを使用しているようですし、昨今の国産車でも灯火類にデザイン重視のLED多用があるので身も蓋もないような気がします。

    2014/10/14質問者:ngb666

エスティマハイブリッド(トヨタ)のQ&A

  • 国産車でLEDウィンカーが普及しない理由

    欧州車では2005年ごろ(?)から採用されているLEDウィンカーですが国産車では殆どが電球です。 テールランプはLEDが採用されている車種がたくさんあるのですが。 コスト...

    2014/10/14 20:46回答数15

  • 燃費のいい3ナンバー車は何ですか?

    ベスト3くらいをお願いします。

    2006/10/14 16:58回答数12

  • プリウスから非常用100V取り出し。

    正弦波インバーターを購入して、非常用電源を確保したいと考えています。 車はプリウスです。 正弦波インバーターは少し高いですが、ネットで探すと安いもので1500wでも2万円...

    2012/01/28 23:42回答数9

  • カラダの大きい夫婦に適したクルマは?

    夫は身長180cm、私は165cm、娘は80cm(1歳)の3人家族です。電車もキツくなってきたので、クルマの購入を検討しています。 セダンは狭いので、背が高くゆったりした...

    2001/06/20 00:03回答数9

  • 2WD 4WD 

    今の車は2WDと4WDどっちが主流なんですか? それと2WD←なんて読むんですか?

    2007/12/14 22:35回答数5

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ